応募者の質の改善事例

応募者の質を改善し採用率を高めた事例|原稿とスカウトの工夫で費用対効果の改善は可能!

  • 30~50名
  • 営業職
  • サービス
  • 全国
  • エン転職

サービス

職種 営業職 従業員数 30~50名
エリア 全国 予算 100~300万円
課題
  • 応募者の質に課題を抱えている
  • 年間採用計画に遅れがでている
求める人材
  • 営業職 未経験者も可
  • 営業経験者を採用したい

「求職者が採用ターゲットとずれている」「ミスマッチをなくし、採用コストを削減したい」このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。

今回は、求人原稿の訴求方法を変えることで、採用ターゲットからの応募を集めた成功事例をご紹介します。

利用されたサービス

エン転職 LINEキャリア

日本最大級の会員数を誇るエン転職。独占提携を含む高品質メディアへの露出により認知度も高く、「スマホユ…

若手採用を検討している企業様、母集団形成に苦戦している企業様におすすめです。

企業情報

従業員数 100~500名
設立 2011年
資本金 1,000~5,000万円
業種 サービス

採用支援の概要

募集背景

以前より年間でご支援させていただいている企業様です。

サービス業の営業職を採用したいとお考えで、東名阪のエリアで10名の採用を目指していらっしゃいました。

募集要項

職種 営業職【未経験者可】
採用ターゲット 未経験者歓迎
採用目標数 年間10名の採用
採用エリア 東京・名古屋・大阪

採用課題

応募数を集めることはできていたのですが、採用ターゲット外の応募も多く採用までに至っていないというお悩みをお持ちでした。10名の目標に対して、応募数は100名以上あるにも関わらず、これまでの実績は5名。

そこから「応募者の質」に課題があると考え、施策をご提案させていただきました。

改善ポイント

原稿の訴求ポイントを変更

それまでは、原稿の数値を用いた分析が十分になされていなかったというところに着目し、原稿の「滞在時間」「PV数」「応募数」「応募率」などを分析することにしました。

徹底的な分析をもとに、効果があるところはそのままにし、かつ、改善が見られるところに関しては訴求ポイントを改善することにしました。

スカウトメールのターゲット設定

以前まではスカウトメールのターゲットを「20代未経験」という枠で設定されていましたが、「経験の有無」「職種」などをもとに3つのターゲットに分類しました。

3つの分類ごとにスカウトメールを作成し、ローテーションで配信するようにご提案をしました。

結果

その結果、応募者の質が改善され、採用ターゲットからの応募も増加しました。
そして、以前は100名以上の応募で5名しか採用に至らなかったところ、3ヶ月で120名の応募を獲得7名の入社確定という採用成功実績を出すことができました。

さいごに

想定応募数が担保されていたとしても、ターゲットからの応募がなければ採用までには至りません。
応募者の質を改善することができれば、採用ターゲット外の面接の無駄を解消することもでき、採用工数の削減にもつながります。

「採用ターゲットからの応募が集まらない」とお悩みの担当者様はぜひ、一度ご相談ください。
担当コンサルタントが企業様へのヒアリングをもとに、採用ターゲットの再設定・それにともなった採用戦略をご提案いたします。

まずはご相談ください!この事例を担当したコンサルタント

岩本孝司 | 中途採用メディア事業部マネジャー

中途採用コンサルティングに5年間従事。趣味はゴルフ・フットサル・飲酒です!
いつもと違った求人広告の細かい活用のご提案や、新たな手法と組み合わせた中途採用のご提案を得意としています。とくに過去の実績データを活かした分析力・改善策のご提案や、求人原稿作成ノウハウ、スカウトメールの活用ノウハウには自信があります!
中途採用でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

ご相談はこちらから

この事例で紹介されたサービスの資料請求はこちら

  • エン転職 LINEキャリアの

資料を一括請求

ご相談・ご質問はこちらから

03-5908-8005

平日 9:00~12:00/13:00~18:00