保育士の新卒採用手法|就職活動の変化やスケジュールをご紹介!

新卒採用

人手不足といわれる中で、特に保育業界の人手不足は深刻になっています。厚生労働省の保育士の有効求人倍率の推移をみてみると、平成29年10月には有効求人倍率は2.76倍となったことがわかります。( 就職プロセス調査(2020年卒)【確報版】「2019年9月1日時点 内定状況」)

保育士の人手不足は、働く環境や待遇の問題や保育士不足により、業務過多になってしまうことから続いております。今回は保育業界の中でも、4年生大学を卒業した新卒保育士の採用手法についてご紹介します。

1.新卒保育士の就業状況

保育士になる方法は大きく分けて2通りあります。1つは大学・短大・専門学校などの保育士養成課程で所定の課程を修了する方法。もう1つは、保育士試験に合格するという方法です。

ほとんどが学校に通い保育士を目指す中で、2年生と4年生という違いがあります。4年生の大学に通った保育士は、長い時間をかけて専門的に学んできているため、専門性が高いと高評価です。

では4年生大学を卒業し、保育士を目指す方々の就職活動の実態をご紹介します。

1-1.なぜ新卒保育士が少ないのか

保育士不足の大きな原因は、保育士全体の離職率が高く、離職後保育士として復帰しない人がいることです。また、保育士資格を取得したにもかかわらず、約半数が保育士としての就職を希望していないことです。

就業希望者が増えない理由

引用: 厚生労働省:保育士等に関する関連資料

大学卒業と同時に、保育士資格を取得しても保育士として就職しない理由としては、「責任の重さや事故に不安がある」や「保護者との関係がむずかしそう」という思いから就職を避ける人が多いようです。

引用: 厚生労働省:保育士等に関する関連資料

また、希望しない理由として「賃金が見合わない」が最も多く、次に「休暇が少ない・休暇がとりにくい」などが挙げられています。最近では、このような理由から同等の給与でも休みが取れやすい、一般事務などへの就職を望む学生も多いようです。

1-2.新卒保育士不足の解決策

このように業務に対する不安や、人間関係また待遇改善などが原因で、将来を考えられていない学生に、企業側は外部研修や待遇改善のための制度を活用しているようです。

研修制度

新人保育士を対象に、就職前と就職後のギャップを埋める対応や、保護者対応についての研修をおこなうことで、保育業務に対する不安を取り除くことができる可能性があります。

  • 研修例:新人保育士向け内容
グループワーク
新人保育士としての心構え:園の教育方針やルールの理解
マナーの基本:保護者に好感をもたれる身だしなみポイント、SNS利用の注意点
ロールプレイング
コミュニケーションスキル:言葉遣い、敬語。伝え方・きき方など。
電話対応やメールのやりとり

待遇改善

保育士の平均給与

  4大卒 短大・専門 給料の差
平均 214,442円 206,348円 8,094円
最大 285,800円 275,600円 45,000円
最小 148,000円 138,000円 894円

引用 進学羅針盤

4大卒と短大・専門卒では多少給与が異なるものの、大きな差はありません。しかし最大給与と最小で大きな差があったり、地方との差があったりするようです。

保育士の給与も徐々に改善されてきていますが、問題視される中には、実際の給与が低いというよりも業務量と給与が見合っていないという意見もあるようです。

保育士の待遇改善のための方法の一つとして、キャリアアップ研修というものがあります。研修を受けることにより保育士としての専門性を身につけることができます。また、保育士の経験年数や役職に応じて昇給が可能です。

キャリアアップ研修とは

保育士等キャリアアップ研修とは、保育士としての経験年数などの要件を満たした場合に、所定の研修を受け、技能を習得することによって、キャリアアップができる仕組みになっています。キャリアアップをすることで、処遇改善が受けられることになっています。引用:保育士キャリアアップ研修とは?

役職 要件 金額
副主任保育士

経験年数概ね7年以上/職務分野別リーダーを経験

マネジメント+3つ以上の分野の研修を修了/副主任保育としての発令

月4万円

専門リーダー

経験年数概ね7年以上/職務別リーダーを経験

4つ以上の分野の研修を修了/専門リーダーとしての発令

月4万円
職務分野別リーダー

経験年数概ね3年以上/担当する職務分野研修を修了

終了した研修分野に係る職務分野別リーダーとしての発令

月5千円

2.新卒保育士の就職活動

新卒保育士と呼ばれる学生が、どのように就職活動をおこなっているのか特徴とスケジュールをご説明します。

2-1.新卒保育士の就職活動の特徴

保育士の就職活動は一般企業の就職活動とは違う特徴があります。新卒保育士のスケジュールを把握し、採用計画をたてることをおすすめします。

4月までの早期と、10月以降の採用活動が効果的

大学の場合、卒業と同時に保育資格が取得できるため、就職活動はいつでも開始できます。しかし、学生は保育実習が4年の4月~10月の時期におこなわれることが多いため、その期間就職活動が十分にできない学生は年明けから求人を探すこともあります。

4月までの早期の準備と、実習終了後の10月以降の動きが採用成功に非常に重要です。

応募する法人数が少ない

引用: 保育学生の就職活動に関して緊急アンケート!特徴は「単願応募」

一般学生であれば数十社、数百社と受けることは当たり前と思いますが、保育学生の場合は単願応募の学生が70%を超えています。就職活動期間で応募・面接をおこなった園の数を半数が1園という回答になっています。

また、求人を探す場合も大学にくる求人票や大学の先生からの紹介などが多いことも特徴です。

保育業界は2000年より、社会福祉法人・NPO法人・学校法人・株式会社など、さまざまな法人が保育施設を運営しています。保育方針や待遇でも運営法人により差があります。細かい内容は求人票によってわかりにくいため、

求人サイトやフェアなどが最近では人気になっています。

2-2.新卒保育士の就職活動スケジュール

業界研修・情報収集:3年1月~2月

この時期に学生はさまざまな求人を見て、自分の理想の求人を探す時期になります。就職ナビや大学求人などの情報収集がメインのため、できる限り情報をこちらから発信することが重要です。

説明会参加:3年3月~4年4月

法人や新設園を計画している法人などが、3年生の3月~4年生の4月に説明会をおこなうことがあります。

園の運営や、方針、働き方や待遇面などを直接聞ける機会が少ないため、この時期の説明会の学生参加率も高くなる傾向があります。

実習:4年6月~10月

保育園などの児童福祉施設の実習は4年の6月~10月におこなわれることが多いです。

実習期間は課題なども多いため、ほとんど就職活動できないため実習後から面接を受けていきます。

内定は年度末~2月頃が最も多い時期になります。

2-3.新卒保育士の就職活動手法

引用: 株式会社ネクストビートビートアンケート調査

保育士バンクのアンケートによると、保育学生の情報収集方法もここ数年で変化していることがわかります。2年前までは学校の求人票と学校の先生からの紹介で、8割の学生が就職活動を終えていました。しかし、2019年のアンケート結果では、就活サイトや合同説明会への参加が多くなっています。

3.保育士の新卒採用で利用できるサービス

保育学生の就職活動は一般学生と比べて特徴的なことがわかります。では、新卒保育士を採用するにあたって有効的なサービスをご紹介します。

3-1.就職サイト

保育Fine!

お問い合わせはこちら

強み・特徴

 

業界特化型サイト:保育士の採用に特化したサイト

成功報酬型:何名採用しても採用費はプラスで一切かかりません。

 最低応募数に満たない場合は自動掲載延長制度

オペレーターによりサイト利用促進:専属のオペレーターから登録した求職者へご連絡

 

掲載型と紹介サービスも利用可能です。

マイナビ保育士

お問い合わせはこちら

強み・特徴

 

業界特化型サイト保育士の採用に特化したサイト

首都圏に強い採用:首都圏の求人数はトップクラス。地方にも求人はあります。

 

掲載型と同時に紹介サービスも利用可能です。

3-2.保育ひろば 就職フェア

お問い合わせはこちら

強み・特徴

高いマッチング率:経験豊富な地域専属のコンサルタントが全国にある施設と求職者をマッチング

入職決定までの期間:登録から決定まで平均1~2週間

・保育士専門の就職イベント:累計300園を超え

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

新卒保育士の採用スケジュールについて動向や動き方についてまとめてみました。特徴的な就職活動をおこなう点で企業側としては、時期に合わせた求人公開をおすすめします。

今回ご紹介している各種サービスのご相談はこちらから

今回ご紹介した手法についてのご相談は下記から可能です。

新卒採用に関するご相談はこちらから

保育士業界の採用のスペシャリストが、採用スケジュールの設計から、就職サイト選定、イベントのご提案など、貴社の採用活動に合うものをご提案することが可能です。他社での実績を元に最適なプランニングをおこないます。

お問い合わせはこちら

この記事に関するキーワード

篠原真都加

ネオキャリアに2014年に中途入社し、リクルーティングメディア事業部に配属。企業様の中途採用をご支援を3年続け、大阪から東京へ。東京ではデジタルマーケティング事業部として、各企業のオウンドメディアを活用し、採用マーケティングで企業の課題を解決!2019年より本格的にマーケティング領域に挑戦ことを決め、日々奮闘中です!

SNSで採用の最新情報をお届けいたします。

ご相談・ご質問はこちらから

03-5908-8005

平日 9:00~12:00/13:00~18:00