For Environment

ESG / 環境への取り組み

ESGの3つの観点

ESGは、非財務の情報であるものの、より良い経営をしている企業を表す指標と捉えております。企業価値を測る目安として業績や財務状況はもちろんですが、これからの社会において企業の安定的かつ長期的な成長には、環境や社会問題への取り組み、企業統治が少なからず影響しています。我々は、渋沢栄一の「論語と算盤」にあるように、経済活動の成長だけでなく、ESGの三つの観点①環境(E)、②社会(S)、③企業統治(G)と事業を合わせ、“稼ぐ力”と“社会課題の解決”の両立を目指す、SX(サステナブル・トランスフォーメーション)に取り組んで行きます。

ESG

環境(E)

環境(E)

自然災害や未知のウイルスなどが、世界的に猛威を振るうケースが相次いでいます。その原因のひとつと考えられている気候変動への対応は、大きな社会課題です。地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」が目指す温室効果ガス削減目標を達成するためには、革新的な技術開発と、これを後押しする政策が不可欠です。弊社は事業を通じて、さらにはステークホルダーの皆様とのパートナーシップによる協働を通じて、脱炭素社会を実現していきます。

地球温暖化の軽減への貢献

私たちは、環境に配慮したコミュニケーションシステムの活用/開発を推進しています。グローバルにビジネスを展開するうえで、遠隔地への出張は、交通費等の移動コストや時間的拘束だけでなく、交通手段に伴うCO2の排出などによる環境負荷が課題となります。この問題に対応するため、クラウドコミュニケーションツール、電子契約サービスを提供しています。ユニバーサルに使える本システムの利用推進を通じて、社内外で「紙を必要以上に使わないこと」「人の移動を削減すること」で地球温暖化の軽減への貢献と経費削減、生産性の向上を目指し事業推進しております。

・ペーパーレス化のメリット

紙を減らすことは多くのメリットをもたらします。業務の効率化、印刷代や紙代などのコスト削減、セキュリティの強化、オフィススペースの有効利用、そして環境への配慮です。

・カーボン・オフセット

国の事業「J-クレジット制度」の認証を受ける北海道中標津町の理念に賛同し、CO2の排出権10トン分を購入しています。これは、ペーパーレスの推進や人の移動の削減でも貢献しきれない部分を補うために、森林を適切に間伐することなどで、森林の二酸化炭素(CO2)吸収量を高めて地球温暖化防止につなげることを意図した取り組みです。