OfferBox(オファーボックス)とは?特徴や強み、評判、機能、料金をご紹介!

ダイレクトリクルーティング

Offer Box(オファーボックス)

OfferBox(オファーボックス)は、就活生の2人に1人*が利用する新卒向けのダイレクトリクルーティングサービスです。企業は学生からのエントリーを待つのではなく、自らプロフィール情報をもとにターゲットとなる学生を検索し「会いたい学生」に直接オファーを送ることで攻めの採用を実現できます。*OfferBOX23年卒利用実績データ

オファーボックス概要

サービスの概要

OfferBox(オファーボックス)は、気になる学生に直接オファーを送ることができる新卒採用サイトです。豊富な学生数×適性検査を取り入れた学生検索の仕組みで、登録学生の中から自社にあった学生を検索し、「会いたい学生」に直接アプローチが可能です。掲載型の就職サイトのように、エントリーを待つだけでは会えない学生に出会うことができます。

  • OfferBOXの圧倒的な学生利用率

    圧倒的な学生利用率

    OfferBOX(オファーボックス)は2人に1人の学生が利用するサービスです。

  • OfferBOXでは細かい学生抽出が可能

    充実した学生プロフィール

    34項目からなるプロフィールを基に、属性や志向性など自社に合った学生を細かく抽出することが可能です。

  • OfferBOXの年間を通した高いオファー開封率

    高いオファー開封率

    オファー開封率は年間で89%*の実績を誇ります(*OfferBOX 21年卒利用実績データ)。

POINT
HR総研が就活生を対象に実施した「最も利用した就職ナビ・逆求人サイト」の調査の結果では、逆求人サービスのなかで「OfferBox」が5年連続No.1*獲得!
(*HR総研/ProFuture株式会社 2018〜2022年調査(2019〜2023年卒学生対象))

Offer Box(オファーボックス)の特徴・強み

15年連続学生利用率No.1!アクティブユーザーも多数

24年卒学生は、2023年5月時点で22万名を突破!大学生協との業務提携により、全国203以上の大学を通じて各学年20万人以上の学生にOffer Boxを周知できるようになり、新卒採用におけるダイレクトリクルーティングサービスの代表格として認知されています。

2オファーの流通制限で開封率驚異の89%!

OfferBOXでは、企業・学生ともにオファーの流通制限を設けることで学生の開封率や反応率を高める工夫をおこなっています。実際に21年卒の実績では、年間のオファー開封率が89%という結果でした。

3人口知能による検索システム導入により「会いたい学生」と出会える

「豊富な学生の適性検査の結果」と「自社で活躍している社員の適性検査の結果」のデータを組み合わせることで個社固有の活躍する人材や定着する人材の共通要件を分析し、自社に合った学生を定量的に判断することが可能です。
このような企業様におすすめ!
入社後の"活躍"と"定着"を求める企業様におすすめ!
  • 採用ターゲットの学生に積極的にアプローチしたい
  • 知名度や認知度に課題があり、掲載型の就職サイトでは応募が集まりにくい
  • ターゲットとなる学生の割合が少なく、通常サイトでは限界がある

Offer Box(オファーボックス)の登録学生データ

OfferBOX(オファーボックス)の登録学生データの詳細は下記ボタンよりご確認いただけます。

  • OfferBOX24年卒登録学生の所属大学属性

    登録学生の大学群

    登録学生のうち4割以上*を上位校が占める結果となりました(*24年卒 2022年7月時点)。
  • OfferBOX24年卒登録学生の所属学部属性

    登録学生の学部

    文理別でみると文系55.25%、理系44.75%という結果となりました(*24年卒 2022年7月時点)。
  • OfferBOX24年卒登録学生の大学エリア

    登録学生の大学エリア

    OfferBOXでは、首都圏だけではなく北海道から沖縄、さらに海外までさまざまなエリアの学生が登録しています。

Offer Box(オファーボックス)の導入事例

よくある質問

A Offer Box(オファーボックス)のオファー承諾率は30%~40%ほどです。さらに年間を通して高い開封率を誇り、21年卒の実績では開封率89%という結果でした。企業、学生共にオファーの流通制限を設けることで、ほかのダイレクトリクルーティングサービスと比較しても高い反応率を維持しています。
A 24年卒の登録学生数は2023年5月末時点で221,000名以上です。登録数は年々増加しており、23年卒以降は1学年20万人以上の登録学生を誇っています。
A 2023年5月時点の利用企業数は14,683社と、大手企業から中小・ベンチャー企業まで幅広い企業で活用されています。

Offer Box(オファーボックス)の料金プラン

内定承諾数に応じた早期型プランと成果報酬型プランの組み合わせで料金が異なるようになっています。
料金プランと料金に関する詳細は下記ボタンよりご確認ください。

初期費用型

75万円(25年卒採用向け)~

成果報酬型

38万円(24年卒採用向け)~

運用型

無料・トライアルプラン

Offer Box(オファーボックス)のみんなの評判

2件中 2件表示
4.0
従業員数: 101~499名
業種: 小売/流通/専門店/アパレル/商社系
スカウト送信後に、チャット形式で学生と連絡が取れるので、連絡の履歴が分かりやすい。またメッセージが来ると通知が来るので、学生からの対応に対してスピード感をもって対応できる。
3.8
従業員数: 500~999名
業種: メーカー/製造系
オファーの例などアドバイスや操作方法など担当者のフォローが手厚かった。オファーは工数は掛かりますが、地方中小企業のような母集団形成が難しい企業の採用には適していると感じました。

その他のダイレクトリクルーティング