秋冬インターンシップを使った効果的な母集団形成とは?

秋冬インターンシップを使った効果的な母集団形成とは?

  • 新卒採用
  • 求人サイト

更新日:

インターンシップ

秋冬インターンシップ

2018年卒採用は約60%だった企業のインターンシップ実施率も2022年卒採用では約90%まで増加し、4年間で30%程増加しました。今となっては、新卒採用活動をおこなうにあたって、インターンシップをおこなうことは必須であるともいえるでしょう。人手不足が社会問題になっている現在、採用担当者はいかに優秀な人材効率よく獲得するかで頭を悩ませていることかと思います。インターンシップをおこなうことで、学生を日常に近い形で見ることができ、本当に優秀な人材を獲得することができます。

 

本記事では今注目されるインターンシップの近況とそれにともなう母集団形成についてご紹介いたします。

 

 

【資料ダウンロード】学生が選ぶインターンシップアワード/アンケート結果

学生の社会的・職業的自立に貢献したインターンシッププログラムを表彰する、日本最大級のアワードです。

学生にどのようなインターンシップが人気なのか、他社インターンシップを参考にできるよう資料を準備しました。ぜひ参考にしてください。

<資料内容>

・インターンシッププログラム

・インターンシップを通して得られた効果・満足感

・インターンシップを経験したその後の変化

・効果的なインターンシップを設計・運営するためのチェックリスト

 

資料ダウンロードはこちら

1.秋冬インターンシップのシーズンが到来

男性の後ろ姿

 

インターンシップは大きく6月~9月のサマーインターンシップと10月~2月の秋冬インターンシップに分けられ、学生はそれぞれ参加する目的が異なります。

2022年卒 学生就職モニター調査 2月の活動状況」によると、2月までに約90%の学生がインターンシップにエントリーしたと回答しています。
また、「マイナビ 2022年卒 学生就職モニター調査 6月の活動状況」によると、内々定先のインターンシップに参加した割合は46.4%、内々定先のインターンシップに最初に参加した時期は、8~9月、12~2月がピークとなっており、長期休暇のタイミングで本命となる企業のインターンシップに参加する傾向があります。

1-1.新卒採用の近況

2021年6月から2023年卒採用のサマーインターンシップも動き出しており、「マイナビ 2023年卒 大学生 インターンシップ・就職活動準備実態調査(6月)」によると62.7%の学生が既に「インターンシップ・ワンデー仕事体験に応募や申込みをした」と回答しています。

秋冬インターンシップのトップシーズンに向けて、スケジュールやコンテンツの検討など準備を進めましょう。

1-2.インターンシップの傾向

学生はインターンシップに参加することで、社会人の入り口となるような経験ができるだけでなく、インターンシップ参加への準備を通して、業界を深く知ることができたり、実際に企業で働くことでその企業の特徴や社風を感じることができます。

先にも述べましたが、「サマーインターンシップ」と「秋冬インターンシップ」では学生の参加目的が異なります。

マイナビ 2023年卒 大学生 インターンシップ・就職活動準備実態調査(6月)」によると、学生のインターンシップに参加する目的は「どの業界を志望するか明確にするため」が66.1%で最も高くなっており、「視野を広げるため」「どの職種を希望するか明確にするため」と続きます。

上記からもわかる通り、「サマーインターンシップ」では広く多くの企業のインターンシップに参加することで、自分自身のやりたいことや適性を見極めることを目的に参加していると言えます。

一方「秋冬インターンシップ」は3月のグランドオープン直前のタイミングであることから、ある程度、志望業界や志望職種、企業を絞り込んだ上で、より具体的にその企業のことを知ることを目的に参加しています。

学生の目的を理解した上でインターンシップのコンテンツを考えることがポイントとなります。

2.秋冬インターンシップ実施のポイント

インターンシップ画像

 

秋冬インターンシップは企業の採用活動において、自社を知ってもらう非常に重要な機会となります。
また、学生も内定を意識してインターンシップに参加しているため、ここで良いマッチングができれば、その後の選考フローでも離脱することなく、内定承諾まで繋がる可能性が高くなります。

それでは、秋冬インターンシップをどのように実施すべきなのか解説していきます。

2-1.母集団形成が夏より難しくなる

企業がインターンシップをおこなう最も多い時期は夏のインターンシップです。夏は学校の夏季休暇もあるため、学生にとっても参加しやすく、非常に多くの学生が参加します。

学生も夏インターンシップに参加することで、志望する業界や職種について考え、就職活動のための大きな糧にします。そして、そこから業界分析や自己分析などをじっくりおこなっていきながら志望業界・企業を定めていきます。

夏インターンシップに比べ、秋冬インターンシップは学生が授業が始まることや、夏インターンシップに参加して、業界分析にあてるようになることで、参加者が少なく、母集団形成をすることが困難になります。

2-2.秋冬インターンシップは選考に繋げるインターンシップ

サマーインターンシップに比べ母集団形成の難しさはありますが、秋冬インターンシップは学生の感度や本気度も高くなっているタイミングのため、企業側からみると、その後の選考や採用を見据えたインターンシップをおこなうことができます。

企業としては優秀な学生に自社をアピールする絶好のチャンスです。インターンシップで企業に対して良い印象をもてば、応募してくるケースが増えます。また職場の雰囲気や仕事内容をある程度わかっているので、入社してすぐに思っていたことと違うといって退職するリスクも減ります。

2-3.秋冬インターンシップはこのように実施するべき!!

秋冬インターンシップはサマーインターンシップの時期とは異なり、大学の授業がある時期であることも多いため、その点を考慮したスケジュール設定が大切です。

休日に開催するワンデー仕事体験や平日にオンラインで開催するWebセミナーを組み合わせて、学生との接点を多く作るようにしましょう。

短い時間であってもオフィスの雰囲気を感じたり、先輩社員との交流を通して、自分と企業がマッチしているのかどうか、様々な角度から見ることができ、より具体的に働くイメージを持ってもらうことができます。
秋冬インターンシップを採用活動の重要な手段と位置付け、先輩社員も巻き込みながら会社全体で取り組むことが重要です。

 

 

3.秋冬インターンシップに活用できるサービス

秋冬インターンシップはサマーインターンシップに比べ、母集団形成が難しいため、いかに優秀な母集団形成をおこなうことができるかがポイントになります。

母集団形成の手法はさまざまです。ここでは、母集団形成に効果的な手法を紹介します。

3-1.インターンシップサイト

マイナビインターンシップサイト

就職サイトとしても利用している企業が多いマイナビは、インターンシップサイトとしても活用することが可能です。

 

学生登録数・企業掲載社数ともに業界最大規模
インターンシップだけでなく、3月以降も継続して利用が可能です。学生が企業・業務理解できるような情報提供に注力しており、先輩社員紹介コンテンツも充実しています。

6月から9月のサマーインターンシップと10月から翌2月のオータム・ウィンターインターンシップに分けての掲載となっています。

23年卒向けサービスから2月中旬より、就職準備期間としてさまざまな新しいオプションも投入され、インターンシップから3月以降の活動にスムーズに移れるよう工夫されています。

 

マイナビロゴ

 

【資料ダウンロード】マイナビ運用ノウハウ徹底ガイド

マイナビインターンシップサイトを検討または掲載している企業様向けに、オプションの活用方法をご紹介!

効果的に運用するためにはどのオプションを使うべきかわからない企業様向けにまとめた資料になります。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードはこちら

3-2.合同説明会/イベント/オンラインイベント

 

 

POINT

早期から業界研究に取り組む積極的な学生に対して、アプローチすることが可能です。
また、直接社員と学生が触れ合う機会となるため、会社の雰囲気をアピールし、集客につなげることができます。

イベントは社員に対して質問などをしやすいため、学生の参加率が高いためおすすめです。1日で多くの学生と接触が見込めます。

3-3.インターンシップ企画代行サービス

インターンシップ企画

 

 

POINT

採用活動において重要な秋冬インターンシップ。集客に最も効果的なのは、学生が「参加したい!」と思うようなコンテンツを用意することです。
しかし、どのようなコンテンツにすれば良いのか、どのようなスケジュールで組み立てれば良いのかなど、お悩みの企業も多いのではないでしょうか。集客が見込める自社に最適なインターンシップを設計します。

プロによる現状課題の把握の上でインターンシップづくりをお手伝い。目的などのヒアリングの上で、それら網羅するプログラムを設計できる。

秋・冬からはじまるインターンシップの集めかた・つくりかた

秋冬インターンシップの集め方・つくり方

新卒採用の早期化に伴い重要視されているインターンシップ。秋冬も継続しておこなう企業も多いことでしょう。
インターンシップを導入している企業は9割をこえ、激戦状態となっています。
<資料内容>
・学生の満足度の高いインターンシップとは?
・本選考までつなぎとめておけるコンテンツとは?
新卒採用担当者のお悩みに応えるため、すぐにでも使えるノウハウ満載の資料を無料配布中です。

3-4.送客(動員課金)サービス

文理別・大学別・地方なども対応が可能
文系は東名阪、福岡、京都や仙台が中心となりますが、さまざまな学生をご紹介が可能です。地方の理系学生にも一部対応しています。また大学別に集客して欲しいなど、企業様の要望に合わせてセグメントが可能です!

費用面については、求めるターゲットや時期によって異なります。おすすめの時期については、学生が比較的に能動的に動くインターンシップの時期から就職活動前半までが目安の期間となります。

 

POINT

「送客サービス」とは、自社の採用ターゲットにあった学生を説明会や選考に動員してくれるサービスです。成功報酬型が多く、人が集まらない場合は費用負担を抑えることができます。選考フェーズにあった送客プランを選ぶことができます。学生を集める手間を削減でき、採用ターゲットを決めておくことで、マッチング度の高い採用が実現できます。また、成功報酬型のため、人が集まれば費用負担、集まらなければ費用負担を減らすことも可能です。

3-6.学生動員・呼び込みサービス(採用業務代行)

採用代行

 

POINT

多くの企業に課題としてある人員不足を採用代行サービスを使うことで解消することができます。合同説明会やイベントで獲得した学生データに対し、選考や説明会への呼び込みの代行もおこないます。プロに任せることで品質向上を図ることができ、ノウハウやスキルを自社に蓄積できることもメリットです。圧倒的工数削減になり、選考に集中することができる。

3-6.採用管理ツールMOCHICA(モチカ)

MOCHICATOP画面MOCHICAに関するお問い合わせはこちら

 

POINT

MOCHICAは、学生や求職者とLINEでやり取りできる、チャット対応採用管理ツールです。これまでの採用管理ツール同様学生への連絡や歩留まり管理ができるのはもちろん、LINEでメッセージが送信できることが特徴です。学生が最も利用するSNSであるLINEで学生とつながることができます。メールや電話連絡よりも圧倒的に返信率が高いです。

4.最後に

秋冬インターンシップは3月のグランドオープン直前のタイミングとなるため、企業、学生ともにその後の選考を意識したインターンシップとなります。

採用活動において母集団形成は重要です。企業が求めている人物像にあった学生を多数集めることができれば、企業の選択肢が増えます。母集団の形成方法をいくつか紹介しましたが、それぞれにメリット・デメリットがあるため、自社の考え方、採用方針にマッチした方法を採用し良い母集団形成を行いましょう。

良い母集団形成を行うことが採用活動を決めるといっても過言ではありません。年々インターンシップを重要視する傾向が高まり、2023年卒採用においても早期化が進むことが予想されます。

この機会にぜひ、秋冬インターンシップに活用できるサービスをご活用ください。

 

実際の料金や自社の採用について相談したい!
なんとなく理解はできた!
具体的な活用方法を相談したいという方は、プロが無料でご相談に乗ります。

この事例・記事に関わった営業担当

企業学生双方の素敵な出会いの実現を目指して

新卒で入社して以降、ずっと新卒採用支援事業に所属しています。より良い採用に向けて人事の方とご相談させていただく時間が大好きです。3年間の産休・育休で年子の女の子2人を出産し、今は育児・家庭と仕事の両立に日々奮闘しています!

名前

小泉/新卒領域

得意領域
  • 新卒採用全般

  • 内定者フォロー

この営業が携わった他の事例・記事を見る