求人原稿作成ノウハウ

コールセンタースタッフ採用事例|原稿の工夫で量・質ともに改善し、一度の掲載で25名の採用に成功した事例

  • 30~50名
  • 電話対応スタッフ
  • 小売業
  • 関東
  • バイトル

小売業

職種 電話対応スタッフ 従業員数 30~50名
エリア 関東 予算 ~10万円
課題
  • 応募数は集まるものの、採用人数が少ない
  • 早期離職が多い
求める人材
  • 30代から50代の女性
  • 日勤可能な主婦層

応募数は集まるものの、採用につながる人材が少ないというお悩みを抱える企業さまも少なくないのではないでしょうか。今回は、ターゲットを絞った訴求に原稿を変更することにより、応募やその後のスタッフの継続率も改善できた事例をご紹介させていただきます

利用されたサービス

バイトル

  アルバイト求人サイトの中でも抜群の知名度を誇るバイトル。積極的なプロモーションとSEO…

学生、フリーター、主婦層を採用したい企業様・すぐにアルバイトを採用したいと考えている企業様におすすめです。

媒体選定・原稿作成

アルバイト採用の成功においては、さまざまな条件から項目を指定してデータをだし、ピンポイントで求人を打…

母集団形成に苦戦している企業様におすすめです。

募集要項

職種 電話対応スタッフ
業種 専門・その他サービス
採用目標数 複数名
採用エリア

東京23区内

採用課題

コールセンタースタッフを常に通年を通して募集されていた企業様の事例です。時給が高いため応募数は集まるものの、採用につながる人材が少ない状況でした。またターゲットを絞りきっていなかったため、早期離職も多いというのが課題でした。

ご提案内容

まずは担当した営業担当が自分自身で仕事内容を理解するため、採用担当者様にお願いをし、働く現場を見せていただくことを依頼させていただきました。

実際の現場では、業務のほとんどが「困っている方」「悩んでいる方」からのお電話に対応いただく業務でした。そのため、活躍しているスタッフの方はマニュアルや機械的な対応ではなく、「大変でしたね」「それは困りますね」「安心してくださいね」と悩みを聞いてあげているスタッフ様が多いことが分かりました。

そこで、原稿タイトルを「お悩み相談員募集」といったようなタイトルに変更。人の役に立ちたいというホスピタリティを持った方に訴求できる原稿内容に変更しました。

採用成功のポイント

  • エリア・ターゲットにあった媒体選定の見直し
    改めて今掲載している求人広告で媒体選定に間違いがないかを当社特有のビッグデータで再調査。
  • 働く現場を見直し、原稿コンセプトを再設定
    「事務スタッフ」や「コールセンター」といった肩書ではなく、「お悩み相談員」に職種のアイキャッチを変更。合わせてターゲットを人生経験豊富な30~50代の主婦・シニア層の女性に設定。

結果

応募総数40名が85名に増え、25名の採用に成功。求めていた30代から50代の主婦層も多く採用することができました。
また、採用した方がすぐに離職されてしまうことにもお悩みを抱えていらっしゃいましたが、今回の募集で採用できたスタッフは離職率が1/3まで改善しました。

どの媒体を選ぶかも大切ですが、訴求の仕方で応募の質や、ときには量まで変化することは少なくありません。常にアルバイトを募集されていて、新たな訴求の仕方を模索している企業様は、ぜひご相談ください。

まずはご相談ください!この事例を担当したコンサルタント

吉原 玲実 | アルバイト採用事業部マネージャー 関東エリア

2018年に中途入社。趣味はカラオケ・料理で、休みの日はよく1人カラオケにも行ったりします^^
前職は、某人材会社で人事をしていました。
元人事の経験を活かして、企業様にあったご提案をさせていただきます。
アルバイト採用でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

ご相談はこちらから

この事例で紹介されたサービスの資料請求はこちら

  • バイトルの

  • 媒体選定・原稿作成の

資料を一括請求

ご相談・ご質問はこちらから

03-5908-8005

平日 9:00~12:00/13:00~17:00