株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区 代表取締役:西澤亮一 以下ネオキャリア)は、 内閣府地方創生推進室によりSDGs達成に積極的に取り組む都市として選定された、 「SDGs未来都市」の一つである奈良県生駒市(奈良県生駒市 市長:小紫 雅史 以下、 生駒市)とSDGs目標4「質の高い教育をみんなに」の達成に向けて、 子どもの読書活動推進とキャリア教育支援を目的に、 「トライ!生駒子ども読書会議」を2021年11月4日(木)に開催いたします。

■概要
 サステナブル活動の一環でステークホルダーとの協働を目指すネオキャリアと、 内閣府が選定する「SDGs未来都市」である生駒市は、 サステナブル活動に関わる官民連携の第一歩として、 この度「トライ!生駒子ども読書会議」(※1)において講演会をオンラインで実施いたします。
※1・・・生駒市図書館主催で、 生駒市の子どもに対する読書推進活動を行う生駒市の学校関係者、 保護者、 ボランティア、 図書館関係者を対象にした読書推進活動の一つ。

▼イベント詳細
・日時:2021年11月4日(木)14:45~15:45
・内容:子どもたちに対する読書推進活動を行っている生駒市の学校関係者、 保護者、 ボランティア、 図書館関係者等に対し、 ネオキャリア代表西澤が子どものキャリア教育を目的としたオンライン読書活動推進講座を実施します。
・備考:ご参加希望のメディアの方は、 下記問い合わせ先にご連絡ください。
※現地でのご参加のみ可能です。
アドレス:library@city.ikoma.lg.jp (生駒市図書館)
電話番号:0743-75-5000

■背景
 本を読まない中学生の割合(※2)が全国平均37.4%なのに対して、 生駒市では42.7%と5.3%高く、 子どもたちが十分に読書に時間を割けていないことに課題感を抱えています。 そこで、 ネオキャリアと生駒市では、 その課題を解決するために、 官民を問わず様々な人が、 あらゆる機会をとらえ、 読書の重要性を伝える場が必要であるという考えにたどり着きました。 そこで、 「人」に関わるビジネスを展開し、 「成長」を哲学としつつサステナブル活動の一環として「子どもたちのキャリア教育支援」を目指す人材会社のネオキャリアが、 生駒市のSDGs目標4への達成に向け、 サポートいたします。 生駒市とは、 SDGs目標4の達成に向けた取り組みを軸に今後も連携を強化してまいります。
※2・・・ 平日に教科書や漫画を除く読書に時間を割くのが0時間である中学生の割合 「令和3年度全国学力・学習状況調査」27頁

■生駒市市長・小紫 雅史氏のコメント

生駒市では、 小・中学校に学校図書館司書を配置し、 公立保育園での「リレーうち読」やビブリオバトル中学生大会の開催などを通して、 子どもたちの読書活動の推進に力を入れています。 このたびの民間企業との連携により、 新しい切り口でさらに活動を広げ充実させていきたいと思います。

■ネオキャリア代表・西澤 亮一のコメント

弊社では、サステナブル活動の一環としてステークホルダーとの協働を目指しています。なかでも、「人の成長」に関わる「キャリア教育支援」については、人材会社として支援できることが多い領域だと考えています。本取り組みを皮切りに、人材会社のサステナブル活動として、様々なセクターと連携を重ねながら「キャリア教育支援」に注力し、地方創生に貢献してまいります。

■奈良県生駒市
 奈良県の北西端に位置し、大阪府と京都府に接しています。2014年3月には、低炭素社会の実現に取り組む内閣府が進める「環境モデル都市」に大都市近郊の「住宅都市」として初めて選定されるほか、経済・社会・環境が自律的好循環するまちづくりを推進しているとして2019年7月には「SDGs未来都市」にも選定されています。生駒市SDGs未来都市計画のもと、地方自治体のなかでも進んだサステナブル活動に取り組んでいます。