Google広告とは|特徴・強み、料金や配信の仕組みを解説

SNS広告

Google広告

Google広告は、Googleが提供するWeb広告の総称です。
主にGoogleのサービスである、検索エンジンを活用した広告です。

テキスト文でGoogle検索の上部へ広告を出せるリスティング広告、画像を使用したディスプレイ広告、YouTubeを利用した動画広告などさまざまな形態で広告を出すことができます。

商品の宣伝や、知名度向上、販売促進に向けて活用される事が多いですが、近年は採用手法としても用いられるようになってきました。

※GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標です。

サービスの概要

Googleは、「検索エンジン」として有名なサービスですが、広告出稿においてもさまざまな場所へ広告を出すことが可能です。
また、ディスプレイ広告やリスティング広告など、広告の種類も豊富なため、状況に合わせて適切な広告を出すことができます。

  • Googleサービス

    Googleが提供するサービスや提携メディアへ配信できる。

    YouTubeをはじめとするサービスだけでなく、提携メディアやWebサイトに配信が可能です。

  • Google 誰でも利用可能

    Googleを利用するすべての人へ広告配信ができる。

    広告の種類やターゲットを組み合わせることで、Googleを利用する多くの人へ広告配信ができます。

  • Google 開始 スタート 

    Google広告は、誰でも始められる。

    Google広告は個人でも法人でも少額から広告配信が可能なため、手軽に始めることができます。

POINT
元々は、GoogleAdwordsと呼ばれる広告だったため、名称に馴染みがない方もいらっしゃるかもしれませんが、2018年7月24日に名称が変更され「Google広告(Google Ads)」となりました。
Googleは世界シェアNo.1*、利用者数の莫大な検索エンジンです。
Google広告は誰でも手軽に始めることができ、Googleを活用する方へ広告を出稿できるため、非常に多くの人へアプローチすることが可能です。
*statcounter「Search Engine Market Share Worldwide(Mar 2022 - Mar 2023)」

Google広告の特徴・強み

1安価に広告を出すことができる

Google広告は、クリック型課金制をとっており、掲載すること自体にお金は発生しない仕組みです。低価格で出稿することが可能なため、採用単価を抑える施策としても有効です。

2求めている求職者のターゲティングができる

Google広告では配信地域やデバイス、検索キーワードの他、年齢・世帯年収など求職者の属性に合わせてピンポイントな広告を出せます。求職者に合わせてターゲティングを変更することで採用活動も柔軟におこなうことが可能です。

3広告の種類や出稿先が豊富にある

広告の種類もリスティング広告や動画広告など豊富にあり、数多くのWebサイトやアプリが出稿先対象です。 広告を掲載する場所もWebサイト検索エンジン、アプリなど数多く存在するため、さまざまな場面に合わせて柔軟に求職者へアプローチすることができます。
このような企業様におすすめ!
Google広告を活用して採用活動を促進させたい企業
  • 効率的に採用をおこないたい企業
  • 求人サイトや人材紹介では、十分な採用がおこなえなかった企業
  • 20代や30代など比較的若い層の募集を実施したい企業
  • 新しい採用の方法にチャレンジしてみたい企業
  • 運用型広告を活用したい企業

Google広告の企画・プラン

Google広告には計5種類(リスティング広告・ディスプレイ広告・動画広告・アプリ広告・ショッピング広告)の広告がありますが、求人や採用の場面でよく使用されるのは、リスティング広告とディスプレイ広告の2種類です。
ここでは、使用頻度の高いリスティング広告とディスプレイ広告について、配信までの流れや運用について説明します。

  • リスティング広告

    リスティング広告は、テキスト式の広告です。キーワードをもとに広告配信をするため、認知度の高いサービスや顕在層に有効です。
    リスティング広告
  • ディスプレイ広告

    ディスプレイ広告は、バナーと呼ばれる静止画像を活用します。視覚的に訴求ができ、多くの人へ配信しやすい広告です。
    ディスプレイ広告 GDN

Google広告の導入フロー

Google広告の導入フロー

Google広告はお申込みから約2週間前後で掲載がスタートできます。
どのような広告を配信するのか、広告を求職者がクリックしたときの遷移先がどこになるか、画像を作成してディスプレイ広告を出すのか、など状況によって配信までの期間は前後しますのでご注意ください。

配信フロー 申し込み後フロー

Google広告の運用フロー

配信開始後も広告運用フォローと、毎週の効果レポートを送付させていただいています。

安心のサポート体制のもと、現状の課題や解決に向けた改善策を提示いたします。

Google広告の導入事例

Google広告の料金

Google広告は、下記3種類の課金方法から適切なものを選択可能です。

・クリック課金型
・インプレッション課金型
・広告視聴課金型

それぞれ、掲載すること自体に費用は発生せず、クリックされたとき、広告が求職者の画面へ表示されたとき、動画広告が視聴されたとき、申込があったときにそれぞれ課金をされる仕組みです。
3種類ありますが、主流であるのはクリック課金型となります。求職者が表示された広告に興味を持ち、クリックしたタイミングで課金されるためより効果の高い箇所へ費用を割ける仕組みです。
料金についての詳細は料金表の下部リンクをご参考ください。

初期費用型

成果報酬型

クリック課金他~

運用型

広告費+運用費~

無料・トライアルプラン

その他のSNS広告