アルバイト採用を成功させる秘訣|面接キャンセル・ドタキャン・採用辞退を防止する方法は?

アルバイト採用
 

2018年1月度の労働市場データによると、パート・アルバイトの有効求人率は1.81倍となっており、中でも飲食店のホールスタッフなどの接客業のアルバイトにおける有効求人倍率は7.77倍となっています。

その中で良くあるのが、お金をかけて求人広告に掲載し、応募があったものの、前日にキャンセルされたり、当日待っていても来なかったり……というケースです。

そこで今回は、面接キャンセルが起こる理由とその施策をお伝えしていきます。

また、業務に追われていて手が回らない採用担当者も多いと思います。そういった方には、これらの業務を代わりにおこなってくれる採用代行サービスについてもご紹介していきたいと思います。

1. 面接をドタキャンする理由とは

「なんでこんなにも面接に来ないんだ‥‥」と頭を抱えている採用担当者は多いのではないでしょうか。

以下の調査によると、面接に行かなかった理由は下記の通りとなっています。

〈参照元〉パーソルキャリア株式会社  anレポート

これらの理由を、共通する要因ごとに大きく3つに分けました。

1-1. 連絡が遅いために生じてしまったもの

1位   別の仕事に就くことが決まったため

3位   面接に行くのが面倒になったため

5位   すぐに面接の連絡がこなかったため

8位   他の用事ができたため

1-2. 採用担当者の対応が悪く生じてしまったもの

2位   その会社・お店からの応募後の対応が悪かったため

9位   下見をした結果、やめたほうがいいと判断したため

13位 面接日時を忘れていた、または間違って覚えていたため

16位 連絡方法がメールか電話かわからず、受け取れなかったため

18位 応募した会社・お店を忘れたため

1-3. 手間がかかることにより生じてしまったもの

12位 必要な書類の用意があるため

17位 面接先への行き方を調べるのが手間であるため

連絡が遅い、対応が悪い、手間がかかる
これらが面接にいかない大きな3つの要因です。

次に、この3つの要因に対して企業で取り組めることをお伝えしていきます。

2. 面接に来てもらうために企業で取り組めることは

2-1. 迅速な対応をする

アルバイトは短期的にお金が必要な場合や、すぐに働きたい人が比較的多いでしょう。

そのため、求人に応募をしてから面接までの日程に期間が空いてしまうと、求職者が別の求人へ応募したり、他の予定を入れてしまったり、気持ちが変わったりすることもあるので、自社の面接を辞退してしまう可能性が高くなります。

そのため、採用担当者は、応募が来たらすぐに応募者と連絡をとり、面接日程を調整し、すぐに面接をする必要があるでしょう。

2-2. 丁寧な対応をする

求職者が連絡した際に、採用担当者や現場で働いている従業員の対応が悪いと、求職者の働く意欲は下がってしまいます。そのため、丁寧な対応が必要となります。

また、応募してくれた求職者に対して、電話やメールで面接日時や場所をしっかり伝え、リマインドの連絡をするなど、丁寧な対応をすることで、面接がしっかりおこなわれるという安心感を与えることが大切です。

2-3. 面接の手順や必要書類などを簡略化する

面接の際に持参する応募書類の準備にかかる手間を嫌がる人もいるようです。なかには面接会場へのアクセスを調べる手間でさえも嫌がる人もいるようです

そのため、応募書類の簡略化や面接連絡時のフォローによって、応募者がストレスなく面接に臨めるよう配慮することも大切となってきます。

3. 採用代行サービスでドタキャンを防げる?

ここまで、応募してくれた求職者がアルバイトの面接に行かなかった理由と、面接に来てもらうために企業が取り組むべきことをお伝えしました。

しかし、業務に追われていて手が回らない採用担当者も多いのではないでしょうか。そんな忙しい採用担当者に代わってこれらの業務をおこなってくれる採用代行というサービスがあります。

ここからは採用代行サービスについてご紹介していきたいと思います。

3-1. そもそも採用代行とは?

採用代行とは、採用にまつわる業務を外部の企業が代わりにおこなうサービスのことで、別名「RPO(Recruitment Process Outsourcing)」とも呼ばれています。

ここではアルバイト採用に役立てる、採用代行サービスについてお伝えします。

特に、サービス業の現場は忙しいことが多く、電話の取り逃しや対応の遅れが生じている可能性があります。

このようにせっかくお金を払って求人を出したにもかかわらず、全ての求職者に対応し切れずに採用の機会を損失してしまっていることがしばしばあるかと思います。

これらの問題は、採用代行サービスを利用することで解決できます。採用代行サービスは求職者の応募対応だけではなく、面接日程の調整や、リマインドなどの業務も代行してくれるので、応募者の離脱を減らすことができるでしょう。

3-2. 採用代行を利用することのメリット

迅速な対応

365日稼働の応募受付専門コールセンターなどで丁寧な対応をおこなうので、日程調整やリマインドなどの段取りをスピーディーかつスムーズに進めることが可能となるでしょう。

プロによる対応

代行会社は多くの企業やお店の採用支援をおこなっているため、蓄積された手法やノウハウが豊富にあります。

適切かつ丁寧な対応で、応募受付や面接日程の調整、リマインドをおこなうことが可能となるでしょう。

工数削減

営業中や業務中に応募者から連絡が入り、対応に追われ、本来の業務に集中できないということはありませんか?

採用代行サービスを利用すると、電話やメールでのお問い合わせ対応、面接日程の調整や事前連絡を代わりにおこなってくれるので、採用担当者が本来しなければいけない業務に集中することができます。

3-3. 採用代行を利用することのデメリット

費用がかかってしまう

もちろんですが、採用代行サービスを利用するにはコストが生じます。

ただ、業務工数の削減によって人件費などのコスト削減につながる可能性もあるので、費用対効果を考えることが重要です。

連携を怠るとズレが生じる

自社と採用代行会社の間で認識のズレが生じると、思った通りのフローで進まなかったり、逆に工数がかかったりするかもしれません。

そのため、採用代行を利用するときには密に連携をとること、情報共有が重要となります

4. 採用代行サービス紹介

これまでお伝えしてきた採用代行サービスのメリット・デメリットを踏まえて、役立ちそうだと思った方は、ぜひ詳細をご確認下さい。

◇特徴

  • 10,000社の採用を支援したノウハウ

  • エリア別・繁忙期などの期間別など、様々なニーズに合わせた予算投下可能
  • 短期間の大量応募や土日の応対にもオペレーターが丁寧に対応

5. まとめ

今回は、アルバイト採用において面接のキャンセルが起こる理由とそれに対する解決策をお伝えしてきました。

採用代行サービスもいくつかご紹介しましたので、興味がある方はぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

このノウハウで紹介されたサービスの資料請求はこちら

  • 非公開: アルバイト採用代行(RPO)サービスの

資料を一括請求