アルバイトの募集方法にはどんなものがあるの?|事例・ポイントを紹介

アルバイト採用

「有名媒体を使ってアルバイトを募集しているのになかなか採用できない…」と頭を悩ませていませんか?
もしかしたら、求人募集の方法や掲載する求人媒体を間違えているのかもしれません。

「どれも一緒だろう」と安易に決めてしまうと、採用どころか応募すら来ないということも起こりかねません。本記事では、従来の求人募集の方法と時代に沿った新たな求人募集の方法、また募集時のポイント3つをご紹介します。

「今の求人募集はどんな方法があるの?」「どの求人媒体に掲載すれば良いのかわからない」
という方は、是非参考にしてみてください。

アルバイト求人サイトの選び方ガイド

媒体比較表や選ぶ際のポイントを1つにまとめた資料

アルバイト募集で求人サイトを使う際に選ぶポイント3つに絞ってご紹介しています。媒体比較表で大手媒体から特化型サイトまで比較していますので、自社に合うサイトを改めて探したいという方にもおすすめです。

資料請求はこちらから

1|アルバイトの求人募集方法

ここでは、従来の求人募集方法と、新しい求人募集方法を分けてご紹介します。

1-1.従来の方法

ハロ-ワーク

厚生労働省が運営する職業紹介機関です。正式には「公共職業安定所(職安)」と言います。

転職支援サイト、あるいは転職エージェントなどの民間企業と事業趣旨は同じで、求人紹介をしてくれる意味ではハローワークも転職支援サイトのひとつになりますが、アルバイトや派遣社員の紹介もしてくれます。

料金 ・無料
メリット ・採用コストがかからない
・条件によっては助成金が出る場合もある
デメリット ・掲載や選考などの各工程での手続きに手間がかかる
・情報量が少ないため採用ターゲットとは異なる応募も少なくない
こんな企業にオススメ

・採用に予算を割けない企業
・助成金の対象になる人材を採用したい企業

学校の掲示板

大学や専門学校の掲示板や学内システムに求人情報を掲載する方法です。
大学の就職課(就職支援センター・キャリアセンター)に求人票を提出する必要があります。

主に、申込書(求人票)をダウンロードしFAX・郵送か、大学の求人受付サイト上で申込の2パターンになります。大学によっては、企業側で用意した求人票のフォーマットでも受け付けてくれる場合があります。

料金 ・無料
メリット ・採用コストがかからない
・大学や専門学校の特徴から、学生の特徴も判断できる
デメリット ・複数の大学に掲載する場合、手間と時間がかかる
・応募がどれだけ来るか予測が難しい
こんな企業にオススメ ・新卒採用、アルバイト採用希望の企業
・大学の専攻などを重視する職種を募集する企業

求人フリーペーパー

駅・コンビニなど地域の様々な場所に設置されている求人情報誌(フリーペーパーがほとんど。一部有料誌。)と言われるものです。WEBの求人広告メディアは数多く存在していますが、現在でアルバイト情報誌(求人フリーペーパー)を扱う企業は42社と言われています。

料金 ・無料~1週間掲載で2万円前後が相場
メリット ・業務・職務内容を伝えやすい
・地域のユーザーに届きやすい
デメリット ・発行後の修正ができない
・募集期間が限られる
こんな企業にオススメ ・地域に密着した採用をおこないたい企業
・予算をあまりかけずに採用活動をおこないたい企業

アルバイト情報誌取り扱いサービス一覧ページ

折込チラシ

折込チラシとは、新聞に折り込まれたり、ポスティングされる求人情報チラシと言われるものがあります。

料金 ・無料~1週間掲載で2万円前後が相場
メリット ・一覧性が高くユーザーに発見されやすい
・地域のユーザーに届きやすい
デメリット ・ターゲットとなるユーザーが限られる
・募集期間が限られる
こんな企業にオススメ ・地域に密着した採用をおこないたい企業
・低コストで広い範囲で求人を募集したい企業

求人サイト

代表的なところで言うと、バイトル・マイナビバイト・LINEバイトなどは一度は耳にしたことがあると思います。
Web媒体に限らず、求職者は仕事探しをする際、「賃金」と「職場の雰囲気」を重要視しています。

求人の情報量は紙媒体に比べ圧倒的に多く、「職場の雰囲気」をわかりやすく伝えられるという点ではWeb媒体が一番だと言えます。そういった情報を掲載できるということは、求職者が実際に働くイメージを持ちやすくなるので、応募を促す役割があります。

インターネットを日常的に活用している若年層は、まずインターネットで情報収集します
Web媒体に掲載すれば、いつでもどこでも求職者に求人を閲覧してもらえます。応募も24時間受付可能です。

料金 ・掲載期間+原稿サイズによって掲載料金を設定
 社員募集…4週間掲載で20万~が相場
 アルバイト・パート募集…1週間掲載で2万円前後が相場
メリット ・精度の高いセグメントでのターゲティングが可能
・スカウト機能など企業側からもアプローチが可能
デメリット ・採用に至らない場合でもコストがかかる
こんな企業にオススメ ・複数名を採用したい企業
・若年層を採用したい企業

アルバイト求人サイトサービス一覧はこちらから

人材派遣

人材派遣会社が雇用する派遣スタッフを、通常のアルバイトに支払う給与よりも高額な時給で借りるという方法です。
一般派遣において人材の年齢や性別を指定することや、人材を特定する目的の派遣スタッフとの事前面接や履歴書の確認などは認められていません。(紹介予定派遣の場合は認められています。)

派遣スタッフは人材派遣会社と雇用契約を結んでおり、給与の支払いや社会保険の手続きなどは人材派遣会社が行います。貴社は人材派遣会社と労働派遣契約を結び、人材を派遣してもらう代わりに派遣料金を支払います。
時給の設定はそもそも派遣会社ごとに異なり、職種やスキルなどによっても変動します。

料金 ・派遣スタッフの「時給」×「実労働時間」を派遣会社に毎月支払う
 (内訳は、給与・社会保険料など約8割+派遣会社のマージン約2割)
メリット ・必要な時に必要な人材を必要な期間雇用することが可能
・教育などの人件費、採用コストの削減
デメリット ・派遣される人材を選べない
・自社の社員として育たない
こんな企業にオススメ ・一定期間のみ即戦力を雇用したい企業
・急ぎで欠員補充したい企業

店頭の張り紙

まず、すぐにできることは、自店舗内でアルバイト募集のチラシやポスターを作成し、告知することでしょう。そこまで応募数は多くないかもしれませんが、コストがかかりませんし、頻繁に店舗に訪れる方が応募してくれる可能性があります。

「あ、応募してみようかな」と少しでも思ってもらえるために、店舗の雰囲気や労働環境のブランディングを意識しましょう。店舗を見渡した際に、「ここでは働きたくないな」と思われてしまっては、せっかく作成したチラシやポスターが無駄になってしまいます。

料金 ・無料
メリット ・コストが掛からない
・実際に店舗を見て働く意思を決めるためギャップが少ない
デメリット ・家の近い人が応募してくれる
・自社の社員として育たない
こんな企業にオススメ ・一定期間のみ即戦力を雇用したい企業
・期間を決めずに採用活動をおこないたい企業

知人・スタッフの紹介

知人、親族や社員に人材を紹介してもらう方法です。「縁故採用」と言われたり、最近では「リファラル採用」と言われることもあります。

何かしらを評価されて紹介するに至っているので、それなりの人材である場合が多いです。
知人の紹介だから信頼できるという安心感もある反面、一般的な採用プロセスの段階を踏まないケースが多いため、のちのちミスマッチが起きるリスクも潜んでいます。

料金 ・無料
 謝礼をするケースもある
メリット ・公募採用に比べ人柄を把握しやすい
・採用コスト、手間がかからない
デメリット ・求めるスキルが備わっているとは限らない
・紹介者との関係によっては、気を遣う場合がある
こんな企業にオススメ ・人柄重視の採用をしたい企業
・採用に手間とコストをかけたくない企業

1-2.新しい方法

求人検索エンジン

検索エンジン(サーチエンジン)とは、インターネット上に存在するWebページや画像ファイルなどの情報を探すためのシステムのことです。
代表的なものにindeedや求人ボックスなどがあります。

料金 ・無料
メリット ・無料で求人掲載をはじめることができる
・利用者数が多いので、求人を見られる機会が増える
デメリット ・運用に手間がかかる
・新規求人数が多いため、無料掲載分が埋もれてしまう
こんな企業にオススメ ・採用コストを抑えたい企業
・幅広く求職者に求人情報を認知してほしい企業

求人検索エンジンサービス一覧はこちらから

アルバイトマッチングアプリ

人手を補うために、今飲食店を中心に「すきまワーカー」が活用されることが多くなってきています。

アルバイトマッチングアプリとは、学生・フリーター・主婦などの「空いた時間で今すぐ働きたい人」と「今すぐ人手がほしい企業」をマッチングする、新しいアルバイト採用サービスです。

繁忙期だけ人手を補いたい場合や、急な欠員のシフト穴埋めにもよく活用されています。

料金 ・無料(成功報酬型)
メリット ・急な欠員にも対応できる
・選考なしで即日採用
デメリット ・都心外ではちゃんと人が集まるか不安
・選考をしていないとどのような人が来るかわからない
こんな企業にオススメ ・採用コストを抑えたい企業
・シフトの作成に毎回課題を抱えている企業

アルバイトマッチングサービスはこちらから

オウンドメディアリクルーティング

「オウンドメディアリクルーティング」とは、自社の運営するメディア(採用ページほか)を軸に、高付加価値人材に自社主体で直接メッセージを発信し、共感を喚起することで人材獲得につなげていく能動的リクルーティング手法です。

料金 ・無料(成功報酬型)
メリット ・自社とのマッチ度が高い人材と出会える
・従来の採用手法より低コスト
デメリット ・長期的な運用体制を作らないと効果が出ない
・社内に協力体制がないと行き詰まりがち
こんな企業にオススメ ・採用コストを抑えたい企業
・求職者とのミスマッチをなくしたい企業

SNS

SNSを活用すると、顧客に対して企業ブランディングも可能です。広告のように多額の投資をしなくても集客ができ、企業ブランディングができる便利なツールです。

企業はブランディングのために公式ホームページやインターネット広告を利用することが多いですが、実際にはそうした方法は敬遠されやすい面もあるため、近年のSNS文化ならではの採用方法と言えます。

料金 ・無料
メリット ・情報の拡散が早い
・若年層にピンポイントでアプローチができる
デメリット ・成果を出すまでには中長期的な運用が必要
・炎上のリスクがある
こんな企業にオススメ ・自社のブランディングをHP以外の方法で上げたい企業
・若年層をターゲットとしている企業様

採用代行(RPO)

採用代行サービス/RPOとは、採用業務の一部または全部を外部の専門会社にアウトソーシングすることで、採用ご担当者様がコアな業務に専念できるようサポートし、採用活動を成功に導くサービスです。RPO(Recruitment Process Outsourcing)とも呼ばれています。

料金 ・内容によって異なる
メリット ・求人媒体の最適化によるコスト削減
・求人媒体の最適化によるコスト削減
デメリット ・アウトソース先により得意業務、受注可能業務範囲が異なる
・社内に採用ノウハウが蓄積されず採用担当者が育成できない
こんな企業にオススメ ・応募者をリアルタイムでキャッチできず機会損失している
・平日夜、土日の対応ができていない

採用代行(RPO)はこちらから

2|アルバイトの求人募集の際のポイント

「どの媒体に出せば良いかわからない!」「求人を掲載してもなかなか採用できない…」というようなお悩みを抱える企業様も多いのではないでしょうか。

ここでは、アルバイトの募集の際のポイントをご紹介します。

2-1.採用ターゲットの明確化

採用したいターゲットが曖昧といった状況下では「求人を出したけれど、全く応募が無い」ということが頻繁に起こります。この状況を乗り切るために、まずはじめにやるべきことが「採用ターゲットの明確化」です。採用ターゲットによって、仕事探しの手法、求めている職場の条件や重視していることが異なるからです。

ターゲットが曖昧なままだと、訴求するポイントが定まらないため、結果的にどこに向けた情報なのかがぼやけてしまいます。

採用したいターゲットの設定のポイント
1:「募集時間」に応じて、ターゲットを設定する
2:「募集地域」に応じて、ターゲットを設定する
3:「募集時期」に応じて、ターゲットを設定する

2-2.正しい求人媒体の選定

媒体の選定で重要なことは「その求人媒体でアプローチできる人材の中に採用ターゲットがどのくらいいるか」ということです。「無料だから、とりあえずハローワーク」や「大手媒体だから」と、なんとなくで決めてしまうのはオススメしません。無料であっても、大手媒体であっても、その媒体の利用者にターゲットがいなければ、まったく意味がないからです。

「Web求人媒体の種類」でも言ったように、媒体ごとに業種・職種・年代・性別などそれぞれの得意分野があります。
たとえば、地域、若年層が使う媒体、主婦が使う媒体などそれぞれ異なる特徴があります。

また、業界特化型の求人媒体も増えてきています。アパレル業界専門、美容業界専門、医療・看護専門、飲食業界専門など、より的確に、効率的に求人募集をおこなうために、媒体ごとの特徴を正しく理解し、貴社の採用ニーズに合った媒体を見極める必要があります。

2-3.具体的な求人原稿・募集内容

完璧な採用プランを立てたとしても、求人原稿が求職者に響かなければ意味がありません。応募数は担保しつつ、ミスマッチを起こさない訴求を考えましょう。

応募を増やしたいがために、「高時給」「誰でもOK」など前面に押し出すと、あまり意欲の高いとは言えない人からの応募も増える可能性があります。打ち出すポイントや記載の仕方を誤ると、ターゲット外からの応募ばかりが増え、結局採用には至らず無駄なコストや手間が発生してしまいます。

そのため、原稿の作成には、媒体ごとの特徴を正しく理解し、貴社の採用ニーズに合った媒体を見極める必要があります。

3|採用成功事例

1.大手アルバイト求人サイトから変更|新しい媒体選定と原稿の工夫で15名の大量採用に成功した事例

募集要項

職種 店舗スタッフ
業種 小売業
採用目標数 5名
採用エリア 東京23区内

 採用課題

東京都内でも採用激戦区の地域だったため、さまざまな求人広告に掲載したにも関わらず採用実績が無かった企業様でした。採用コストも底をつき、働いている学生2名も卒業と共に離職することが決まり、お店の規模を縮小するか悩まれてる状況でした。

 ご提案内容

ネオキャリアでは、ビッグデータを活用した無料の効果的な媒体選定と原稿作成サービスをご提供しています。

そこで、確実に採用できるプランを作成するため、同業他社分析、成功事例、時給、掲載件数などを把握し、ベストなプランをご提案いたしました。

ご提案のプランは、お客様のご予算の倍が必要でしたが、私が前職で物件開発をしていた経験もあり、店舗規模を縮小した場合、年間でどのくらいの売上低下につながるかなどのお話しをさせていただき、採用費用についてご了承いただきました。

 結果

さまざまな媒体を試したにも関わらず採用実績0名だったところから、1つの媒体の利用だけで5名の採用に成功しました。また、念願のリーダー層の採用にも成功。

余剰に採用できたこともあり、今現在店舗規模を縮小せず、採用された方もご活躍いただいています。

2.アルバイト採用の改善事例|媒体原稿の改善と面接率向上施策により6倍の応募を獲得

募集要項

職種 ポスティングスタッフ
業種 専門・その他サービス
採用ターゲット 20~30代の若手層
採用目標数 50名
採用エリア 関東

採用課題

今回の事例の企業様は、ポスティングスタッフのアルバイト採用を通年を通しておこなっている企業様でした。

求人広告を出しても応募が集まらず、目標が1拠点あたり10応募以上だったところに対して、6拠点を合わせても15応募しか集まらないなど、採用にかなり苦戦されていた状況。また、当初の採用計画より人員が50名足りていない状況でした。
また働いてるスタッフはシニア層が多く、できれば若手人材を採用したいとのことでした。

ご提案内容

採用成功のポイント

  • 媒体原稿の改善
    PV数改善のため20代の若年層にささるような芸人のギャグを交えたキャッチコピーとアイキャッチ画像の変更で他社との差別化をはかりました。
    また、PCからのPV数が7割強を占めていたため、「フリーワード設定」という機能を使用し、PCのフリーワード検索ランキングを参考に原稿を変更しました。

    フリーワード検索とは?
    >>>マイナビバイトの詳しい説明はこちらから<<<
  • 面接率向上施策
    深夜応募が多いため、採用担当者様が即座に対応することが難しい状況でした。
    そのため、採用代行サービスの活用をご提案。24時間、土日対応も可能にしました。
    また、繋がらない場合はSMSメールを送り、接触機会を減らさないようにする工夫をおこないました。

    採用代行サービスとは?
    >>>採用アウトソーシングサービスの詳しい説明はこちらから<<<

結果

1ヶ月掲載6拠点合わせて平均15応募から90応募に改善
また、面接設定率も10%から50%まで向上することに成功しました。
さらに応募者層も20~30代が8割を超え、狙っていたターゲット層とも合致し、大変喜んでいただくことができました。

4|まとめ

いかがでしたでしょうか。アルバイトの募集の方法やアルバイトを募集しているのに応募が来ない代表的な原因、その対策についてお伝えしました。 思い当たる節がある採用担当者様は、ご紹介したポイントを是非参考にしてみてください。

また、アルバイト採用でお困りの際は、株式会社ネオキャリアにお気軽にご相談ください。

担当者からのコメント|小林 龍馬 | アルバイト採用事業部

2013年に中途入社。アルバイト採用事業部の立ち上げに従事。
「誰でも良いから応募してほしい」と、ターゲットを明確にできていないことはありませんか?「誰でも歓迎」では、逆に誰にも刺さらない原稿になってしまうことも多いものです。
原稿作成のノウハウにお悩みの方は、ぜひご相談下さい。