外国人労働者受入れはどうすればいいの?メリットや注意点を大公開【最新版】

総合

労働力人口の減少により、今後ますます人手不足が進むといわれています。そういった中で、外国人・女性・シニアといった多様な人材の活用が求められてきているのではないでしょうか。

今回は外国人労働者受入れのメリットや注意点などを解説していきます!

ぜひお役立ていただけますと幸いです。

>>外国人採用でお困りの方はプロと無料の相談がおすすめです!今なら優秀な外国人学生に会えるイベントもご紹介!

1.外国人採用のニーズの高まり

shutterstock_521119003

2016年にはじめて外国人労働者が100万人を突破

厚生労働省の「外国人雇用状況」の届出状況 では、2016年10月時点で、外国人労働者数は1,083,769人となり、はじめて100万人を突破したとのことです。また、4年連続で過去最高を更新しています。(2017年10月末時点では約128万人。)

そして、2017年10月時点の国籍別の割合で上位の国を見ると、

  • 中国:372,263人(29.1%)
  • ベトナム:240,259人(18.8%)
  • フィリピン:146,798人(11.5%)
  • ブラジル:117,299人(9.2%)
  • ネパール:69,111人(5.4%)

上記のようになっており、中国が全体の29.1%と最も多くを占めています。

その次にベトナム、フィリピン、ブラジル、ネパールと続きます。全体的に見て、近隣である東南アジアの国が多い印象です。

また、ベトナム人の雇用が24万人と急速に伸びており、その背景にはベトナム人の多くが勤勉であるということが挙げられます。

※参照:厚生労働省/「外国人雇用状況」の届出状況まとめ【本文】(平成29年10月末現在)

「インバウンド需要」と「エンジニア需要」で外国人採用ニーズが増加

外国人労働者の数、外国人労働者を雇用する事業所ともに、製造業が最も多くなっていますが、近年では減少傾向にあります。一方で宿泊業、飲食サービス業、卸売業、小売業、建設業が増加してきています。

特に、日本に訪れる外国人観光客のインバウンド需要が拡大しており、そういった外国人観光客への対応を高めるために外国人の採用をしている企業が増えてきています。

さらに、ITテクノロジーの発展によりWEBエンジニアの需要も高まってきています。国内でのエンジニア採用に苦戦している企業は、海外に目を向けて外国人エンジニアの採用に力を入れています

2.「外国人の採用メリット」と「外国人が日本で働く理由」とは?

外国人の採用によるメリット

需要が高まっている外国人採用ですが、外国人を採用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。さまざまあるかと思いますが、今回は以下4つのメリットを記載させていただきました。

グローバル化による多言語対応が可能

自国の言語はもちろん、日本語や英語も話せる方もいて、3ヶ国語以上のマルチリンガルも珍しくありません。 そのため、外国人のお客様の接客、翻訳・通訳など、さまざまな場面で活躍が期待できます。

適応能力の高さ

日本で就職を考えている外国人は勤勉な方が多く、新しい環境に適応するための努力を惜しみません。

新しいアイデアの創出

教育や文化など、日本人とは異なる環境で育ってきているため、いつもとは違ったアプローチで議論することができます。日本人では気付かなかった問題点を発見するなど、斬新なアイデアを創出することができるかもしれません。

優秀な若手人材の確保ができる

日本では採用が苦戦しがちな「若手の優秀人材」を海外から採用することができます。特に新卒のエンジニアに関しては、海外から採用している企業が増えてきています。

外国人が「日本で働きたい」となる理由は何か?

そもそも、彼らはなぜ「日本で働きたい」と考えているのか。ネオキャリアの外国人紹介サービスに登録にくる外国人の方々によると、以下のような理由で日本で働こうと考えているようです。

母国より給料が良い

自国の水準と比較したときに、日本のほうが給料が良いため、日本での就職を考えているようです。

日本の文化が好き。日本語の勉強がしたい

日本のマンガやアニメといったカルチャーや、マナーや作法などに興味を持っている親日家は数多くいます。

テクノロジーが発展しているから

まだまだ日本の技術は高い水準にあり、日本で働くことで最先端の技術を学びたいと考えています。

若いうちに海外でキャリアを積みたい

若いうちからグローバルな環境に身を置き、自身のキャリアステップにつなげていきたいという想いがあり、その選択先として日本を選ぶ外国人の方もいます。

日本は安全だから

母国のインフラが整っていない、治安が悪いといった背景があり、安心・安全に働ける場所で就業したいという想いがあります。

3.外国人採用で気をつけたいこと

shutterstock_326570441

ここでは、外国人を採用する上で気をつけたいポイントを簡単にまとめました。一緒に働くうえで配慮ある行動が大切になってきます。

慣習や文化の違いを理解する

外国人労働者の慣習や文化をある程度理解していないと思わぬトラブルに発展する可能性があります。日本人の常識は外国人の常識ではないことを理解し、接することが重要です。

人の前で叱責されることを嫌う、ものごとをストレートに言う傾向がある、曖昧な表現を嫌う、プライベートを大事にする、宗教観を理解するなど、国によってさまざまな違いはありますが、自分の価値観を押し付けないように意識しましょう。

就労資格の有無

外国人を採用する際、就労ビザの取得が必要になります。

しかし、職種、業種によっては、就労ビザを取得できない可能性があるため、事前に調査しておく必要があります。

※就労ビザについてもっと知りたい方は、下記よりご相談ください。

就労ビザについての詳細はコチラ

採用した外国人社員のキャリアアップを考える

外国人を社員として採用した場合、キャリアプランを明確にすることが重要です。上司が面談をするなどして、しっかりサポートする必要があります。

「海外でキャリアを積みたい」と日本にきた向上心の高い方が多いため、自身のキャリアステップが明確になっていないと、転職することに抵抗があまりないので、すぐに離職となってしまうかもしれません。

外国人労働者を10人以上雇用する際は責任者を選任する

外国人労働者を常時10人以上雇用する場合、「外国人労働者雇用管理責任者」の選任が必要になります。

厚生労働大臣が外国人労働者の雇用動向について把握するための制度です。外国人労働者の雇用労務管理を担当することを前提に、各事業所の管理職の中から選任します。

「不法就労」時の事業主責任

下記のようなケースは「不法就労」となり、不法就労外国人を雇用した事業主は、入管法73条2項により、3年以下の懲役、又は、300万円以下の罰金に処せられますのでご注意ください。

  • 「短期滞在」や「留学」などの就労が認められない在留資格の外国人が就労した場合
  • 入国の許可を受けていない者や在留期限を過ぎた者が就労した場合

最後に

いかがでしたでしょうか。
外国人の採用ニーズはますます高まってきており、今後は外国人と一緒に働くことがスタンダードになってくるかもしれません。

ただ、外国人を採用するにあたって、上記の他にも注意すべき点は多くあります。外国人雇用の際には、事前に専門家や知見のある方に相談しながらトラブルが起きないよう準備を進めておく必要があるでしょう。

※外国人採用に関するお悩み・ご不明点・ご要望があれば、下記よりお問い合わせくださいませ。
➤ サービスの詳細はコチラ

このノウハウで紹介されたサービスの資料請求はこちら

  • 海外現地面接会「Bridgers」の

資料を一括請求

ご相談・ご質問はこちらから

03-5908-8005

9:30 ~ 18:30 平日