お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

新年のご挨拶

「2019年、テクノロジーカンパニーとしての進化に向けて」

2019年、平成31年の年頭を迎え、謹んでお慶び申し上げます。
旧年中は格別なるご支援を賜り、心より御礼申し上げます。

2000年に創業した私達は、「お客様の成長に繋がるサービスを提供し続ける」という熱い想いを持ち、人材採用をはじめ様々なサービスのご提供を通じて、数多くの社会課題へ対峙してまいりました。本年10月には創業20年目を迎え、まさに“成人”を目前する私たちは、30を超えるさまざまなビジネスモデルで、本年も真摯にお客様の課題へ向き合ってまいります。

昨年2018年は、IoT・AIがより広く身近なものとして、社会に浸透を始めた1年でありました。弊社にとっての2018年を振り返りましても同様に、先端テクノロジーを活用した自社プロダクトの積極展開により、テクノロジーカンパニーとしての確かな進歩を遂げた1年でありました。中心となるのは、HR Techの「jinjer」、FinTechの「enigma pay」、オンラインビジネスコミュニケーションの「Calling」の3プロダクトを通じて、ステークホルダーの皆様のさまざまな課題、ひいては社会の課題に対峙し、解決に向け尽力してまいりました。特にjinjerにおいては、7000社を超えるお客様にご導入いただくなど、絶えざるサービス改善によりご支持をいただくに至りました。

こうした流れのスピードを、本年2019年も緩めることなく進めてまいる所存です。まさしくインターネットバブル全盛の平成12年に人材サービス企業として出発した私達は、平成の30年間がまもなく終わりを告げようとしている今、そして企業として成人を迎えようとしている今だからこそ、「テクノロジーカンパニー」として、進化を続けてまいります。

皆様におかれましては、本年もご指導ご鞭撻を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
皆様のご多幸を、心よりお祈りいたします。

代表取締役 西澤亮一

ニュース一覧