「採用代行」は、プロに一任する時代。メリット尽くしのサービスの中身を探ってみました

     

    採用活動に関わる業務をアウトソースする採用代行サービス。

    企業の人事・採用担当者がコア業務に集中できるとあって、近年注目を集めているこのサービスで、新卒採用代行領域No.1の実績を持つのがネオキャリアです。

    なぜ、多くの企業は採用代行サービスを活用しているのか?

    なぜ、ネオキャリアの採用代行サービスが選ばれるのか?

    その実態に迫るべく、採用代行サービスを手掛けるネオキャリアRPO事業部の梅田事業部長にインタビューを行いました。

    〈聞き手:熊澤 昌之(編集部)〉

    梅田さん(事業部長)

    2007年、ネオキャリアに新卒入社。採用コンサルティング事業部(現:採用インテグレーション事業部)にて企業様の新卒採用を支援するコンサルタントとして活躍。
    2017年10月、RPO事業部発足とともに事業部長に就任。現在、国内外含め3拠点、200名強のメンバーを統括する。

    採用代行サービスで、企業を、社会をもっと元気に。

    熊澤

    早速ですが、「採用代行」と聞くと、細かい事務業務を請負っているというイメージがあるのですが、部署の皆さんは、どのようなミッションを掲げて日々業務に取り組んでいるのでしょうか?

    一言で言うと、お客様の「採用成功」ですね。現在、日本の多くの企業が採用難に悩まれています。その中でネオキャリアの採用代行サービスを導入していただくことで、優秀な人材を採用するお手伝いができればと思っています。

     

    梅田
    熊澤

    ただ、業務を代行するだけではないということですね。

    その通りです。人材不足を解消することで、事業が成長する。成長企業が増えれば、日本はもっと元気になる。私たちが提供する採用代行サービスによって、そんな好循環を生み出していきたいと考えています。

     

    梅田

    社会貢献にも直結。働き方改革の促進に、地方創生まで。

    熊澤

    「大手に優秀人材が流れてしまうことで、必要な人材が確保できず、事業が加速しない」という中小企業の採用担当者の声もあるようですが……。

    その通りですね。実際は、中小企業だけでないんです。多くの企業において、活動のピーク時には、夜遅くまで残業する採用担当者が少なくなく、疲弊しています。

    採用担当者には、まだまだ『働き方改革』の流れが来ていないと感じています。

    採用担当者のノンコア業務を私たちが代行し、業務負荷を軽減することができれば、『働き方改革』の促進にもつながっていくのではないでしょうか。

     

    梅田
    熊澤

    採用成功だけでなく、『働き方改革』の促進も採用代行サービスの導入によって得られる成果というわけですね。

    成果という点で、もう一つ言えば『地方創生』です。都心の一極集中が進む中、地域活性化に貢献するため、地元や地方での就職を考える方も少なくありません。

    当社は宮崎にコールセンターを置いており、首都圏で発生した仕事をRPO宮崎センターに展開しています。

     

    梅田
    熊澤

    わざわざ都心に出てこなくても、地元のコールセンターで同じ仕事ができるというわけですね。

    そういうことです。近い将来、国内で宮崎に続くコールセンターの開設も見据えおり、都心への若者の流入に歯止めをかけることができるのではないかと。

     

    梅田

    熊澤

    少子高齢化が進む中で、コールセンターの拡充が少子化を食い止めることにも貢献しているんですね。

    採用のプロとして、採用担当者に伴走し続ける。

    熊澤

    先ほど、採用代行サービスの導入によって採用担当者の業務負荷を軽減するというお話がありましたが、具体的にはどのような成果があるのでしょうか?

    たとえば、説明会や面接に来た学生・求職者とのコミュニケーションに時間を使えるようになります。

    最終段階の面接や採用のジャッジなど、採用担当者でなければできないコア業務に集中することで、採用率が圧倒的に高まり、「前年より採用人数が増える」「採用単価を下げられる」という成果につながります。

     

    梅田
    熊澤

    確かに、候補者と十分にコミュニケーションがとれないために、候補者の入社意志が弱まり、せっかく出した内定を辞退されるという悪循環につながりかねないですよね。

    ところで、なぜ、成果につながると断言できるのでしょうか?

    ネオキャリアには、何千人規模の一部上場からベンチャー企業まで、大中小さまざまな企業様の採用支援を行ってきた実績があります。

    そのノウハウを採用代行サービスにも取り入れており、応募率から説明会参加率、面接設定率まで、企業に応じて様々な指標を掲げて業務を代行しています。

    また、採用のプロとして専任の担当者がつき、採用担当者に伴走する姿勢で採用成功というゴールを目指していることも、高い成果につながる理由だと考えています。

     

    梅田

    「思い切って任せた方がラクになる」という結論。

    熊澤

    数ある採用手法の中でも、採用代行が選ばれるのはなぜでしょうか?

    求人広告の場合、原稿の出稿を行ったり、応募者対応を行うのは、企業側になります。

    これらのノンコア業務は採用担当者が行うため、どうしても負荷がかかってしまいます。

     

    梅田
    熊澤

    人材派遣サービスとの比較はいかがでしょうか?

    採用業務専任の人材を派遣社員として雇用し、採用活動を行うことは確かに手法のひとつです。

    しかし、そもそも採用ノウハウを持った人材が採用しづらいこと、派遣社員のため期間が限られており、採用活動の途中で辞めてしまうかもしれないというリスクは拭えません。

    派遣社員のマネジメントやフォローする工数を考えると、採用代行サービスを活用した方が結果的に業務軽減につながるのです。

     

    梅田
    熊澤

    ちなみに、採用代行サービスを手掛ける方々が離脱するリスクはないのでしょうか?

    現在、200名以上のメンバーが採用代行サービスに携わっています。

    企業ごとにチームを組み業務を遂行しているため、業務フローの構築やノウハウ共有が行き届いており、サービスが機能しなくなるというリスクは限りなくゼロに近いですね。

     

    梅田

    熊澤

    それなら、企業側も安心して一任できますね。採用代行サービスが必要とされる理由がわかった気がします。

    まとめ

    ネオキャリアの採用代行サービスは月額10万円からスタート出来ます。

    実際に採用代行を検討されたいからは下記のページからお申し込み下さいませ。

    10,000社を超える「採用に特化した」アウトソーシング実績

    後編では、採用代行サービスを手掛ける事業部の運営体制やモチベーション維持の秘訣などについて、ご紹介します。是非、ご一読ください。

    後編はこちら→「ネオキャリアの採用代行サービス。他社との違いとは?」 対応する「人材の質」を向上させるための取り組みをご紹介

     

    ご相談・ご質問はこちらから

    03-5908-8005

    9:00 ~ 20:00 平日