トップ営業マンが現場の最前線で感じる、市場の変化と未来の可能性。

    採用活動に関わる業務をアウトソースする採用代行サービス。

    企業の人事・採用担当者がコア業務に集中できるとあって、近年注目を集めているこのサービスで、新卒採用代行領域No.1の実績を持つのがネオキャリアです。

    トップ営業の小泉さんにご登場いただき、採用代行サービスが多くの企業に支持され、必要とされる理由を探ってみたいと思います。

    〈聞き手:熊澤 昌之(編集部)〉

    トップ営業・小泉さん

    2016年ネオキャリアに中途入社。BPO事業部(現在はRPO事業部に統合)の営業職として活躍。2018年度、事業部MVP、ベストマネージャー賞を獲得し、営業部門を牽引するトッププレーヤー。

    「もっと早く知りたかった」そんな声に、尽きない可能性を実感。

    熊澤

    小泉さん、宜しくお願いいたします。唐突ですが、採用代行サービスの成長の理由はどこにあると思われますか?営業の最前線に立つ小泉さんならではの視点で、是非教えてください。

    今の時代、ものすごい数の採用手法があります。日々の営業活動でお客様から「どの手法を使えばいいのかわからない」というお声をいただくことは、実際多いんです。

     

    小泉

    熊澤

    企業からすると、情報が多すぎて取捨選択が難しいわけですね。

    そうです。「採用業務をアウトソースして、コア業務に専念したい」という声以前に、「自社に最適な採用チャネルを選ぶためのノウハウがほしい」とのことで、当社にご相談いただくケースも多いんです。

    採用予算を有効的に使うためにも、採用手法の的確な選択は重要ですからね。

     

    小泉
    熊澤

    そういった企業様が「採用代行サービス」について知ったとき、どのような反応をされるのでしょうか?

    「もっと早く知りたかった」と仰いますね。

    特に、応募者を集めるためにこれまで手当たり次第求人媒体に掲載してきたような企業様には、「自分に任されてもらえたら、もっと採用数を伸ばせます!」と、自信を持って伝えたいです。

     

    小泉
    熊澤

    求人媒体と一口に言っても、その種類は本当に幅広いですよね。各社、どのように差別化を図っているのでしょうか?

    たとえば、「若手採用に強い」「女性採用に強い」「エンジニア採用に強い」などでしょうか。
    ただ、どれだけ選択肢があっても、それらの中から目的や募集したい対象層に合わせて選定し、効果的に運用できなければ、掲載するだけで終ってしまい、高い効果は望めません。
    結果的に、「採用単価が高い」「ターゲットに合った候補者がいない」という事態につながってしまうのです。

     

    小泉

    AI、RPA、ダイレクトリクルーティング。最新動向に、アンテナを張り巡らす日々。

    熊澤

    せっかく求人媒体に掲載するなら、豊富な採用ノウハウのある採用代行会社に依頼した方が確実に効果が上がりますね。

    そういったノウハウも、日々の営業活動の中で培われたのでしょうか?

    そうですね。今でこそ、コールセンターを含め200名強の大所帯になりましたが、私が入社した当時はまだ事業部に規模も小さく、営業マンは数名でした。

    その中で、一人ひとりがお客様と向き合い続け、色々な手法を取り入れてきたんです。

    「この職種の候補者には、この時間帯の連絡がベスト」「こんな文章なら返信率が高い」など。

    前例がなかったので、自分たちで成功体験を積み上げていくしかなかったんですよね。

     

    小泉
    熊澤

    自分たちで切り拓いてきた道であり、試行錯誤の末にカタチになったサービスだからこそ、自信を持ってお客様に提案できるんですね。

    小泉さん自身が日々心掛けていることがあれば教えてください。

    情報収集をして、最新のトレンドをキャッチアップすることですね。

    お客様にも常に最新の情報をお伝えしたいですし、サービスにも取り入れることで、改良に努めたいと思っています。

     

    小泉
    熊澤

    最近のトレンドとは?

    少し前は、AI(人工知能)やRPA(ロボットによる業務自動化)を進める動きがありました。

    実際、お客様の注目度も高かったので、まずは自社で人工知能を活用した自動会話プログラム「チャットボット」を使った応募者対応システムを導入し、 使い勝手や効果をお客様にもお伝えしていました。

    ちなみに、2018年はダイレクトリクルーティングが流行っていますね。

     

    小泉

     icon-check-square 解説 : ダイレクトリクルーティングとは

    公開された人材会社のデータベース内にある人材に企業が直接スカウトをし採用を行うことです。

    これまで未応募の求職者に対し企業が直接アプローチをすることは出来なかったため、『プッシュ型の採用手法』として注目されています。

    熊澤

    ダイレクトリクルーティングにも、たくさんの媒体がありますよね。

    その通りです。Wantedlyさん、キャリトレさん、オファーボックスさんなど、名前を挙げるとキリがありません。

    ここでもやはり、お客様のご要望に合わせた媒体提案やダイレクトリクルーティングの成功例をご提供できるよう、実際に使ってみた際に得た知見を情報提供させていただいています。

     

    小泉

    採用戦略のパートナーとしても、絶対的な存在に。

    熊澤

    今後、現在事業部として目指している目標を教えてください。

    RPO事業部を採用代行領域で日本一にすることです。

    私たちにお声掛けいただければ、必ず採用が成功する。

    そんな考えを採用担当者の方々の間でスタンダードにしていきたいですね。

    そのためにも、戦略部分から丸々任せていただけるようにならなければと思っています。

     

    小泉
    熊澤

    採用戦略などの上流工程のコンサルティングから実務まで幅広くというと、お客様からの信頼が鍵になりそうですね。

    そうですね。まずはお任せいただく業務に集中し、必ず成果に結びつけること。

    採用成功のパートナーとしてだけではなく、採用戦略のパートナーであるという高い視点を忘れずに、実績を残していきたいですね。

     

    小泉
    熊澤

    RPO事業部のさらなる飛躍が、楽しみですね。

    最後に、読者の皆様や採用代行サービスの導入を検討していらっしゃる皆様にメッセージをお願いいたします。

    採用代行は、伸びているとはいえ日本ではまだまだ認知されていない採用手法です。

    これを機に検討いただき、費用対効果や成果でご判断いただければと思っています。

    どんなご相談でも有益な情報を提供させていただきますので、まずは一度お問い合わせください。お待ちしています。

     

    小泉
    熊澤

    小泉さん、ありがとうございました。是非またお話聞かせてください。宜しくお願いいたします。

    まとめ

    トップ営業の小泉さんが語る言葉には、普段の仕事の中で得られた現場の声が多く、非常に勉強になりました。

    人材市場はこれからもっと変化が激しくなっていき、採用難易度が高まり続けることが予想されます。

    採用ノウハウを持ったプロフェッショナルに依頼をすることで、御社の採用力と企業競争力が高まります。

    採用代行にご興味のある方はお問い合わせ下さいませ。

    ネオキャリアの採用代行サービスへのお問い合わせはコチラ!

    10,000社を超える「採用に特化した」アウトソーシング実績

    トップ営業への取材記事(第二弾)はこちら→「採用代行サービスを使わない方がいい会社もある」その真相をトップ営業マンに聞いてみた。

    ご相談・ご質問はこちらから

    03-5908-8005

    9:30 ~ 18:30 平日