採用ブース装飾とは?サービス内容、特徴・強み、料金をご紹介

採用ツール制作

ブース装飾

合同企業説明会や転職フェア、イベントへ出展する際のブース装飾ツール作成が可能です。特に大型イベントではブースが目立たず、学生や求職者が素通りしてしまうというようなこともあり得ます。自社がしっかりと他社と差別化を図れるようなツール作成をサポートしています。

サービスの概要

ブース装飾はただ目立つ・スタイリッシュと言うだけだけでは、集客に繋がりません。デザイン1つひとつに意味のある、「伝わる装飾」にするためにも、コンセプトや強み、社風をブースデザインに反映することをおすすめします。

  • ブース装飾

    ブース装飾による、集客数アップ

    企業説明会・合同説明会・転職フェア・採用活動・学校説明会等で注目を集め、新たな出会いを実現します。

  • ブース提案

    商品ラインナップもさまざまで立ち寄りたくなるブースを作成

    集客に成功しているブースの共通点、来場者に何らかの気づきを持たせる演出をサポートします。

POINT
自社の知名度を上げたい、新製品をPRしたい、見込み顧客を増やしたいなど、目的によってブースの作り方が異なります。説明会やイベントで何をアピールしたいのか、出展する目的をはっきりさせることが必要です。

ブース装飾の特徴・強み

1企業イメージ、ブランディング戦略を踏まえたご提案が可能

新卒採用支援を長年実施してきた経験から、採用のトレンドや現在の学生に合わせたツール作成が可能です。装飾ツールでは、企業イメージやブランド戦略に応じたデザインのご提案が可能です。

2採用サイト・パンフレットと連動させることが可能

採用サイトやパンフレットといったツールと合わせたカラーリングやデザインでの作成も可能です。また、ご要望に応じて複数パターン作成することも可能です。

3デザインパターンから選択することで費用を抑えられる

フルオーダーデザインもご用意していますが、予め選択可能なパターンオーダーで作成する場合には費用を抑えて作成が可能です。
このような企業様におすすめ!
転職フェアや合同企業説明会を積極的に活用する企業様へ
  • イベントによく出展するが、ブース装飾はあまりしていない
  • イベントで学生や求職者に目立つようなブース設営をしたい
  • 同業他社と差別化をしたブースにしたい

ブース装飾の種類

ブース装飾ツール一覧

メディアチェアポップ

パイプ椅子などの椅子カバー。ロングタイプがメインとなっています。サイズは、幅460×長さ630です。会社ロゴとキャッチコピー程度が入れられるスペースです。

テーブルクロス

一般的な長机にかけることができるテーブルクロスです。採用担当者が着席すると足元が丸見えになってしまい見栄えがよくないため、目隠しにもなります。サイズは幅3200×高さ1800です。椅子カバーと同様に会社ロゴやキャッチコピーを用いて作成する企業が多いものです。

タペストリー

ブースの壁などにかけるタイプのものです。大きなサイズのため、遠目から見ても目立つようになります。キャッチコピーや採用メッセージを入れて作成することが可能です。サイズは幅1800×高さ1200です。

ロールアップ

ブース入り口部分に置いて使用する企業様が多い、自立式のポスターのようなものです。タペストリーと同様に大きいため、キャッチコピー等を入れて作成するのが一般的です。サイズは幅850×高さ2000です。

吸着クロス

ガラス面のように凹凸が少ない壁や、パーテーションに貼ったり、剥がしたりが可能なポスタータイプのクロスです。丁寧に使用すれば10~20回程度の使用が可能です。サイズは幅900×高さ1800です。

ブース装飾の料金

料金については、パッケージプランとカスタマイズプランがあります。

パッケージプラン一覧

 ベーシックパッケージ簡易パッケージ
メディアチェア
ポップ6枚
テーブルクロス1枚
タペストリー1枚
ロールアップ1枚
吸着クロス1枚
料金50万円30万円

カスタマイズプラン

作成されたいものやデザイン、数量によって料金が異なります。

カスタマイズの料金についての詳細はお問合せください。

その他の採用ツール制作