東京新聞(中日新聞社)にて、グループ会社「株式会社キッズホーム欒」で運営している学童施設「Mo-ne千住寿町学童保育室」が取り上げられました。
===========================================================================
学童保育 待機1万人 ~「公設」不足、「民間」は高額~ 

▼記事一部抜粋
「保育園落ちた 日本死ね」のブログが物議を醸してから、六年。今や小学生の預け先も深刻だ。共働き家庭などが利用する「放課後児童クラブ(学童保育)」の待機児童は、一万人超。習い事や塾に流れる傾向もあり、家庭の経済状況で「放課後格差」も目立つ。

(中略)ー定員四十人に対し、五十五人が申し込んだ「Mo-ne」でも本年度の利用者は小一〜三。施設長の角田祐身さんは「規定では六年生も入れるし、高学年の利用二ーズも高い。でも、基準に沿って選考すると、低学年に偏ってしまう」と語る。ー(続く)
===========================================================================
東京新聞(中日新聞社)2022.7.18  こちら特報部面 より引用