ベンチャー企業の採用を成功させるサービス・イベント8選

ベンチャー企業の採用を成功させるサービス・イベント8選

  • 新卒採用
  • 人材紹介

更新日:

新卒採用

ベンチャー企業の採用を成功させるサービス・イベント8選

ベンチャー企業は将来性や成長性が魅力の1つです。しかしいまだ安定志向・大手企業志向が強い学生が多く、採用に苦戦している企業も多いのではないでしょうか。

本記事では、ベンチャー志向学生の魅力、そしてそのような学生と出会える新卒採用サービスをご紹介します。

将来の幹部候補の採用手法のひとつとしてご活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 高学歴学生の紹介・送客サービス |登録学生の約70%がG-MARCH以上!

unistyle|ロゴ

unistyleは、東大・早稲田・慶応の3人に1人が利用する就活支援サイトで、
年間約8万人の就活生が登録しています。

上位校学生の採用を検討しているが母集団形成に苦戦している採用担当者の方、
ぜひお気軽にご相談ください。

 

1. ベンチャー志向学生の魅力

就職活動において学生の安定志向が高まる中、自分の意見を持ち、成長意欲に溢れたベンチャー志向の学生には多くの魅力があります。以下にて「ベンチャー志向学生」の魅力をお伝えします。

1-1. 強い成長志向がある。

成長志向

 

ベンチャー志向の学生は、成長欲求が高い傾向にあります。

与えられた仕事を全力でこなすだけでなく、自ら仕事を取りに行くような積極性も兼ね備えているため「自立しており、即戦力となる可能性が高い」という面で非常に魅力的な人材だといえるでしょう。

1-2. スピード感と実行力

スピード感

 

とにかく「行動に移す」「やってみる」という点が、働く上では極めて重要です。

悩やんだり、考えたりするだけで実行に移せないという学生が多い中で、しっかりと行動にまで移す力を持っているベンチャー志向学生は、かなり重宝すべき人材だといえます。

1-3. 他の人と同じことをしたがらない

ずば抜ける|イメージ画像

 

学生時代「周りとは違うことをしたい」という人が、あなたの周りにも必ず1人はいたはずです。一見このような学生は、「ひねくれている」「組織行動ができない」とマイナスのイメージを持たれがちですが、必ずしもそうではありません。

周りと違うことをしようとするのは、むしろ体力のいることです。「誰もしていないことに挑戦しようとする姿勢がある」と捉えれば、かなり魅力的な学生だといえるのではないでしょうか。

1-4. 好奇心がある

好奇心|イメージ画像

 

ベンチャー志向の学生の中には、新しいものに対するアンテナや好奇心がある人が多いです。

 

事業を企画化するためには、さまざまな知識や情報に接していなければなりません。また次々と新しい商品やサービスが生まれる時代において、さまざまなコト・モノに興味を持ち、積極的に取り入れていく姿勢は非常に魅力的だといえます。

 

また、好奇心旺盛な学生は「吸収意欲がある」という点で、上司としては、ぜひ部下に持ちたい人材かもしれません。

 

POINT!

そもそも「ベンチャー企業」とは?

ベンチャー企業は、一般的に独自のアイディアや技術をもとに、新しいサービスやビジネスを展開している企業のことをいいます。

しかし実はベンチャー企業の定義は曖昧で、統一された明確な定義は存在しません。事業の規模感・従業員の数・提供するサービスの内容など、ベンチャー企業の判断基準も人によって異なりますが、多くは中規模から小規模の企業を企業を指します。

2. 学生の企業選び志向の変化|主に「ベンチャー企業志望」が35%

成長志向|イメージ画像

マイナビが2018年卒の学生を対象におこなった「就職意識調査」によると、大手志向の学生は、52.8%と半数を超える結果がでています。

 

しかしキャリア教育支援NPO エンカレッジとRECCOOが、2021年度に卒業予定の全国の大学生/大学院生を対象におこなった就職活動の状況についてアンケート調査結果によると、「大手企業のみ志望」と回答した学生は10.3%のみと直近3年で学生の志向に変化があったことがわかります。

 

一方、「主にベンチャー企業志望」は35.9%を占めており、近年学生が広い視野で企業を見ていることがわかります。

 

 

おそらく2020年以降新型コロナウイルスの影響もあり、なにをもって安定とするかという軸が揺らぎつつあるため、「大手企業のみを志望する」と回答する学生は少数派になってきているのでしょう。

 

ベンチャー志向学生の魅力は前述の通り多々ありますが、そもそも出会うこと自体が難しいので、採用活動をおこなう際には、採用方法の再検討・イベント内容の工夫などいずれかの対策が必要です。

3. ベンチャー志向の学生と出会えるサービス・イベント8選

ベンチャー志向|イメージ画像

3-1. ベンチャー志向学生に出会えるサービス2選

就職エージェントneo|成功報酬型紹介・送客サービスで攻めの新卒採用の実現をコミット!

就職エージェントneo|ロゴ

 

就職エージェントneoは、2005年からサービスを開始し新卒紹介サービスを業界でもいち早く実施していました。学生登録数も非常に多く、企業様のご要望に応じた学生のご紹介が可能です。

 

学生が登録後には面談をおこない、希望業界や希望職種などをカウンセラーがヒアリングした上で企業様とのマッチングをおこなっています。そのため、ご利用企業様の求めるターゲットや人柄を理解した上でご紹介しています。

 

CHECK!

・10,000社を超える企業が導入済み
・新卒紹介/送客サービスは業界のパイオニア
・文系学生支援において業界最大級の実績
・理系学生に特化した専任アドバイザー部隊も編成

CheerCareer(チアキャリア)|ベンチャー企業特化型の就職サイト
CheerCareer(チアキャリア)
CheerCareerは、株式会社Cheerが運営する「ベンチャー企業への就職を目指している学生」をメインとしたベンチャー企業特化型の就職サイトです。「ベンチャー」をキーワードに就職活動をしている学生をターゲットにSEOやリスティング広告を実施し、Web集客をおこなっています。
CHECK!
  • ・企業のブランド力やネームバリュー より 働きがい・やりがい・成長を重視する学生の登録が多い
  • ・「ベンチャー就活」「ベンチャー就職」と検索しないと出てこないため、知る人ぞ知る就職サイト
  • ・業界内での最高水準であるスカウト平均応募率36.7%

3-2. ベンチャー志向学生に出会えるイベント5選

ミーツカンパニー|96%の学生が満足と答える新卒紹介

ミーツカンパニー

新卒採用イベントを年間1,500回程度開催しています。座談会形式で直接マッチングできる就活支援プログラムなので、一般的な合同説明会よりも学生とじっくりと話すことができ、大手ナビ媒体での採用がうまくいっていない場合でも、成長意欲の高い学生とのマッチングを実現できます。

 

CHECK!
  • ・登録学生数100,000名以上
  • ・双方のニーズに合致した紹介だから、高確率での採用が可能かつ、早期離職率も低い!
  • ・業界大手~トップベンチャー企業が参加するマッチングイベントの開催
ゼロイチLIVE|オンライン完結型の合同採用マッチングイベント
ゼロイチLIVE
 
ゼロイチLIVEは、22年卒・23年卒採用を対象としたオンライン完結型の合同採用マッチングイベントを開催しています。成功報酬型で紹介手数料が一切かからず、月額10万円から利用できる点が特徴です。
CHECK!
  • ・イベント参加者の企業説明会・インターンシップの参加率95%以上!
    ・23年卒限定で「学科系統が指定できるプラン」あり
    ・月額制料金プランの導入で業界最安値に挑戦中
出会いの場|1日参加で100名以上の優秀学生と接触できる採用イベント
出会いの場
 
上位校所属で就職意欲も高い学生約100~120名が参加(オンラインは40~50名)し、1日のプログラムを通して優秀な学生を見極め、直接アプローチできるスカウト型イベントです。
CHECK!
  • ・上位校所属で就職意欲の高い学生を中心に集客をおこなっている
  • ・合同説明会やDM配信では出会えない学生との接点を早期に確保できる
  • ・1日の参加人数は40~50名
ジョーカツ|上京を志す就活生をサポートする就活支援サービス

ジョーカツ

ジョーカツ」は、「地元にはないユニークな成長企業で自分の力を試したい」という思いがありながら、お金や情報が足りなくてあと一歩が踏み出せないでいる学生をあらゆる面からサポートする今までにない新しい就活サービスです。
CHECK!
  • ・地方難関大学の学生が多数:登録者の65%が偏差値60以上の地方難関大学在学
  • ・志向性によるスクリーニングを実施:大手志向や特定の業種・職種に固執する学生は除外し、成長意欲・上昇志向学生を集客している
  • ・上京費用や宿泊場所を提供している

4. さいごに

さいごに|イメージ画像

いかがでしたでしょうか。「ベンチャー志向学生を対象にした就活サイト」また、「ベンチャー企業に特化した就活サイト」は今後もどんどんと増えていくと思われます。

将来のリーダー候補の採用を検討されている企業は、新たな採用手法の1つとして活用を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 高学歴学生の紹介・送客サービス |登録学生の約70%がG-MARCH以上!

unistyle|ロゴ

unistyleは、東大・早稲田・慶応の3人に1人が利用する就活支援サイトで、
年間約8万人の就活生が登録しています。

上位校学生の採用を検討しているが母集団形成に苦戦している採用担当者の方、
ぜひお気軽にご相談ください。

 

この事例・記事に関わった営業担当

新卒採用を通して企業成長のご支援を

一貫して人材紹介に従事しており、社長賞をはじめ多く賞を受賞。現在では、採用ウェビナーなどを通じて、複数企業様の採用支援にも携わっております。新卒採用に課題のある企業様は、ぜひお気軽にご相談ください。

名前

平原/新卒領域

得意領域
  • 新卒の母集団形成施策

  • 学生の動向理解

この営業が携わった他の事例・記事を見る