新卒採用|文系・理系学生のそれぞれの特徴と長所を引き出すための選考とは?

新卒採用|文系・理系学生のそれぞれの特徴と長所を引き出すための選考とは?

  • 新卒採用
  • 人材紹介
  • 母集団形成・ターゲットからの応募確保

更新日:

新卒採用

新卒採用|文系・理系学生のそれぞれの特徴と長所を引き出すための選考とは?

新卒採用を検討する際、文系学生・理系学生に分け、採用したい人物像を考える採用担当者も多いかと思います。

しかし「文系学生・理系学生それぞれにどのような特徴があるかはわからない」といった担当者もいらっしゃるのではないでしょうか?

本記事では文系と理系学生の特徴やそれぞれの長所を引き出すための選考方法をまとめています。また文系・理系それぞれの新卒採用に活用できる、新卒紹介サービスも紹介していますので、参考にしていただけると幸いです。

 

 

このようなお悩みはありませんか?

就職エージェントneo|ロゴ

「マンパワー不足で、面接や説明会に工数がかけることが難しい。」
「他の手法も利用しているが、それでも採用人数が足りていない。」
「急に発生する内定辞退にすぐに対応したい。」

上記のような課題感のある企業様におすすめです!

1. 文系学生編

文系イラスト

1-1.文系の主要な学部

  • 文学部
  • 経済学部
  • 経営学部
  • 法学部
  • 外国語学部
  • 教育学部
  • 商学部
  • 社会学部   etc.

1-2.文系学生の特徴

愛社精神が育ちやすい

文系の学生は、冷静に考えて行動するよりは、直感的な衝動によって行動するタイプが多いでしょう。

また理系学生と比べると、ストレートに感情を伝える傾向があり、情熱が表面に出やすく、自分の想いが周囲に伝わりやすい傾向が見られます。

文系学生は理系学生と比べると、専門的に知識が少ないこともあり、一通り仕事ができるようになるまでに時間がかかることが多いですが、その分吸収力があり、愛社精神が育ちやすい傾向にあります。

気配り上手で、人付き合いを得意とする

文系学生は理系学生に比べ、ゼミや研究室などで大学に拘束されることが少なく、サークルやアルバイトなどの団体組織に所属することにより幅広いコミュニティ、年齢層の人と接する機会が多くあります。

そのため空気感を大事にし、人との距離をはかりながら上手にコミュニケーションをとれる学生が多いように感じます。気配りが上手な学生が多いのも文系学生の特徴かもしれません。

一方、理系学生は、自分の頭の中では、言いたいことが整理されているのですが、それを人に伝えるためにアウトプットすることが苦手な印象があります。

細かいことを気にせず行動に移すことができる

文系学生は、答えが明確ではない学問に取り組むことが多いため、多少曖昧なとことも受け入れ態勢が強く、細かいことにまでは追求せずに物事を進めていく傾向があります。

つまり文系学生のほうが、ややフットワークが軽いといえるのではないでしょうか。

2.理系学生編

理系イラスト

2-1.理系の主要な学部

  • 農学部
  • 医学部
  • 薬学部
  • 理学部
  • 工学部
  • 理工学部
  • 歯学部   etc.

2-2.理系学生の特徴

「なぜ」を追求し、PDCAを回すことができる

理系分野の研究では、常に「問題提起」「仮説を立てる」「実験・検証」「結果分析」「改善」という行動を繰り返しています。

実験・研究の結果が思ったようにいかないときにも、フローのどの段階に問題があったのか、データを読み違えていないかを仮定し、一つひとつの要因を検証しながら前進します。

つまり、理系学生は学生時代から、日常的に「PDCAサイクル」を回すための思考力を鍛えています。これにより理系人材は文系人材に比べて、ゴールに向かって進んでいくだけでなく、ゴールから逆算をし、原因を深堀しながら物事を進めることが可能です。

ロジカルシンキングを得意とする学生が多い。

一般的に、理系学生は「論理的思考」「地頭の良さ」「数字への強さ」などがあるといわれます。
学生時代から、プロセスごとに解を見出す経験をしているので、与えられた条件から最適なルートを探し出そうとする力や、最適なルートを探し出そうとする力があります。

また身につけたノウハウやスキル、フレームワークなどを活かして、イノベーションを起こしたいと思っている学生が多い傾向にあり、既存のモノより使いやすい新しい製品をつくり出そうという意欲が文系学生に比べて強いイメージがあります。

強い精神力・忍耐力・集中力を持っている。

理系学生は、全ての物事に対して、学術的知見を活かし、考察・分析を繰り返していることが多く、何事も落ち着いて受け止め、真面目に答える方が多いでしょう。そのため理系学生に対し、「物静かで穏やか」「草食系」といったイメージを持つ方も多いでしょう。

しかし、理系学生の多くは、所属する研究室やゼミで夜遅くまで自身の研究課題と向き合い、「最後までやりとげる」といった強い精神力、忍耐力を備えています。

「理系学生」は体育会系の学生とは違った意味での「メンタルの強さ」があるため、業務に置き換えると、泥臭い仕事をやりきる力が備わっているといえるでしょう。

 

関連記事【学生に聞いた!】理系学生就活事情徹底調査|理系学生を採用するには?

理系学生の就活動向

 

➤ 記事内容一部紹介

1.理系学生採用の近況|理系学生の需要は増加している
2.理系学生の強みとは?
3.理系学生の採用方法|理系学生にはこうアプローチするべき!
4.理系学生採用サービス

3. それぞれの長所を引き出せす選考方法

ここでは、文系・理系学生を面接するうえで、それぞれの長所を見るために参考になりそうな選考方法を調べてみました。

3-1.プレゼンテーション選考( No.1採用・ソフトバンク)

文系学生は、理系学生に比べてプレゼンテーションが上手いイメージがあります。実際に文系学生はコミュニケーションをとる機会が理系学生より比較的多いのでその傾向が見られます。

 

プレゼンテーション選考では学生の多様な能力を見極めることが可能です。例えばピーチ力まとまり力時間管理能力などプレゼンテーションは短い時間でも実は学生の側からみれば様々な能力を発揮できるチャンスなのです。

4-2.逆質問

逆質問面接をおこなうと、学生の論理的思考を見極めることができます。

 

突然振られた問題に対してすぐに対応できるかどうか、自分が欲しいもの・聞くべきことを把握できているかどうか、企業についてちゃんと事前に調べたかどうか、全て知ることができます。

 

また、学生の質問からは学生のニーズも垣間見えてきますので、逆質問はお互いに情報交換と能力見極めができるいいコンテンツになります。

3-3.パズル面接(マイクロソフト)

マイクロソフト独自でおこなわれているユニークな人材採用試験「パズル」。正しい答えがあるのもないのもあって学生を悩ませるも、かなりハマってしまう試験になっています。

 

超難問をいくつクリアできるかで学生のブレインの部分をみることができます。このような手法で学生に企業に関する業界の手強い問題を出題し、学生の解読力を試してみるのも悪くありません。

 

必ずしも正確を当ててほしいわけではなく、学生がどこまで考えたか、正解を解くためにどれくらい粘り強くトライしたのかを知ることができます。

文系ならば知識力のアウトプット力、理系ならばロジカルシンキングを活用した思考の深め方など、学生の適正を見極めるためには最適です。

3-4. 人狼採用(サーチフィールド)

ゲームで人の性格がわかります。

 

特にここ最近流行りの人狼ゲームはコミュニケーション能力や推理力や説得力など数々のスキルを一気に見ることができる面接手法にも使える優れたゲームではないでしょうか。

 

実際に2015年にサーチフィールドという会社が新卒採用の選考に導入しています。既存社員と一緒に遊びながら学生個人の総合能力を見極めます。

理系学生でいうと推理力、文系学生でいうと説得力、どちらも強みを存分にアピールできます。

3-5. スリーステップのユニーク採用(三鷹光器)

「第3回ものづくり日本大賞 内閣総理大臣賞」を受賞している三鷹光器さんの『焼き魚採用』はご存知でしょうか?

実はその採用方法がとてもユニークでテレビに取り上げられていたこともあります。それがこちらです。

 

STEP 1「焼き魚定食を食べること」

STEP 2「模型飛行機を作って飛ばすこと」

STEP 3「電球をデッサンすること」

この3つのタスクが採用試験になります。それぞれ採用可否を定める基準があります。

また模型飛行機を作る、デッサンを描く、それぞれのプロセスで、文系と理系の特徴を見極めることができる採用になっています。この2点に加えて最初のステップ「焼き魚定食を食べること」から、基本のマナーや手先の器用さが見ることができます。

4. サービス紹介

サービス選び

 

文系学生・理系学生の登録者が多い、紹介サービスをご紹介します。新卒採用の手法の一つとして参考にしてください。

4-1. 就職エージェントneo│文系学生支援において業界最大級の実績を誇る

就職エージェントneo|ロゴ

サービスの特徴
● 年間約18万人の学生登録者数
● 10,000社を超える企業が利用
● 15,000円/一人でイニシャル課金型の送客サービスを提供(希望スペックや人数によるため要問合せ)
● 文系学生の就活支援実績、業界トップクラス

4-2. 理系就職エージェントneo|理系学生に特化した新卒紹介サービス

理系就職エージェントneo|ロゴ

 

サービスの特徴
  • ● 地方在住の理系学生の就活にかかる交通費・宿泊費を支給していることもあり毎年多くの学生からの登録がある
  • ● 電話・オンラインでの説明会・面接が実施可能
  • ● 平均4名の学生に会えば1名入社、業界において極めて高い決定率

4-3. unistyle|登録学生の約70%がG-MARCH以上!高学歴学生特化型サービス

unistyle|ロゴ

 

サービスの特徴
● 年間約8万人の学生登録者数
● 東大・早稲田・慶応の3人に1人が利用する就活支援サイトも運営
● 採用ターゲットに合致した学生を、説明会や選考へ動員する送客サービスも可能
● 文系理系問わず、高学歴学生の紹介・送客可能

5. さいごに

さいごに|イメージ画像

いかがでしたでしょうか。文系・理系の学生はそれぞれに独特な強みがあります。それぞれの強みを引き出すためにも、上記で紹介したオリジナリティのある選考手法を導入してみてもいいかもしれません。

 

また現在、新卒採用・地方学生採用・理系学生採用・高学歴学生の採用等にお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ下記ボタンからお気軽にお問合せください。

 

内定者フォローのポイントは_認知と体験のバランス

 内定者フォローにお困りの採用担当者様必見! 

どうして内定辞退が発生してしまうのか、原因から対策方法までさまざまなデータを分析し、内定者フォローのポイントを本資料にまとめています。
ぜひダウンロードの上ご確認ください。

この事例・記事に関わった営業担当

新卒採用を通して企業成長のご支援を

一貫して人材紹介に従事しており、社長賞をはじめ多く賞を受賞。現在では、採用ウェビナーなどを通じて、複数企業様の採用支援にも携わっております。新卒採用に課題のある企業様は、ぜひお気軽にご相談ください。

名前

平原/新卒領域

得意領域
  • 新卒の母集団形成施策

  • 学生の動向理解

この営業が携わった他の事例・記事を見る