Indeed(インディード)掲載を簡単解説|方法から無料・有料の違いとは?

Indeed(インディード)掲載を簡単解説|方法から無料・有料の違いとは?

  • 中途採用
  • Indeed・求人検索エンジン
  • 行き詰まり・新たな手法
  • トレンド・採用市場
  • 採用コストの削減

更新日:

Indeed

Indeed 掲載

最近、「仕事探しはインディ~ド(Indeed)!」というフレーズのCMをよく耳にします。
しかし実際、「言葉はよく聞くけど、イマイチIndeed(インディード)のことがわかっていない」という方も多いのではないでしょうか。
Indeedとは、求人をおこなっている企業様と求職者をつなぐひとつのサービスです。

リクナビやマイナビなど求人を掲載できるサイトはたくさんありますが、Indeedはそれらと若干仕組みの異なるサービスなので、Indeedの特徴を理解していないとその効果は薄れてしまいます。

本記事では

・Indeed(インディード)の「掲載方法」について

・Indeed(インディード)に掲載をするメリット・デメリット

・無料掲載と有料掲載の違い

を主に解説します。

今後、Indeed(インディード)に掲載をおこなう際の判断のひとつとして本記事を参考にしていただけますと幸いです。

 

【無料ダウンロード】3分でわかる!Indeedガイドブック

求人サイトではなく、求人検索エンジンであるIndeed。なかなかその仕組みを理解するのが難しいと感じている採用担当者も多いようです。

本資料では、あらためて簡潔にIndeedを解説。
今のトレンドを踏まえたIndeedの活用方法や、効果の出る運用事例までご紹介します。

1.Indeed(インディード)に求人を掲載する方法とは?

Indeedへの掲載方法は、「どのように掲載をおこなうのか」という観点で分けると、2つに大別されます。

Indeedの掲載方法

1.自社で運用する
2.代理店を利用して運用する

まず、ご担当の方が直接Indeedに申し込みを行い、ご担当者ご自身で運用をおこなう方法。続いて、Indeed取り扱い代理店に運用の依頼をして求人を掲載する方法。

ここでは、その2つ、「自社運用」と「代理店利用」について解説します。

1-1.Indeed(インディード)に掲載する求人を自社で運用する

まず、自社で運用する方法についてご説明します。

そもそも、Indeedは運用型広告とも呼ばれ、求人の修正や改善を繰り返しおこなうことのできるサービスです。
掲載する求人の効果を最大化させるべくおこなう、さまざまな工夫を「運用」と呼ぶことが多くなっています。

Indeedの公式サイトから新規登録をおこない、ご担当者自身で申し込みや求人の作成、改善や修正などの工夫をおこなう方法です。

自社で運用をおこなう中でも、具体的な掲載種類として「直接投稿」「サイトとIndeedの連携」の2つが存在します。

直接投稿

直接投稿とは、その名の通り、Indeed内で求人を作成し、掲載をおこなう方法です。

Indeedのアカウントを作成すると、1アカウントに対し、管理画面が付与されます。
付与された管理画面から求人を作成し、掲載を行います。

アカウントの作成のみで簡単に求人が作成できるため、自社のホームページを持っていない場合は直接投稿がおすすめです。

サイトとIndeedの連携

サイトとIndeedの連携とは、自社のリクルートページや求人が記載されているページの情報をIndeedに読み込ませて掲載をおこなう方法です。
この方法は、「クローリング掲載」と呼ばれています。

仕組みとしては、クローラーと呼ばれるロボットがWeb内を回遊し、求人情報を集めてきてIndeedに掲載をおこなっています。

Web上の情報をクローラーが集めてくるため、Indeed上で求人を作成する必要がないという点が直接投稿と異なります。

1-2. Indeed(インディード)取り扱い代理店を利用する

続いて、Indeedを取り扱っている代理店を利用して求人を掲載する方法をご説明します。

Indeedの取り扱い代理店を利用した場合、「運用」を専門でおこなう人がおり、人事の方の代わりに運用します。
代理店にお任せする形となるため、「ご担当者の方ご自身で求人の作成や修正をおこなう必要がない」という部分が自社での運用と異なります。

代理店を利用する場合に関しても、掲載の種類は変わらず、「直接投稿」と「自社サイトの連携」の2つに分けられます。

 

indeed 掲載 分類

 

自社運用と代理店利用の違いは何?

自社でIndeedの掲載を行い、運用を行っていく。

「代理店を利用することと何が違うの?」

そういった疑問を持った方もいらっしゃるかもしれません。
こちらの記事で、2つの違いをご説明しています。

よろしければ合わせてご覧ください!

2. Indeed(インディード)に掲載をするメリット・デメリット

 

「そもそも、Indeedへ掲載をおこなうと、どのようなメリットがあるのか?」

Indeedへの掲載方法にいくつか種類があることを説明してきましたが、掲載をするか/しないかの判断にはメリットどデメリットの理解が必須となると思います。

ここでは、Indeedへ掲載をおこなうと得られるメリット、デメリットを詳しくご説明していきます。

2-1.Indeed(インディード)に掲載をするメリット

Indeedに掲載することで得られるメリットを2つご紹介をします。

・採用に繋がる最適解を見つけやすい

・アプローチできる求職者の数が大幅アップ

採用に繋がる最適解を見つけやすい

Indeedは運用型広告です。求人を掲載した後、何回でも修正や改善をおこなうことができるサービスとなっています。

たとえば、掲載を3か月間続けるとした場合、この間、2週間に1回など、必要な数だけ求人の改善を行い、どの求人が最も効果が高かったのかを分析することが可能です。

ポイント!

・どのような求人であれば効果が出やすいのか

・どのように訴求をおこなうのがターゲットに則した方法であるのか

Indeedを活用することで、採用成功に向けて、「自社の最適解=自社に合った求人の訴求方法」を見つけることが可能になります。
採用成功に繋がりやすくなり、さらに今後の採用に向けて再現性を高めることもできます。

アプローチできる求職者の数が大幅アップ

Indeedへ掲載をおこなうことで、より多くの人へアプローチできるのには2つの理由があります。

大幅アップの理由

・世界でトップクラスを誇る訪問者数

・SEOにとても強いサービス

まず、Indeedの月間訪問者数は3,460万(参照:Indeed世企業様向けサービス)を超えており、訪問者数は日本でトップクラスを誇ります。
そのため、Indeedへ掲載を行うことでより多くの人の目に触れることが可能となります。

 

また、Indeedは、SEOにとても強いサービスとなっています。
そもそも、SEOとは、「検索エンジン最適化」を意味しており、Googleなどの検索エンジンの検索結果に上位表示をさせてページへの流入を増やす一連の施策のことです。
つまり、求職者の方がWebで検索を行ったとき、一番上に表示されるのがIndeedである確率がとても高く、検索結果からも多くの求職者の方がIndeedを見ていることとなります。

 

たとえば、東京都内で営業職を探している人が、「営業職 東京」と検索とおこなうと、

Indeed(インディード)SEO 強い

広告は除いて、Indeedが一番上に表示されています。
検索結果の上位であればあるほど流入する人が多くなると言われており、検索結果からもIndeedへ求人を探しにくる求職者が多いといえます。

 

2-2.  Indeed(インディード)に掲載をするデメリット

Indeedに掲載を行ったときのデメリットとして、2つご紹介します。

・Indeedの運用は難しいと言われている

・無料での掲載では効果が見込みにくい

Indeedの運用は難易度が高い

運用型広告と呼ばれるIndeedは、効果を最大化するためにさまざまな工夫ポイントや方法があります。
どのような方法が効果を最大化できるのか、工夫するべきポイントはどこであるのか、掲載している求人情報や求人数によって異なるため、企業様によって対応方法は異なります。

企業様の数だけ、方法や工夫ポイントが存在し、市場感も含めて運用をおこなう必要があります。加えて、Indeedのサービスの十分な理解も必要となるため、運用はとても難しいと言われています。

 

たとえば、Indeedでは、クリック単価の調整という運用があります。
どんな時に調整が必要かについてはさまざまですが、1つの場面として募集している職種の相場感や他社のクリック単価の変動に合わせて柔軟に調整する場合があります。
職種ごとの相場を知ることも必要ですが、他の求人の状態も運用をしながら見ていかないといけません。

これは、1場面に過ぎませんが、このようにさまざまな調整が必要となってくるのがIndeedの「運用」です。

無料での掲載では、効果が見込みにくい場合がある

Indeedでは、毎日新着求人更新されます。多くの求人が毎日増える中、無料掲載は掲載順でIndeed内に記載されていきます。
毎日新しい求人が更新されるため、日が経つごとに求人が埋もれてしまう可能性が高まります。

実際に、Indeedで新着と検索をおこなうと、その時点での新着求人が表示されますが、その数は約99万件にも上りました。(※日によって変動はございます)
つまり、1時間あたり約4,000件の求人が更新されているといえます。

Indeed 求人数

求人が埋もれてしまうと、求職者の方から見つけられにくくなり、効果が見込みにくい状態となります。

単価シミュレーションもご紹介!

Indeedにはメリットデメリットがそれぞれありますが、実際にはどのような事例があるでしょうか。

こちらの記事では、料金部分の説明を行いながら実際の採用単価シミュレーションまでご紹介しています。
合わせてご覧ください。

3. Indeed(インディード)掲載、無料と有料の違い

 

Indeedの掲載方法やメリットデメリットについて、ご説明をしてきましたが、実際に掲載をおこなう上で、「求人情報を無料と有料のどちらで掲載するか」迷われる方も多くいらっしゃるかと思います。

ここでは、Indeedの「有料掲載と無料掲載の違い」を簡単に解説いたします。

3-1.Indeed(インディード)の有料掲載

Indeedは掲載をすること自体にはお金がかかりませんが、求職者の方が求人をクリックしたときに費用が発生する「クリック課金制」という形式が取られています。
有料での掲載はスポンサー求人と呼ばれ、求人の左下に「スポンサー」とあるものが有料での掲載となります。

 

Indeed(インディード)スポンサー求人

クリック課金制

Indeedのクリック課金制では、求人を掲載している期間や求人数は関係がなく、クリックされたときのみ費用が発生する仕組みです。
そのため、求人に興味がある人のみに費用が発生し、効率の良い費用のかけ方が実現できます。

また、有料掲載の場合は上位表示がされやすくなるため、求人をより多くの人に見てもらいやすくなります。

3-2.Indeed(インディード)の無料掲載

もちろん、クリック課金制を用いず、無料で求人を掲載することも可能です。
無料での求人掲載は「オーガニック」とも呼ばれます。

再掲となりますが、無料枠での掲載は、求人が埋もれてしまう可能性が高まることがデメリットとして挙げられます。

有料無料の違いをもっと知りたい方はこちら!

無料掲載と有料掲載の違いを簡単にご説明しましたが、
もっと違いを知りたい、実際の金額感が知りたいという方はこちらも合わせてご覧ください。

単価のシミュレーション事例も記載しております。

3-3. Indeed(インディード)掲載方法ごとの無料掲載と有料掲載

最初にご説明をしたIndeedの掲載方法には、大きく分けて2種類ありました。

ここでは、それぞれの掲載方法について、有料掲載の場合と無料掲載の場合で何が異なるのか、解説をしたいと思います。

自社でIndeedを運用をおこなう場合

自社でIndeedの有料掲載をおこなう場合、クリック課金制で発生する広告費が実際に必要となる費用です。
しかし、有料でのIndeed掲載は、無料の場合と比較し、金額の調整も必要となるため、より複雑な運用が求められます。

そのため、有料のIndeedを自社で運用する場合は、その分の人件費が発生します。
募集が順調なとき、募集が難航しているときなど、状態によって運用にかかる時間は変わってきます。

たとえば、計10店舗を展開するチェーン店で従業員の募集をIndeedでおこなうと仮定をすると・・・

【募集が順調な場合】

Indeed(インディード)料金 シミュレーション

 

【募集が難航している場合】

Indeed(インディード)料金 シミュレーション

代理店を利用して運用をおこなう場合

代理店を利用した場合は、クリック課金制で発生する広告費と代理店に支払う運用費が実際に必要となる費用です。
代理店によって濃淡はありますが、運用費の相場は20%ほどです。
そのため、広告費と広告費の20%の金額がかかる費用といえます。

ここでも先ほどの例を使ってお話をします。
運用費20%の代理店を1か月間利用したと仮定すると・・・

【募集が順調な場合】

Indeed(インディード)代理店 料金例

 

【募集が難航している場合】

Indeed(インディード)代理店 料金例

 

代理店では、求人の状況に左右されることなく、かかる費用は一定です。
今回の例では、募集が順調な場合は、自社での運用の方が費用は安く抑えられています。
しかし、募集が難航している場合となると、代理店を利用した方が費用を抑えることができています。

状況にもよるため、一概に判断することは難しいですが、代理店を利用した方がメリットがある場合もございます。

3-4. 自社での運用と代理店利用、選択するときの判断基準とは?

掲載方法について、有料無料を含め解説をしてきましたが、どちらを利用するべきなのでしょうか?
無料か、有料か、自社か代理店を利用するか・・・

悩むポイントも企業様ごとに異なり、悩まれる方も多くいらっしゃると思います。
最後にどちらを利用するか、判断基準となる観点をご説明できればと思います。

リソースチェック

悩まれるポイントとして、多くお聞きするのが自社でおこなうか、代理店を利用するかという点です。

この際、判断の基準となるのは、人事のご担当者の方が「どれくらいIndeedの運用に時間をかけられるのか」という観点です。

Indeedの運用には、時間もかかりますし、一定の知識が必要です。
さきほどの仮定のシミュレーションのように、人件費を考慮すると必要となる金額が大きく異なる場合もあります。

CHECK!

・自社のリソースはどれくらいあるのか

・運用をできる人材は自社にいるか

・人件費を加味した場合、どちらがコスト削減となるのか

状況によって異なるとは思いますが、自社の状況と見比べて判断をすることをおすすめいたします。

しかし、実際の費用のかかり方などがないと判断しにくい場合もあるかと思います。
もし、現状のお見積もりをお求めの場合は下記からお気軽にお問い合わせください!

お見積り・ご提案のご依頼はこちら

提案|イメージ画像

Indeedの掲載をおこなう際、実際のどのくらい費用がかかるのか気になる方もいらっしゃることと思います。
シミュレーションやお見積りをご希望の方はこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせの場合は、下記へお電話ください。
03-6633-2974

4.まとめ

 

 

ここまで、掲載方法やIndeedのメリットデメリット、掲載に関する費用面などをご説明してきました。

Indeedには、自社運用と代理店利用の2種類の方法があり、具体的な掲載方法では、直接投稿とサイトの連携がありました。

どんな掲載方法を用いるのか、自社の状況に適するものを選択し、採用成功に繋げていきましょう!

本記事が少しでもご参考になりましたら幸いです。

【無料相談実施中】Indeedに関してもっと詳しく知りたい!
Indeedに関するお悩みやご質問はございませんか?
Indeed特別認定パートナーのプロフェッショナルが、貴社のお悩みにお応えします。

▼無料のご相談はこちら▼

 

この事例・記事に関わった営業担当

オウンドメディアリクルーティングを活用した採用ならお任せください

中途・新卒・アルバイト問わず、オウンドメディアリクルーティングを活用した採用支援が得意です です!休日は公園で三転倒立をしています!オウンドメディアの採用をご検討の際はお気軽にご相談ください。

名前

夏目(オウンドメディアリクルーティング担当)

得意領域
  • オウンドメディアリクルーティング

  • ダイレクトリクルーティング

  • 中小企業の採用

  • SNS

この営業が携わった他の事例・記事を見る