新卒サービス / 適性テスト

タンジェント

 

同じ業界であっても、会社の理念や社風、取り扱う商材によって人のパフォーマンスは変わります。企業・組織にはそれぞれに特徴があります。社員を分析することで、「貴社はこのような特徴があるため、こういった人材がマッチします」というような「組織独自の採用基準」を作成します。その基準を設計することで、採用時に貴社に合う人材を見極められます。

こんな方におすすめです

  • 自社の特徴を分析をしたい方
  • 新卒の離職率が高くて悩んでいる方
  • 選考時に学生の個人特性を分析したい方

tanΘ(タンジェント)とは

「tanΘ(タンジェント)」は株式会社シンカがこれまで、長年組織の採用コンサルティングを行ってきた中で得たノウハウを元に、AGP社と共同で開発したweb適性検査です。この診断ロジックは、国内で3,000社を超す実績を持つCUBICのロジックを元に開発されています。

組織と個人のマッチングを最適に設計する適性検査を提供しています。組織にある特徴を分析し、貴社独自の採用基準を設計することで、将来活躍できる人材像を特定化することができます。

tanΘ(タンジェント)の特徴

測定による個人特性の把握が可能

tanΘの測定項目は、「性格」「欲求」「思考タイプ」といった基本的に開発・克服がされにくいといわれるもので、個人の潜在意識や資質、適性といえます。 これらの個人特性を把握することで、企業の採用基準にマッチしているかを把握することができます。

ハイロー分析で組織の特徴を認知

組織の特徴をより正確に分析するために、ハイパフォーマだけの分析ではなく、ハイロー分析を推奨しています。ハイロー分析をすることにより、組織ごとに異なったオリジナルの採用基準を定めたり、配属の適正に活かしたりすることができます。

【ハイロー分析】
ハイパフォーマとローパフォーマがそれぞれ持っている個人特性の差が大きい要素をその組織の特徴とみなします。

お得な定額制プラン

tanΘを活用していただく際、「従量課金制」「年間定額制」といった2種類の料金体系があります。「従量課金制」は通常の適性検査と同様に、サービスを利用した時間に応じて料金を課す方法です。これに対し、定額料金でいくらでもサービスの利用ができる「年間定額制」 を活用することで、受検者数を気にすることなく、選考の早い段階から活用することが可能です。 新卒採用だけでなく中途採用や現有社員に対しても実施可能なので、大企業には年間定額制をお勧めします。 

活用方法

タンジェントの適性検査は、採用時だけでなく内定フォローや入社後研修など一連の流れを通して、活用することができます。

採用された人材が現社員となり、さらには戦力としてどのように変わっていったかを時系列でデータ追跡ができ、当初の採用基準が合っていたかどうかといった検証をすることができます。その検証をもとに、採用基準を修正していくことも可能です。

料金

ここでは、適性検査の「月額従量制」「年間定額制」の料金体系をご紹介します。

その他にも、コンサルティングサービスや能力検査などのマークシート受検、採用管理システム連動などのサービスも提供しています。

導入事例

導入事例はこちらからご覧ください。

ご相談・ご質問はこちらから

03-5908-8005

9:30 ~ 18:30 平日