日経転職版とは?特徴・強み・掲載料金・会員データなど

転職サイト

日経転職版

日経転職版 ロゴ2

日経ID会員は約1,000万人。

日本経済新聞社と日経BPのサービス登録者などで構成され、ビジネスパーソンのオーディエンス・プラットフォームとしては日本最大級です。

 

サービスの概要

日経転職版は、日本経済新聞社の協力を得て、日経HRが運営する転職サイトです。
会員基盤「日経ID」や、日経グループの各種事業・サービスと連携した集客を強みとしています。
日経ID会員は約1,000万人おり、日本経済新聞社と日経BPのサービス登録者などで構成されています。
ビジネスパーソンのオーディエンス・プラットフォームとしては日本最大級です。

  • 日経転職版

    日本最大級ビジネスパーソンのオーディエンス・プラットフォーム

    日経ID会員は約1,000万人おり、ユーザーは経営層から技術者まで幅広く登録しています。

  • 日経転職版

    紙面とWebの両方からアプローチ

    日本経済新聞と日経転職版を連動させることができ、優秀なビジネスパーソンにアプローチ可能。

  • 日経転職版

    日経独自の高度なマーケティング

    日経グループのデータ分析基盤「Atlas」を活用し情報収集、分析ができます。

POINT
日経ID会員の転職希望者率は、「20代:58.6%」「30代:50.1%」「40代:38.6%」となっています。
20~30代の日経ID会員の過半数以上は転職を検討しており、1年以上先の転職も視野に入れ、長期的なキャリアプランを考えているユーザーも3割以上います。

日経転職版の特徴・強み

1ビジネス感度の高いユーザーの応募獲得ができる

日経転職版への入り口は「すべての日経メディア」です。 そのためビジネス感度の高いユーザーへのリーチが可能です。

2転職顕在層だけでなく、潜在層にまでアプローチができる

ビジネス最前線で活躍するユーザーが日々利用する「日経電子版」を活用した採用訴求が可能です。

3スカウトで、即戦力人材に直接アプローチしてターゲット応募を獲得

スカウトの活用方法としては「求人掲載」「スカウト」「採用認知獲得」の大きく3つあり、募集ターゲットやタイミング、目的に応じての使い分けが可能です。
このような企業様におすすめ!
他の媒体に比べ、幅広い層へのアプローチが可能です!
  • さまざまな層へのアプローチがしたい
  • 専門性の高い人材を積極的に採用したい
  • 即戦力の高い人材の採用を考えている

日経転職版の企画・プラン

基本プランは企業原稿と求人原稿がセットになっています。
こちらに加え、オプションプランのご用意もございます。

  • 企業原稿

    自社の情報はもちろん、IR情報などの一次情報を提供できます。
    日経転職版 基本プラン
  • 求人原稿

    仕事内容や応募内容の記載、写真の掲載などが可能です。
    日経転職版 基本プラン

日経転職版の会員データ

日経転職版は、日本経済新聞社と日経BPのサービス登録者などで構成されており、幅広いユーザーが登録されています。
平均ユニークユーザーは478,142万人です。(2024年5月時点)

  • 日経転職版 会員年齢層

    登録年齢層

    ビジネスの中核を担う20~40代は約70%となっており、幅広い年齢層にアプローチ可能です。
  • 日経転職版 会員学歴

    学歴

    大学卒が64.7%と大部分を占めており、大学院卒と合わせると約80%を占めています。
  • 日経転職版 会員経験社数

    経験社数

    1~3社が72.6%占めており、5社以内が約90%となっています。

日経転職版の掲載料金表

基本プランがあり、掲載期間と職種数によって金額が異なります。
こちらに加え、オプションプランやキャンペーンのご用意もございます。

初期費用型

30万円~

成果報酬型

運用型

無料・トライアルプラン

よくある質問

A 企業向けサービスは、自社採用をご検討されている企業様向けのサービスになります。 転職エージェント向けサービスは、主に転職エージェントが転職者の集客のために利用するサービスになります。
A 登録される方の集客経路としては、主に日経各メディアからの集客のため、ビジネスに前向きな方が多くご登録頂いております。そのため、経験者の即戦力採用に強みを持ちます。

その他の転職サイト