販売・サービス業界の新卒採用成功法|学生の業界イメージを変えるコツ

販売・サービス業界の新卒採用成功法|学生の業界イメージを変えるコツ

  • 新卒採用
  • 求人サイト
  • 女子学生
  • 販売・小売
  • 大量採用

更新日:

新卒採用

新卒採用の母集団形成で悩まれている業界で、特に販売・サービス業界の企業様が多いのではないでしょうか。今回は業界の実態を調べてみました。

毎年就職希望学生数自体が減っている中で、どのようにして母集団形成をしていくべきか、またどのように他社と差別化をすると効果的に採用できるかをご紹介します。

 

内定者フォローにお困りの採用担当者様向け、お役立ち資料

新卒採用の課題の一つにあげられる『内定者辞退』ですが、どうして内定辞退が発生してしまうのかを考えることが重要です。

原因から対策方法までさまざまなデータを分析し、内定者フォローのポイントを本資料にまとめています。

ぜひダウンロードの上ご確認ください。

 

1.販売・サービス業界の採用の現状

サービス職写真

20卒の販売・サービス業界に対するイメージ調査結果からみると、学生が業界に対して就職先としてどのように考えているのか、また業界全体として何が課題なのかを把握して採用手法を考えていく必要があります。

1-1.学生の販売・サービス業界イメージ

就職先として業界を考えたときに、その業界のイメージは変わったか

 

  • 専門店

 

  • フードサービス

引用: 2020年卒マイナビ大学生業界イメージ調査

20卒向けにおこなったマイナビ大学生業界イメージ調査の中の、専門店とフードサービスをみてみると、販売・サービス界へのイメージは「もともと就職先として考えていない」割合が理系・文系問わずに全体で8%以上ということがわかります。

理由としては「将来の夢が店長ではないと思った」「勤務形態が望んでいるものでなかった」「現場からいつ抜け出せるかわからないから」などの声が多い現状です。リアが見えないことや働く環境などが、学生から敬遠される理由になっているようです。

しかし、いいイメージに変わった学生の中には、「専門店ならではの知識を勉強することにやりがいがありそう」「お客さまを大事に思う企業が多く、社員も大切にしている印象を受けたため」など専門性や会社の雰囲気に前向きな学生もいることがわかります。

1-2.学生の企業選定ポイント

どのような企業に魅力を感じるか

引用: 就活生『働き方』意識調査2019卒

株式会社i-plugは2018年1月、2019年卒の学生向けに「働き方」に関する意識調査を実施しました。

その結果、「将来性がある」を選んだ人は昨年の55.2%から60.3%にアップし、「安定した事業を続けている」を選んだ人は、昨年の45.0%から37.4%にダウンしました。安定よりも将来性を重視する傾向が強まっていることがわかります。

また、社内の雰囲気が良いということに82.8%もの学生が印象良く感じていました。学生の印象を変えるためには社内の雰囲気や、働くイメージを見せることでマイナスのイメージを払拭できる可能性があります。

働き方について気にしているポイント

引用: 就活生『働き方』意識調査2019卒

また、半数以上の学生が「長時間労働やサービス残業があるか」(64.4%) 、「有給休暇が取得しやすいか」(55.4%)を気にすると回答したことがわかっています。販売・サービス業界の土日休みでないことも採用においてデメリットになっていることがわかります。

1-3.他業界との待遇比較

初任給

新卒1年目の平均初任給は20万6,250円となっています。初任給が高い業種には、情報・通信業界などがあり平均初任給は21万円で、特にIT企業では初任給30万円を超えるケースも少なくありません。(厚生労働省:産業別にみた初任給)

初任給を高く設定する企業の理由として、設定を高くすることで多くの学生に応募してもらい、その中から優秀な学生を採用することを考えているケースもあるようです。

一方販売・サービス業界の初任給は大卒で、20万円弱スタートである場合が多く、他業種に比べるとやや低めの印象があります。

2.販売・サービス業界の採用手法

販売サービス業界の採用が、他社と比べても第一志望になりにくいことがわかります。このように採用が非常に難しいといわれている業界で、企業側はどのような方法で採用をしていくのが最適かをまとめました。

2-1.新卒の定着率をあげる

新卒採用において、販売サービス業の離職率が高い業界といわれています。大変なのに、休みが取れない」「将来働くイメージがわかない」などが大きな原因になっていると言われています。

そのような状況の企業もある中で、少しず働く環境を充実するように整えている企業も増えてきています。特に新卒採用において懸念されてきた、休日休暇や有給取得に関しては他業界と同水準になるよう改善しているケースもあります。

 

【販売・サービス業界の働き方改革例】
・残業月20時間程度、残業代100%支給
・週休2日制を徹底し、土日いずれかを休みにできるように工夫(年間休日120日以上)
・有給消化率100%

2-2.採用手法を増やす

販売・サービス業界の新卒採用の手法で、やはりメインは就職サイト・合同説明会となっております。

採用手法には、「母集団形成」「選考」「惹きつけ」というフェーズに合わせて利用するサービスが異なります。新卒紹介や惹きつけのための動画作成を取り入れている企業も増えているようです。

自社が今採用選考の中で、どの点を強化しなければならないのかを理解して、採用活動をおこなうことをおすすめします。

手法1 就職サイト:母集団形成
18卒19卒20卒
マイナビ634,707人677,372人732,498人
リクナビ599,262人698,804人708,758人

 

学生の利用率の最も高いのが、就職ナビです。利用率が高いからこそ、掲載件数も増えてきています。利用しないという企業はほとんど無いかと思いますが、オプションの使い方などの工夫が必要です。

特に販売サービス業の企業が活用しているオプションとしては、「検索連動型広告」と言われる上位表示オプションや「スカウト」昨日が有効的のようです。

検索連動型広告

リザーブシート・スマホベースアップ・優先表示の3種類に分かれています。

・リザーブシート:全てのデバイスで1週間最上位に表示されるオプションで、1週間で利用可能企業数が限定されます。時期によって費用は変動します。

・スマホベースアップ:1週間単位で購入が可能で、スマホ上でリザーブシートの次に表示されます。

・優先表示:1週間単位で購入が可能で、PC上では、リザーブシートの次、スマホ上ではスマホベースアップの次に上位表示されます。

スカウト
ハイブリッドDMの中にスカウト配信が可能なプランがあります。DMは一定の配信条件の対象者に一斉配信、スカウトは絞り込んだ対象者に個別にメールを送ることが可能です。プランによって画像を付けておくることができるなどの機能が盛り込まれています。
手法2 新卒紹介:選考

新卒紹介のメリットは、第三者が魅力的に業界や仕事について学生に伝えてくれることです。そのため、効率的に一定の志望度を持った学生と出会うことができます。また完全成功報酬型のため、初期費用のリスクもありません。

しかし、販売・サービス業の新卒採用は採用人数も多いため、新卒紹介だけで採用をおこなうと採用費用がかさむことが懸念されます。母集団は集まっているものの、採用に繋がらないといった、選考の歩留まりに悩みを抱えられている企業様におすすめのサービスです。

手法3 採用ツールの充実:惹きつけ

販売・サービス業の企業がここ数年で採用手法の一つとして取り入れてきたものが『採用動画・採用サイト制作』です。採用動画や採用サイトは応募者への魅力付けはもちろん、内定者への惹きつけにもなるため、各社が力を入れ始めています。

ではなぜこのような手法が注目されているのでしょうか。

 

言語化しにくい情報を伝え、具体的に働くイメージさせる

採用活動では、会社ホームページ・採用サイト、採用パンフレット、就職サイト、会社説明会などを通して求職者に自社の魅力をアピールする必要があります。この際に活用されるのは文章や口頭説明といった言語化された情報がメインです。

社内の雰囲気や実際の働き方などは文章で伝えることが難しく、正しく伝わらないと学生の辞退を招くこともあります。採用動画はそのような言語化しにくい情報をわかりやすく求職者に伝えることが可能であり、その企業で働くことを具体的に想像させることができます。

 

会社のブランディングにつながる

動画は自社の認知拡大やイメージアップといったブランディングに効果的です。知名度があまり高くなく応募者が集まらない企業であっても、採用動画を使ったブランディングが成功すれば母集団形成や応募者の増加が見込めます。

3.販売・サービス業界の採用成功事例

星5つの画像

母集団形成・選考・惹きつけの各課題に合わせて、どのようなサービスを利用し採用成功したのか、採用成功事例をご紹介します。

3-1.新卒紹介を利用し、インストラクターの採用成功事例

職種:インストラクター募集人数:4名
業種:フィットネスクラブのFC運営従業員数:30名以下
採用エリア:関東予算:100万円~300万円

 

課題

        • もともと中途採用のみを実施
        • 新卒採用のノウハウがない
        • 専門職のため興味を持ってもらえない
求める人物:明るく元気な学生・仕事に興味があり、学ぶ意識のある方
採用課題

中途採用ではターゲットとなり20代の応募がほとんどなく、ミスマッチも多かった企業様。

新卒採用に切り替えたことで、若年層の母集団形成が見込めるようになったものの、採用担当者様が学生に対してどのように自社をアピールしたら良いかわからず、ノウハウがない状況でした。

3-2.オプション活用でエントリー率前年対比170%アップし、採用成功した事例

職種:販売スタッフ募集人数:50名~100名
業種:携帯ショップ(専門店)従業員数:30名以下
採用エリア:関東・関西予算:500万円~800万円

 

採用課題

        • 採用人数に対しての母集団が足りない
        • 就職ナビからの採用が出来ていない
求める人物:接客業に興味のある学生。人と接することが好きな方。
採用課題

新卒採用をはじめ、1年目と2年目は順調に採用をおこなっていましたが、採用予定人数を増加した3年目からは学生が集まらず、目標人数を大幅に下回る結果となりました。

方法は前年と大きく変えていないにも関わらず、ナビからのエントリー数も大幅に落ちていることがわかり、翌年度の採用活動をどのように進めていくか非常に悩まれていました。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。新卒採用にもさまざまな手法があり、採用課題に合ったサービスの利用が重要となります。特に採用が難しいと言われる携帯販売スタッフは、学生のイメージが良くないことから動画制作などを使い、働くイメージや社風を訴求してみても良いかもしれません。

 

就職サイトNO.1マイナビ

 

就職サイトマイナビの資料ダウンロードはこちら

 

就職情報サイトNO.1といえばマイナビ*

マイナビは、多くの学生や企業様に利用されているインターンシップ・総合就職サイトです。
一般的な就職活動をおこなう学生の就職サイトの利用率はほぼ100%と言えますので、企業にとっても母集団形成のためのもっともベーシックなツールとなっています。

*(調査委託先:楽天インサイト株式会社(2019 年4 月)

この事例・記事に関わった営業担当

企業学生双方の素敵な出会いの実現を目指して

新卒で入社して以降、ずっと新卒採用支援事業に所属しています。より良い採用に向けて人事の方とご相談させていただく時間が大好きです。3年間の産休・育休で年子の女の子2人を出産し、今は育児・家庭と仕事の両立に日々奮闘しています!

名前

小泉/新卒領域

得意領域
  • 新卒採用全般

  • 内定者フォロー

この営業が携わった他の事例・記事を見る