新卒採用におすすめの送客サービスとは?活用事例とサービスもご紹介

新卒採用

近年の新卒採用マーケットをみると、売り手市場になっており母集団形成で苦労されている企業も少なくありません。

就活サイトに自社情報を掲載したとしても、「学生のエントリー数が昨年よりも減った」という状況に陥っている企業が多く見受けられます。

そこで今回は、就活サイトに頼らない有効母集団形成の手段として、『送客サービス』をご紹介します。

 

1. 送客サービスとは?

1-1.効率的な有効母集団形成が可能に

『送客サービス』とは、自社の採用ターゲットに合致した学生を、説明会や選考へ動員してくれるサービスです。

送客サービスを提供している企業では、独自の集客により、学生のタレントプールを持っています。

そのデータベースをもとに、送客依頼のある企業ごとのニーズに合致する学生に対して一斉アプローチ、もしくは個別のアプローチを実施し、企業に代わり集客を実施してくれます。

目標人数を採用するにあたり、採用ターゲットとの接触数を増やすことは重要なポイントです。従来であれば、マスに対して求人のアプローチをかけ、確率論的にターゲットを集客する手法がスタンダードでした。

ですが、ここ数年の採用激化にともない、マスへアプローチをかけても求める人材との接触につながりにくくなっています。

送客サービスを利用することで、採用ターゲットとの接触数を取り戻す、もしくは増やすことができます。

1-2.送客サービスの3つの特徴

送客サービスの3つの特徴

  • 成功報酬型
  • 採用ターゲットへ効率的に接触可能
  • 選考フェーズや目的に合わせた送客プランを提供

送客結果に応じて費用発生する成功報酬型

各社の送客サービスは、一人あたりの送客費用が決まっており、ほとんどが成功報酬型です。

送客された学生数に応じて費用が発生するため、コストにムダをつくらず有効な母集団を形成することが可能です。

また、送客する学生の特徴や時期によって、単価が違う場合もあります。

採用ターゲットへ効率的にリーチ・接触ができる

例えば大学や学部、学科、現住所などの学生のハードデータを指定して、あらかじめスクリーニングしたうえで送客をしてもらうことができます。

また、就活ナビでは集客が難しい性別でのスクリーニングも可能です。

選考フェーズに合わせた送客プランを提供

インターンシップ、エントリー段階(学生情報取得)、エントリーシート提出、説明会やイベントへの動員など、送客できる選考フェーズに縛りはありません

また、「どの選考までいけば費用が発生するのか」といったように、費用が発生する選考フェーズを選ぶこともできます。

(例:説明会動員までで●●円。1次選考に参加したターゲット数に準じて費用発生、など)

1-3.送客サービスとそれ以外の母集団形成手法の比較

母集団形成を強化する場合、いくつかの方法が考えられます。それらの集客方法と、送客サービスを比較してみたいと思います。

DM・スカウト

就活ナビなどで登録学生に対し送ることができるDM・スカウト。最近では、学生データベースに対して、企業が直接アプローチができるスカウティングサービスもありますね。

ただ、多くの企業が参画すればするほど、年々その反応率は下がる傾向があります。

DM・スカウトにコスト投下をするのであれば、成功報酬型の「送客サービス」で直接動員を実施し、確実な母集団につなげていく選択肢が有効かもしれません。

合同説明会・イベント

就職活動の短期化が進む中、学生側にも効率的に企業情報を収集したいというニーズがあります。学生と直接接触ができるというメリットが大きいイベントですが、学生側のイベント参加回数は、こちらも年々減少しています。

また、イベント会場の企業ブースで直接接触ができたとしても、その先の選考に進むまでに再度説明会を設けたり、フォローアップの連絡をしたりと手間もかかります。

送客サービスであれば、ある程度集客はサービス提供会社におまかせし、自社説明会やその後の選考フローなどの工夫に、採用担当者の時間を有効活用できるかもしれません。

就活ナビオプション

多くの就活ナビには、企業検索一覧にて上位表示をするなどのオプションがあります。学生のナビ利用率が高い時期には、母集団形成に直結しやすい有効な手段ですが、広報スタートから時間がたつにつれて、その反応数も右肩下がりの傾向があります。

時期によっては、オプション活用による集客単価よりも、送客サービスの単価が勝る可能性もあります。

2. 企業の課題別で見る、送客サービスのメリット・デメリット

メリット|こういうお悩みのある企業は検討価値あり!

1.企業ニーズに合わせたターゲットだけを集客できる

2.説明会や選考会へ直接動員可能

3.サービス提供企業の独自のアプローチにより、企業紹介・魅力促進が可能

「母集団が集まらない」「母集団のターゲット比率が低い」「業界や仕事内容が難しく、誌面の情報だけでは理解されず応募が集まらない」などのお悩みを抱えている企業は検討する価値があるといえます。

デメリット|こういう企業には向かないかも

1.採用単価が上がる可能性がある。

動員での従量課金となるため、一人あたりの採用単価が低い企業(大量にターゲットが集まる企業)にとっては、逆にコストアップしてしまいます。このような場合は、就活ナビの見直しや効率的な運用を通しての集客強化がおすすめです。

就活ナビはこちら

2.特定のスキル・学歴などによりターゲットがニッチする場合、送客されないケースもある。     

紹介サービス提供会社のデータベースにいない可能性が高いため送客での集客は難しい可能性があります。

3.決定率が低い場合、採用コストがかさんでしまうこともある。

客サービスを活用し、ターゲット学生を集めても、学生への「惹きつけ、魅力づけ」ができていないと決定率が上がらず、コストがかさむ可能性があります。このような場合、完全採用成功報酬で、入社決定までフォローしてもらえる「新卒紹介サービス」の方がおすすめです。現状の決定率などを見極めながら自社にあったサービスをご検討ください。      

「新卒」学生紹介サービスはこちら

「理系学生」紹介サービスはこちら

3. 送客サービス活用事例

こちらでは、送客サービスを利用した企業の効果実例をまとめてみました。自社採用の集客進捗や状況と比較してみましょう。

A社|少数の優秀層と接触したい

サービス提供会社が独自に選抜した学生約40名との1社単独面談会を開催。イベント参加者から、最終的に6名の内定者を輩出

B社|ターゲット学生に対し、知名度向上および海外経験者に訴求したい

サービス提供会社と連携し、ターゲット学生に対するPRを実施。送客学生限定のリアルイベントを開催し、同社の唯一の採用ルートであるインターンシップ採用へ動員。15名の採用枠の中で、4名が送客経由から内定。

C社|上位校のターゲット学生に対し、知名度向上およびエントリーを確保したい

サービス提供会社保有の学生データベースに対し、Web上でのPRを実施。グループディスカッションを企画し、その場で学生をスカウトするオリジナルイベントを開催。結果として500名以上のエントリー送客、ならびに20名の内定者を輩出。

4. 送客サービスの検討は今からでも間に合う!サービスをご紹介

4-1.就職エージェントneo 送客サービス

新卒紹介では学生登録拠点数業界トップクラス。
東京、大阪、名古屋、仙台、福岡にて、唯一常駐社員によるカウンセリングを通年実施し、学生を集客しています。理系学生の送客も可能です。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。

先日、ある2020年卒の就活生と話していて、「1月にインターンシップに参加したけれど、スタートが遅かったなぁと反省しています。もっとインターンシップに参加して、いろいろな企業の情報収集をしておけばよかった。」という言葉を聞いて衝撃を受けたのを覚えています。

インターンシップは、単なる仕事体験・職場体験の場ではなく、学生も企業研究の一環として参加していて、会社説明会のような役割なんだと再認識しました。

例年、学生の動く時期も一定時期に集約されており、母集団形成の機会損失が致命傷となってしまいがちです。

できるかぎり、リスクヘッジの一手を考え、時期・タイミングに合わせ打ち手を打っていければいいですね。

この記事が、少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。

このノウハウで紹介されたサービスの資料請求はこちら

  • 就職エージェントneoの

資料を一括請求

ご相談・ご質問はこちらから

03-5908-8005

平日 9:00~12:00/13:00~18:00