2021年新卒採用動向|現在の内定率や有効求人倍率、就活継続学生の採用手法をご紹介

新卒採用

コロナ禍の影響により21年卒の採用スケジュールは例年とは異なるものとなった企業様も多いことでしょう。採用計画の見直しや後ろ倒しなどを検討した企業様もあると思います。

本記事では、波乱続きの21年卒採用の現在の内定率や大卒有効求人倍率など21年卒新卒採用市場の動向と今からでも間に合う採用手法などをご紹介します。

1.21年卒の採用ニーズ|大学有効求人倍率は?

1-1.コロナウィルスによる採用人数への影響

参照「第37回 ワークス大卒求人倍率調査(2021年卒)|リクルートワークス研究所

上記グラフは、コロナウィルスの感染が確認された2月時点と緊急事態宣言中の6月時点での採用予定人数に変化があったかを表したグラグです。業界別にみても建築業を除きほぼすべて業界で採用人数を縮小したことが分かります。特にサービス・情報業での縮小が目立ちます。営業自粛での経営悪化などコロナウィルスでの影響を大きく受けていることがうかがえます。

従業員別でも大手から中小企業までほぼすべて企業が採用縮小しています。特に300~900人の中小企業での採用縮小が目立ちます。

1-2.現在の大卒有効求人倍率

参照「第37回 ワークス大卒求人倍率調査(2021年卒)|リクルートワークス研究所

では現在の有効求人倍率はどのように変化しているのでしょうか。上記グラフからわかるように、採用人数の縮小があったにせよ現状は「1.53倍」にとどまっています。リーマンショック後もっと低かった2012年度の「1.23倍」までの落ち込みはありません。昨今の採用難からはひと段落したようにも見えますが、採用がしやすいマーケットに変わったわけではなさそうです。

2.就活生の現状|21年卒の内定率は?

2-1.21年卒の内定率は81.2%(全体)|8月1日現在

就職内定率(全体)

参照「就職プロセス調査 (2021年卒)
「2020年8月1日時点 内定状況」 |就職みらい研究所

現在の大学生全体の内定率を見ていきます。6月1日時点では例年に比べ大幅に割れこんでいましたが、現在(8月1日時点)は、81.2%の学生が内定を保有しています。昨年は、91.2%の学生が内定していたので去年に比べると10ポイント減少していますが、現行の採用スケジュールがスタートした2017年と比較するとほぼ同じ曲線で推移しています。2017年度の内定率が今後の参考になりそうです。

就職内定率(文系・理系別)

参照「就職プロセス調査 (2021年卒)
「2020年8月1日時点 内定状況」| 就職みらい研究所

続いて文系・理系別に内定率を見ていきます。文系での現在の内定保有率は「76.9%」で昨年同月比で「12.9%」少ないことが分かります。一方理系に関しては、現在の内定保留率は「90.8%」で昨年同月比で「3.5%」減少しています。どちらも昨年に比べて内定保有率は低いのですが、理系は例年と比べて大きな差はないようです。これは理系人材のニーズ増大と理系新卒採用の早期化、理系の就職先の一つでもある情報・インフラ関連の企業や大手企業などでWeb面接などの体制が早期に整えられた点などが要因といえるでしょう。

2-2.就職活動はまだ続ける?

就職活動実施率(全体)

参照「就職プロセス調査 (2021年卒)
「2020年8月1日時点 内定状況」| 就職みらい研究所

ではこれから就職活動を続ける学生はどれくらいいるのでしょうか。8月1日時点では、30.4%と約3割の学生が就職活動を続けるとしています。

就職活動を続ける理由としては、

  • 進路変更したことで最近になって就活を始めた
  • 内定はもらっているが自分が満足するところに就職したい
  • ずっと就活を続けているが内定が決まらない
  • 国家公務員採用試験などの合否により就職活動をすることにした(※本年度2次試験の結果発表は10月13日(火)です)

などがあげられます。就職を続けているけれどなかなか内定が決まらないという学生もいますが、「最近になって進路を変更した」「内定をもらっているがもっと挑戦したい」といったプラスの要素で今の時期に就活をおこなっている学生もいます。21年卒採用もこれからが佳境だといえそうです。

就職活動実施率(文系・理系別)

参照「就職プロセス調査 (2021年卒)
「2020年8月1日時点 内定状況」|就職みらい研究所

文系・理系別でもは文系では37%理系では15.4%の学生が就職活動を続けるとしています。まだ採用人数に達していない企業にもまだまだチャンスがあるといえそうです。

3.21年卒採用手法をご紹介|今からできる方法とは?

今から21年卒採用を充足させるためにはどんな手法を使うと効果的なのでしょうか。
21年卒採用が充足していないという採用担当者様向けに、これからでも間に合う採用手法をご紹介します。ぜひご参考にしてみてください。また分からないことやご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。

3-1.就職サイト

新卒紹介サービスは、エージェントが企業のターゲットにあった就活生を紹介してくれるサービスです。
21年卒の就活生との接点をつくることができるだけでなく、企業の欲しい人材像をエージェントに伝えることで、理想のマッチングを実現します。工数をかけずに少人数の採用を確実に採用したいと考えている企業様におすすめです。

マイナビ2021

業界トップクラス|期間限定のお得なプランも!

  • 学生登録者数・企業掲載社数ともに就職サイトとしては、業界トップクラス
  • 10月以降、21年卒採用の駆け込み需要をサポートするお得なプランも販売中
  • さまざまなオプションの利用で効果的な母集団形成が可能

3-2.新卒人材紹介

新卒紹介サービスは、エージェントが企業のターゲットにあった就活生を紹介してくれるサービスです。
21年卒の就活生との接点をつくることができるだけでなく、企業の欲しい人材像をエージェントに伝えることで、理想のマッチングを実現します。工数をかけずに少人数の採用を確実に採用したいと考えている企業様におすすめです。

就職エージェントneo|業界最大手の新卒人材紹介サービス

業界最大手|年間18万人以上の学生が利用!

  • 業界のパイオニアとして10,000社以上の利用実績
  • 圧倒的な学生集客力 - 年間18万人以上の学生が登録
  • 内定辞退率低下の取り組み - アドバイザーが学生と1対1でヒアリング

ちほりけ|理系学生に特化した人材紹介サービス!地方の理系学生にアプローチ可能

機電・情報系の理系学生の採用にお困りならこちら!

  • 理系学生人材紹介業界の中でもトップクラスの集客力!特に機電・情報系の理系学生に強い
  • キャリアアドバイザーがSkypeにて一次選考を担当
  • 完全報酬型なので、採用が完了するまで費用0円

3-3.ダイレクトリクルーティング

コストを抑えて採用したい学生にだけアプローチをしたいと考えている企業様におすすめです。

オファーボックス|採用したい学生に直接アプローチ!近年話題のサービス

21年卒学生13万人以上が登録!

  • 採用ターゲットの学生に積極的にオファーできる
  • 登録者比率は文系学生68%、理系学生24%。文系理系学生ともにアプローチ可能
  • 成果報酬型のプランもある。

dodaキャンパス|国内最大規模の新卒向けダイレクト・リクルーティングサービス

登録人数20万人以上!理系学生にも対応!

  • 全国の大学で登録会を実施しているため、採用要件に合った優秀な学生と出会うことが可能
  • 採用が難しい理系学生や、接点が持ちづらい地方学生などピンポイント採用に活用できる
  • 定額プランもあり、採用数が増えても追加費用がかからない
【新卒採用版】ダイレクトリクルーティングを始めるかお悩みの方へ

  • ダイレクトリクルーティングの運用のポイント
  • ダイレクトリクルーティング選定時の注意点
  • 運用のコツ/スカウトノウハウなど
     
    ダイレクトレイクルーティングを成功させるためのノウハウが満載の資料を無料配布中です。
    これからダイレクトリクルーティングを活用したいと思っている企業におすすめの資料です。

3-4.合同説明会

合同説明会は、就活生と採用担当者様がリアルに出会える場です。1度に多くの学生に直接会いたい!効率的に採用活動をおこないたいと考えている企業様におすすめです。

マイナビEXPO|業界トップクラスの合同説明会!(地方採用のみ)

合同説明会の王道!学生集客力が魅力

  • 業界トップクラスの面談数を実現
  • 抜群の集客力でマッチした学生との多くの出会いを実現
  • 当日も効率的な運営が可能

※現在は地方での開催をメインにおこなっています。詳しくはお問合せください。

4.さいごに

いかがでしたでしょうか。例年とは違うスケジュールや市場動向の中、模索しながらの採用活動となっている21年卒採用。現状ではまだ3割近い学生が就職活動をおこなっていることが分かりました。

21年卒採用を継続している企業様のラストスパートに本記事がお役に立てば幸いです。

ご相談・ご質問はこちらから

03-5908-8005

平日 9:00~12:00/13:00~17:00