求人検索エンジンとは?|代表的な8サイトの特徴・料金の比較一覧表

中途採用

「仕事探しはIndeed~♪」のフレーズで有名なIndeedのCMをご覧いただいた方も多いのではないでしょうか。

Indeedは、マイナビやエン転職などの求人サイトとは違い、求人情報に特化した検索エンジンとなっています。

Indeedに代表される求人検索エンジンですが、実は他にも「Googleしごと検索」「 Careerjet(キャリアジェット)」「求人ボックス」「スタンバイ /Yahoo!しごと検索」など複数あります。

そこで、今回は徐々に認知度があがっている求人検索エンジンの概要から、それぞれのサービス比較10選、料金形態、事例までを詳しくご紹介します。

1.求人検索エンジンとは?

新しい採用手法の1つである求人検索エンジンですが、どのような仕組みになっているのか、料金形態はどのようなものになっているのか、あまり知られてはいません。

この章では、求人検索エンジンの概要から、メリットとデメリットを解説します。

1-1|求人検索エンジンの概要

求人検索エンジンとは、簡単に説明すると求人に特化した検索エンジンです。

例えば、GooleやYahoo!などを利用し検索する際に、下記のような検索窓から、知りたい言葉や情報を入力し、検索されるかと思います。

求人検索エンジンとは、GoogleやYahoo!と同じような検索エンジンに求人情報が集約されたものを指します。

ほとんどの求人検索エンジンサイトは、「職種」と「勤務地」を入力して、求人を探すものが多いです。

例えば、Indeedの場合キーワード(職種・キーワード・会社名)と勤務地(都道府県名・市区町村名)で検索できるようになっています。

そのため求職者がワークライフバランスを重視されていた場合には下記のような検索をかけることもできます。

Indeedは他にも、企業口コミや給与検索などが検索できるページもあるなど、求職者にとって使いやすい求人検索エンジンとなっています。

1-2|求人検索エンジンの仕組み

では、求人検索エンジンの仕組みはどのようなものなのでしょうか?

求人検索エンジンが、インターネット上にある求人情報を集約し、まとめて見ることができるのは、クローリングをしているからです。

クローリングとは?

「クローリング」とは、検索エンジンロボットがネット上の採用情報を巡回し、企業のHPや、求人サイトから情報を集めて集約します。
そのため、クローリングされるためには、検索エンジンロボットに読み込んでもらえる条件にする必要があります。
 

また、求人検索エンジンサイトは、クローリングだけではなく、直接サイトに投稿して掲載する方法もあります。

求人検索エンジンについてのご相談・お問い合わせはこちらから

・求人検索エンジンのクローリングの条件が知りたい

・どこから直接投稿すればいいのか知りたい
・求人内容はどのように記載すればいいのか知りたい

などのご相談・お問い合わせを承ります。

求人検索エンジンの資料請求はこちらから

1-3|求人検索エンジンのメリット

求人検索エンジンのメリットとはどのようなものがあるでしょうか。ここでは、詳しく解説していきます。

採用コストが安い

一般的に人材紹介を利用すると60万~、求人サイトに掲載すると30万~など高額な採用費用がかかります。

しかし、求人検索エンジンの掲載料金は無料になっているものがほとんどです。

自社の採用HPに載せている情報やすでに掲載している求人サイトから、自動でクローリングしてくる仕組みを利用して掲載するか、各求人検索エンジンサイトに直接投稿するため料金がかかりません

しかし、何もしていないと求人検索エンジンから応募が入ってくることは難しいです。そのため、上位にあげるために有料課金をするなど、様々な運用が求められます。

全職種・全雇用形態に対応なので、求職者に発見してもらいやすい

自社の採用HPに載せている情報やすでに掲載している求人サイトから情報を引っ張ってきているため、複数のサイトで求人情報を公開している企業や、複数職種での募集をしている企業は、求職者から発見されやすくなります。

また雇用形態も、正社員・契約社員・派遣・アルバイト・パートなどさまざまな雇用形態の求人情報が網羅的に掲載することができます。

地方求人に強い

求人検索エンジンは地方採用にも強いです。求人サイトや人材紹介は、首都圏などに集中されやすく、地方の求人掲載があまりないのが現状です。

しかし、求人検索エンジンは、クローリングを利用しているため地方の求人情報も多く掲載しています。

そのため、地方で仕事を探されている求職者の利用が増加しており、応募されやすくなっています。

1-4|求人検索エンジンのデメリット

いいところづくしと思われる求人検索エンジンには、デメリットもあります。ここでは、デメリットに関しても説明していきます。

運用には知識がいる

求人検索エンジンで効果を出そうとなると、知識が必要です。

クローリングで自動的に掲載されている企業が多いため、自社の求人情報が埋もれてしまう可能性があるからです。

より発見されやすくするには、有料掲載に切り替える、毎日運用する担当者を決めるなどの工夫が必要になっていきます。

求人情報の更新が必要

求人検索エンジンサイトには、求人情報が更新されないと、表示回数が減ってしまうものもあります。

そのため、こまめな求人情報の更新や、惹きつけやすいキーワードを入れるなど、求人情報の記載方法のテクニックも身につけなければなりません。

クローリングされるためには条件がある

求人検索エンジンがクローリングするには、様々な条件があります。自社HPに求人を掲載していても、条件に当てはまらなくては読み込んでもらえません。

クローリングされるかは、求人検索エンジンサイトによって違いますが、ほとんどの求人検索エンジンサイトのクローリングの条件が「HTML形式で、1職種1勤務地1URLのルールに則って各ページのURLがわかれている」となっています。

2.求人検索エンジン9選と料金形態

 

1章では求人検索エンジンの概要や仕組みについて解説いたしました。

2章では、実際の求人検索エンジンの特徴や料金形態について解説していきます。

2-1|Indeed(インディード)の特徴・料金

 

Indeed(インディード)の特徴

求人検索エンジンの中で1番の知名度を誇るIndeed。月の利用者数は2,000万人を超えました。求人サイト大手であるリクナビNEXTでさえ、月の利用者数が200万人なので約10倍以上の方に閲覧されています。

またIndeedは求人件数も圧倒的にあり、正社員求人なら80万件以上、アルバイト求人は90万件以上の求人情報が掲載されているため、SEOの上位に表示されることも特徴です。

Indeed(インディード)の料金形態

無料掲載 あり
有料掲載 あり
クリック課金
クリック単価 15円~999円
URL https://www.neo-career.co.jp/humanresource/middlecareerservice/webad/indeed/

Indeedの資料請求はこちら

2-2|求人ボックス

求人ボックスの特徴

求人ボックスを運営するカカクコムは、他にも「食べログ」や「価格.com」などのサービスを長年運営している実績があります。

これらのサービスを運営してきたなかで培った、ノウハウやコンテンツ制作力を活かし、ユーザー目線に合わせた使いやすい設計をおこなっています。

地域や雇用形態に関わりなく、さまざまな求人を偏りなく掲載しており、ユーザーの多様なニーズに対応しています。

求人ボックスは国内最大級である300万件以上の求人を掲載しており、ユーザー数は400万人をこえています。

求人ボックスの料金形態

無料掲載 あり
有料掲載 あり
クリック課金
クリック単価 50円~100円
URL https://www.neo-career.co.jp/humanresource/middlecareerservice/webad/kyuzinbox/

求人ボックスの資料請求はこちら

2-3| Careerjet(キャリアジェット)

 Careerjet(キャリアジェット)の特徴

キャリアジェットは、世界90カ国28言語以上で利用可能な世界最大級の求人検索エンジンです。

そのため、「今住んでいる国とは別の国で働きたい求職者」の目にとまる可能性が高くなっています。

日本語だけでなく、英語の求人も用意すると、今までとは違う層の求職者からのエントリーが期待できるかもしれません。

また、求職者がメールアドレスを登録すると、希望条件にマッチした求人が掲載された際に、通知がとぶようになっています。

そのため、「求人情報を掲載したのに、求職者から気が付いてもらえない」ということが少ないです。

Careerjet(キャリアジェット)の料金形態

無料掲載 なし
有料掲載 あり
クリック課金
クリック単価 10円~
URL https://www.careerjet.jp/

Careerjet(キャリアジェット)の資料請求はこちら

2-4|スタンバイ /Yahoo!しごと検索

スタンバイ /Yahoo!しごと検索の特徴

スタンバイ /Yahoo!しごと検索は、掲載求人数は常時900万件を超えている、日本最大級の検索エンジンです。

1番の特徴は「スタンバイ」に求人を出稿すると、「Yahoo!しごと検索」にも同時掲載されることです。

さらに、「Yahoo!しごと検索」はYahoo!から専用の誘導枠を持っています。Yahoo!で求人検索をすると、検索結果とあわせて「Yahoo!しごと検索」の求人情報も結果画面に表示される仕組みとなっています。

スタンバイ /Yahoo!しごと検索の料金形態

無料掲載 あり
有料掲載 あり
クリック課金
クリック単価 20円~
URL https://www.neo-career.co.jp/humanresource/middlecareerservice/webad/standby/

スタンバイ /Yahoo!しごと検索の資料請求はこちら

2-5|Googleしごと検索

Googleしごと検索の特徴

Google しごと検索は、2017年6月にGoogle for Jobsとしてアメリカで発表され、その後、世界中に広まっている求人情報の新しい探し方です。

求人情報を探しているユーザーに対してGoogleがウェブ上の転職・求人情報サイトや企業の採用ページなどから求人情報を探して検索結果の上位にわかりやすく表示します

そのため求職者は[新宿 アルバイト][薬局 短期アルバイト]など使い慣れたGoogleの検索ボックスにキーワードを入力するだけで、ニーズにあった求人情報を得ることが可能になります。

また、Googleしごと検索は広告ではありません。上位表示するために課金をするということは基本的にはできないといった特徴があります。

Googleしごと検索の料金形態

無料掲載 あり
有料掲載 なし
URL なし(検索ワードによって表示される)
Googleしごと検索について詳しく知りたい方はこちら▼

2-6|Simply Hired

Simply Hiredの特徴

simply Hiredは2005年にリリースされ、2016年に株式会社リクルートホールディングスがを保有しております。

100 社以上の求人サイトに求人を掲載できることが特徴です。しかし、現状ではIndeedと連携をしており、求人を掲載するには、Indeedのアカウントを使って作成する必要があります。

そのためSimply Hiredは、Indeedに掲載するための入り口の1つと考えて問題ないでしょう。

また、求人検索エンジンサイトには珍しく直接投稿ができません。

Simply Hiredの料金形態

無料掲載 あり(Indeedと連携)
有料掲載 あり
クリック課金
クリック単価 非公開
URL https://www.simplyhired.jp/

2-7|Jooble

Joobleの特徴

Joobleはヨーロッパ・インド・ロシアを中心に、全世界61カ国で展開しており、28言語の検索に対応しています。

日本では2011年から展開していますが、あまり認知度がないことも影響し、翻訳が正しく表示されていないなどのデメリットもあります。

しかし世界では月間訪問数3,000万と多いため、ヨーロッパを中心に仕事を探したい求職者にとっては、メリットがあります。

Joobleの料金形態

無料掲載 あり
有料掲載 あり
クリック単価 非公開
URL https://ja.jooble.org/

2-8|仁王

仁王の特徴

仁王の特徴は、25,000社以上の採用ページに掲載されている求人情報に加え、求職者にピッタリの企業を探すことができるシステムがあることです。

仁王独自の基準で企業と求人情報にランク付けをしています。

また、企業の年収や評価の口コミ情報の公開も開始され、より求職者目線に寄り添った求人検索エンジンとなっています。

仁王の料金形態

無料掲載 あり
有料掲載

あり
・テキスト広告 ・メルマガ広告
・バナー広告・メルマガ広告など

URL https://nioh.jp/index.html

3.求人検索エンジンの一覧比較

2章では、代表的な求人検索エンジン8つをご紹介いたしました。

この章では、求人検索エンジンを項目ごとに一覧表にしました。ぜひ、求人検索エンジンのご検討にお役立て下さい。

求人検索エンジンのご利用をご検討の方へ

Indeedをはじめとする求人検索エンジンは、仕組みは同じでも、クリック単価や掲載方法に違いがあります。

特に、近年ではIndeedのクリック単価が上昇していることにより、他の求人検索エンジンを同時に活用するケースが増えてきています。

本資料では、代理店の立場からさまざまな求人検索エンジンの特徴を比較。また、求人検索エンジンの仕組みについても、わかりやすく説明しています。

この資料の請求はこちら

3-1|求人検索エンジン料金比較

無料掲載・有料掲載を求人検索エンジンごとに一覧比較表にまとめました。


3-2|求人掲載数比較

求人掲載数を求人検索エンジンごとに一覧比較表にまとめました。

3-3|知名度比較

知名度を求人検索エンジンごとに一覧比較表にまとめました。

4.求人検索エンジンの採用成功事例

求人検索エンジンの概要やサービスについて紹介してきましたが、最後に採用成功事例をご紹介します。

実際にどのように採用をおこなっているのか、ご参考になりましたら幸いです。

4-1.Indeedの採用成功事例

背景

店舗拡大にあたり店長候補になる人材の採用を検討されていました。
今までもIndeedを活用していらっしゃいましたが、効果的な使い方ができているのかという不安をお持ちだったようです。より効果の出る方法はないかと、模索されていました。

改善ポイント

・「直接投稿」という掲載手法をとられていたため、応募率が低かったのではないかという考えのもと、自社採用サイトをきちんとスマホ対応。そして、クローリングされやすいIndeedライクな仕様のHPに変更しました。

・そもそもレポートなどの見かた・クリック課金型広告の考え方・Web用語がわからないといった課題を抱えていらっしゃったため、基礎的な知識の部分からサポート。配信したい時間帯に広告が表示されるよう予算配分の調整をおこないました。

結果

Indeedの求人掲載・広告運用をご理解いただいたことにより、応募数はそれまでの1.3倍になり、ターゲットである35歳以下の応募数が40%も増加しました
また、応募単価・採用単価にもそれぞれ改善が見られるようになったことで、大変ご満足いただきました。

現在では、他の職種に関してもIndeedを活用し募集をおこなっていただいております。

>事例の詳細はこちら

4-2.求人ボックスの採用成功事例

背景

神奈川県にあるタクシー事業をされている企業様です。

今まではIndeedを利用して通年で採用活動をおこなっていましたが、年々クリック単価が高騰。よりコストをかけなくては、応募がこない状況になっていました。

改善ポイント

・自社の求人原稿を修正し、入社社してからどのような研修をどれくらいの期間おこなうかを詳細に記載
さらに、研修期間中も月給を保障することや、二種免許の取得に必要な費用は会社が全額負担することも記載し、給与面についても、不安を払しょくするように工夫しました。

・採用ページから離脱したユーザーに対しては、追いかけで企業の広告を表示するように改善しました。

結果

目標通り、タクシードライバー1名の採用に成功。

また、Indeedではクリック単価が200円まで上がっていましたが、求人ボックスでは80円にまで削減することができました。

>事例の詳細はこちら

5.まとめ

求人検索エンジンは、ネット上の求人情報を集めて検索結果に表示する仕組みになっているサイトのことを指します。

求人検索エンジンは、採用コストをおさえつつ、求職者からの発見率を高めることができますが、運用などの業務負荷は増えるかもしれません。

そのような際には、運用をしてくれる代理店の依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

また、各求人検索エンジンサイトによっても特徴があるため、どれが自社に合っているのか相談してみるのも良いでしょう。

ぜひ「既存の採用手法に行き詰まりを感じている」「新しい方法を試してみたい」という企業様は、一度検討してみてください。

求人検索エンジンについての資料請求はこちらから

このノウハウで紹介されたサービスの資料請求はこちら

  • Indeedの

  • OwnDyの

  • スタンバイ・Yahoo!しごと検索の

  • 求人ボックスの

資料を一括請求

ご相談・ご質問はこちらから

03-5908-8005

平日 9:00~12:00/13:00~18:00