株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区、代表取締役 西澤亮一 以下、ネオキャリア)は、空いた時間を活用して働きたい求職者と人手不足に悩む企業をマッチングするアプリ「wakumo(ワクモ)」の提供を開始しました。ネオキャリアは、wakumoによって求職者の働き方の選択肢を広げるとともに、企業の人手不足の解消を実現します。


■wakumoとは
 「この時間だけ働きたい」求職者と「この時間だけ人手が足りない」企業をアプリ上でマッチングします。2019年9月2日(月)より提供を開始し、現在1都3県(東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県)に事業展開しています。
 求職者はシフト提出や面接が不要で、wakumoのアプリ上で簡単に仕事を決めることができます。一方企業は、wakumoに求人登録をすると即時にwakumoのアプリ上に反映されるので、スピーディーに採用することができます。

 求職者はwakumoに無料で登録・利用ができ、企業も無料で求人を登録することができます。求職者と企業は、マッチング後にチャット機能で質問や注意事項など直接やりとりをします。
 採用の場合、就業者と企業間で就業日に雇用契約が結ばれ、企業は就業者に直接給与を支払います。企業とwakumo間では人材紹介契約が結ばれ、利用料(就業者の日当の30%)が発生します(※1)。

企業の利用料計算例(※1)

【wakumoの特徴】

求職者のメリット
✔3ステップで簡単に仕事開始
「①働きたい仕事に応募→②求人企業から承諾→③勤務当日に仕事先で『開始ボタン』をタップ」という3ステップ(下図参照)で仕事を決めることができます。履歴書やシフトの提出は不要で、wakumoに登録した情報のみで隙間時間の仕事探しができます。
✔過去の就業者がつけた口コミチェックできるので、安心して働ける
働いた企業に対し、就業者は口コミを書き込むことができます。実際に働いた人の企業に対する評価を事前に確認できるので、求職者は安心して仕事を選べます。

(仕事探しの3ステップイメージ)

企業のメリット
✔最短即日採用
wakumoに求人を登録すると、求職者のアプリ上に即時反映されるので、登録から最短即日で採用できます(初回求人登録はwakumoの専任コンサルタントがサポート)。
就業者への評価機能採用効率アップ
実際に働いた人の就労実績・評価を記録することができます。過去に採用し、相性が良かった就業者に対象を絞って募集をかけることも可能です。また、就業者に対する他社の評価を閲覧できるので、より良い人材の採用を効率的に行うことができます。

(管理画面イメージ)

■wakumoの事業開始背景
 リクルートが企業で働く個人に対して実施した副業意識調査(※2)によると、6割が副業に興味があると回答しています。副業を希望する人が増えているほか、ギグワーカーという新しい働き方を求める人も増えています。
 また、当社では、「ギリギリの人員で稼働しているため、急な欠員に対処できない」「この日のこの時間だけ人員を補てんしたい」という企業の要望を多く受けています。厚生労働省の調査によると、2018年度の平均有効求人倍率は1.62倍と1973年以来の高水準となり、多くの企業が働き手を求めています(※3)。
 求職者の新しい働き方を求める声・企業の人員不足解消を求める声をもとに、双方の問題を解決すべくwakumoの提供を開始しました。 

※2 リクルート「兼業・副業に対する個人の意識調査」 https://www.recruitcareer.co.jp/news/20190711.pdf
※3 厚生労働省「一般職業紹介状況について」 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000192005_00002.html

■今後の展望
 求職者の働き方の選択肢広げるとともに、企業の人手不足解消を目指します。2020年9月末までに掲載求人数累計3万件、登録求人者数累計20万人を目指します。また、現在の1都3県(東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県)以外にも、政令指定都市のある大阪府、愛知県、福岡県などを中心に事業展開エリアの拡大を図ってまいります。