新卒採用|小売業界での採用を成功させるポイントとは?

新卒採用

新卒採用のオープンに向け準備を進めている採用担当者様も多いのではないでしょうか。

今回は小売業界に特化して採用成功のポイントをご紹介いたします。
小売業界の新卒採用は他業界の採用に比べ、採用難易度が高いため採用戦略をしっかり固めて動くことが大切な業界の一つです。

本記事では、小売業界の採用動向、学生イメージ、採用のポイント、おすすめサービスをまとめました。
これから本格化する22年卒採用のお役に立てば幸いです。

1.小売業界の現状

1-1.小売業界とは?

小売業界とは、百貨店、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、家電大型専門店・ドラッグストア・ホームセンターなどの業態を指します。流通業としてくくられているケースもあります。

1-2.小売業界の採用動向

引用:リクルートワークス研究所「Works  flash  第37回ワークス大卒求人倍率調査(2021年卒)

小売業界の有効求人倍率は毎年高く、2019年度3月卒採用時には12.57倍と高倍率となっていました。コロナウィルスの影響もあり、2021年3月卒の倍率は、7.28倍と下がりましたが依然として高倍率を推移しています。
リクルートワークス研究所「Works  flash  第37回ワークス大卒求人倍率調査(2021年卒)」によると、建設業に次いで高く、他業種では有効求人倍率が2倍を超える業種はありません。
小売業界は他業種に比べて、非常に採用難易度の高い業種といえるでしょう。

2.学生の小売業界に対するイメージ

小売業界で働くことに対し、学生はどのようなイメージを持っているのでしょうか?マイナビサポネットがおこなった「2021年卒マイナビ大学生業界イメージ調査」のアンケート調査を参考に確認していきましょう。

参照:マイナビサポネット:2021年卒大学生学生業界イメージ「業界別データ

上記グラフは、マイナビサポネットがおこなった「2021年卒マイナビ大学生業界イメージ調査」のアンケート調査を元に作成したグラフです。各項目における学生からの回答率の高さを示しています。
赤い棒グラフが小売業界に対するプラスイメージ、青い棒グラフがマイナスイメージを示しています。

2-1.学生が考える小売業界のプラスイメージ

小売業界内でのプラスイメージ調査で順位が高かったものは、上から順に
1位:人の役に立つ
2位:宣伝力・ブランドイメージ
3位:社会全体への影響力
4位:女性の活躍
5位:明るさ・楽しさ
となっています。

多くの学生が、小売業界は、「人の役に立ち、社会全体への影響力の大きい仕事だ」と認識していることが分かります。

2-2.学生が考える小売業界のマイナスイメージ

一方でマイナスイメージでは、
1位:休日・休暇・労働時間
2位:給与・待遇
3位:仕事の魅力
4位:将来性
5位:安定性
などを懸念している学生が多いようです。

福利厚生面や将来性、企業としての安定性などを懸念している学生が多いことが分かります。

3.小売業界での採用のポイント

採用を成功させるためにはどのような点を注意しなければならないのでしょうか?

【求人原稿訴求でのポイント】

前章でお伝えした学生のマイナスイメージを払拭し、プラスイメージをより強める訴求をおこなうことが大切です。

小売業は土日祝日休みではないケースが多く、どうしても敬遠されがちです。連休が取れる、長期休暇も取得できる、労働時間もシフト制で融通が利くなどのメリットがあればしっかり表記しましょう。
また給与・待遇面では、住宅手当や家賃補助、子育て手当など、引きになる待遇などがあれば、明記しましょう。
逆に現状メリットとなる待遇などがなければ、待遇・制度の見直しに取り組む必要もあるでしょう。

「仕事の魅力」「将来性・安定性」へのマイナスイメージを払拭するために、実際に働く社員の声・インタビュー記事などを掲載することは、非常に有益です。
キャリアパスや将来像をイメージしやすいよう、入社5年目、10年目、15年目など複数の社員のインタビューを用意することをおすすめします。女性の場合は、出産・育児などを視野に入れて就職活動をするケースも多いため、モデルケースとなるような方がいらっしゃれば最適です。

しっかりとマイナスイメージを払拭した上で、社会貢献度の高い大切な仕事であること、会社の魅力やビジョン、他社との違いなどを伝えていきましょう。

【母集団形成のポイント】

マイナビやリクナビなどの総合媒体に掲載するだけでは、母集団形成が難しいケースが多いです。

そのため採用ツールとしては、「就職サイト」だけではなく、就職イベント」や「ダイレクトリクルーティング」などを活用し、積極的に学生へのアプローチができるツールを選択した方が母集団獲得に繋がります。

「就職イベント」は、大型のイベントに参加するのもよいですが、できれば小~中規模イベントへ参加することをおすすめします。一人ひとりの学生としっかりコミュニケーションをとり、目の前の学生を口説く戦法の方が効果的です。

「ダイレクトリクルーティング」は、不特定多数の学生に一括送信のような運用ではうまくきません。学生のレジュメをしっかり読み、なぜその学生に会いたいのかを恋文のように一通一通丁寧に送っていくことが大切です。工数や労力はかかりますが、その後の選考へ繋がりやすいなどのメリットもあります。ぜひ無駄だと思わず、あきらめずにやっていきましょう。攻めのスタンスを取り続けることが小売業界の採用では重要です。

就職イベント一覧はこちら

ダイレクトリクルーティングサービス一覧はこちら

マイナビ・リクナビなどの主力媒体+「ダイレクトリクルーティング」「就職イベント」

「ダイレクトリクルーティング」や「就職イベント」などの攻めの採用手法を活用するので、マイナビ・リクナビなどに掲載しなくてもいい。という訳ではありません。マイナビ・リクナビは就活生が必ず利用する登竜門です。マイナビ・リクナビに掲載していない=「掲載できない、信頼できない会社」と思われてしまう可能性もあります。基本の就職サイトへの掲載は必ずおこないましょう。

マイナビ2022の詳細はこちら

【選考~内定フォロー時のポイント】

ようやく応募した学生をどう惹きつけ、逃さないかも大切なポイントです。

1次選考から2次選考、2次選考から3次選考と選考が進む中で辞退されるケースも多くみられます。
これを防ぐため、「学生フォロー」を徹底しましょう。
小売業界では、「コミュニケーション量」も採用に比例していきます。
しっかり、一人一人の学生のフォローをおこなうことが必要です。
LINEなど学生がよく使うツールを活用すると、フォローもしやすいです。

「攻め」の姿勢と「コミュニケーション量」が大切!
ダイレクトリクルーティングサービスや就職イベントを活用し、ターゲット学生に対し、自社からアプローチをかけることで母集団形成を獲得していきましょう。獲得した学生を逃さないよう、生とのコミュニケーションを密に取り、離脱を防ぎましょう。コミュニケーションツールは「LINE」を活用することをおすすめします。

LINEで簡単に採用管理|
人事担当者が選ぶ「採用管理がしやすい」LINE連記ATS NO.1
▼LINEでのコミュニケーションツールをご検討ならこちら▼

4.小売業界採用におすすめのサービス

小売業界におすすめのサービスを「ダイレクトリクルーティング」「就職イベント(合同企業説明会)」「コミュニケーションツール」「新卒紹介」の4カテゴリーに分けご紹介します。ぜひご参考にしてみてください。

4-1.ダイレクトリクルーティングサービス

OfferBox

株式会社i-plug (アイプラグ)が運営しており、各卒年13万人以上の登録学生数を保有し、新卒採用向けダイレクトリクルーティングが一般化する以前より展開しているサービスです。登録学生に直接アプローチすることにより、従来の手法では母集団形成や採用成功に結び付かないような企業様でも積極的に活用することが可能となります。

【特徴】

  • 大手からベンチャーまで、メーカーやIT業界をはじめとする5,920社以上が導入。
  • 費用は成功報酬型で、1週間の無料トライアルも実施中。
  • 人工知能による検索システムを導入。利用企業による行動履歴を解析、ビッグデータと照合し「企業が会いたい学生」順に検索結果画面に表示。

資料請求はこちら

キミスカ

キミスカは、株式会社グローアップが運営する新卒ダイレクトリクルーティングサービスです。ナビサイトよりも圧倒的に高いスカウトメール開封率を誇ります。現在約8万5000人の登録数を誇り、21年卒者は12万人にまで増える見込みです。

【特徴】

  • インターンシップ経験などの登録フォームを充実させているため、就活早期の段階で登録をしている学生が多い。
  • 登録学生約70,000名以上で、年々増加。6割以上が、国公立・GMARCH出身の学生。
  • 採用ニーズの把握から学生集客・面談を1名で担当可能。コンサルタントによるフォローもあり。

資料請求はこちら

4-2.就職イベント(合同企業説明会)※オンライン開催含む

一人一人の学生としっかり話せる小~中規模イベントがおすすめです。

ジョーカツオンライン

上京したい学生をメインターゲットにしたツアーイベントなどをおこなっている株式会社ナイモノが運営するイベント。オンラインイベントとリアルイベントの両方を地方難関大学の学生に会いたい、成長意欲の高い地方学生に会いたいという企業におすすめです。

【特徴】

  • 上京したいと考えている学生をメインに集客したオンラインイベント
  • オンライン以外にもジョブカツツアーなど最大7泊8日のツアーイベントもおこなっている
  • 学生の参加は35名前後で時間をかけて交流ができる
【内容】
学生:オリエンテーション・学生自己紹介・参加アンケート
企業:企業紹介(30分間)※自由にカスタマイズ可能

らくらく合説|日本一気軽に参加できる合説サービス

株式会社オーダーワークスが運営する小規模イベント。SNS広告やLINEを使い多くの学生を集客しています。らくらく合説に参加する学生は、らくらく就活のLINEページからWEB面談をクリック、就活アドバイザーと面談をし、自分にマッチした内容のイベントに参加予約をおこないます。LINEとオンラインという普段学生が使うことの多いツールで簡単に合説予約できる点で多くの学生から喜ばれています。オンライン・オフラインで開催しています。

【特徴】

  • 高学歴から一般学生まで幅広い学生層を集客している
  • 開催ごとに集客学生層が異なり、理系学生・高学歴・バリキャリ女子などに分けイベントを開催している
  • 1日の参加学生数は最大30名、参加企業数は5社
【内容】
学生:質疑応答
企業:企業説明(オンライン20分・オフライン30分)

資料請求はこちら

ゼロイチLIVE|業界最安値に挑戦!月額制料金プランあり

株式会社The Unitが運営する小規模イベント。オンラインイベントをメインに開催しています。各学生団体ごとにページを作成しリファラルでの集客を実施しています。年間10,000名ペースで登録数が増えています。GMARCH・旧帝大・早慶クラスの学生が全体の半数以上を占めており、優秀な学生に出会える可能性が高いイベントです。

【特徴】

  • 中堅・中小企業志向の学生が全体の8割
  • イベント参加後の企業説明会(インターンシップ)参加率95%以上
  • 1回の参加学生数は20名前後、参加企業数2~3社
【内容】
学生:自己紹介、座談会
企業:企業プレゼンテーション、トークセッション、座談会

資料請求はこちら

4-3. コミュニケーションツール

LINEを活用した採用コミュニケーションツールを活用すると便利です。

MOCHICA(モチカ)|人事担当者が選ぶ「採用管理がしやすい」LINE連記ATS NO.1

MOCHICAは、学生や求職者とLINEでやり取りできる、チャット対応採用管理ツールです。これまでの採用管理ツール同様学生への連絡や歩留まり管理ができるのはもちろん、LINEでメッセージ送信できることが特徴です。

【特徴】

  • 簡単な操作ですぐに活用できるLINEコミュニケーションツール
  • 採用管理機能も付いているため、選考ステータスや採用状況の管理や評価の記録が可能
  • 採用支援会社の開発ツールのため、サポートに追加料金がかからず、サポート内容の手厚さが強み

資料請求はこちら

4-4.新卒紹介サービス

採用に工数がかけられない、第三者から学生に仕事の魅力を伝えてほしい。そう考えている採用担当者には、新卒紹介サービスもおすすめです。

就職エージェントneo|新卒紹介業界トップクラス、年間学生登録数18万名以上

就職エージェントneoは、2005年からサービスを開始し新卒紹介サービスを業界でもいち早く実施していました。学生登録数も非常に多く、企業様のご要望に応じた学生のご紹介が可能です。

学生が登録後には面談をおこない、希望業界や希望職種などをカウンセラーがヒアリングした上で企業様とのマッチングをおこなっています。そのため、ご利用企業様の求めるターゲットや人柄を理解した上でご紹介しています。

【特徴】

  • 年間学生登録数18万名以上、内定獲得支援件数年間4,900件以上の実績
  • 自社メディア、大学との連携、各地拠点からの集客などにより全国各地の学生との出会いを提供している
  • 対面面談によるスクリーニングと企業マッチが強み

資料請求はこちら

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、小売業界で採用を成功させていくポイントをご紹介いたしました。
「新卒採用」といっても業界によって、適したツールが異なることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

同じ小売業界でもエリアや企業規模になっても戦略を変えていく必要があります。
自社にマッチした採用戦略を知りたい方は、プロにご相談されることをおすすめします。

本記事が少しでもお役立てば幸いです。

小売業界の新卒採用手法について理解はできたが、

自社では具体的にどのような手法をとればいいのか分からない。
より詳細な情報を知りたいという方はご相談ください。

小売業界の採用について相談する