特徴・強み|Wantedly(ウォンテッドリー)の掲載方法・仕組み・ダイレクトスカウト

ダイレクトリクルーティング

Wantedly(ウォンテッドリー)

Wantedly(ウォンテッドリー)の特徴・強み

 

1.Wantedly(ウォンテッドリー)の掲載方法

Wantedly(ウォンテッドリー)の募集は、給与・待遇の記載はNGです。

そのためユーザーは給与などの条件面ではなく、ミッションや仕事内容で企業を選ぶので、優秀人材採用に平等なチャンスがあります。

さらにWantedly(ウォンテッドリー)はプランに関係なく、募集を無制限に掲載することができるため、SNSのように運用することで母集団を増やし採用に繋げることも可能になります。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)

2.Wantedly(ウォンテッドリー)のストーリー機能

広報ツールとして日常の会社の様子や会社メンバーの紹介、会社のストーリーを投稿することができるブログ機能があります。

募集だけでは伝わらない会社や社員の魅力を届けることができるため、候補者の意向度UPにも貢献します。

また、社外だけでなく、社内に向けた採用ブランディングや、会社のカルチャー浸透にもつながります。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)

3.Wantedly(ウォンテッドリー)のイベント開催

採用に直結しないイベントの開催が簡単に実施出来る機能です。

個別では接触ができない、より潜在層へのリーチが可能になります。

リアルに会う場である分、直接メッセージを伝えてファンになってもらうことができます。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)

4.Wantedly(ウォンテッドリー)のダイレクトスカウト

ユーザーを検索し、会いたい候補者へ直接メッセージを送ることができます。

最大の特徴は他サービスと比較して返信率が高いことです。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)スカウト

その他のダイレクトリクルーティング