アルバイトの平均採用単価|採用コストの削減方法も徹底解説!

アルバイト採用

近年、アルバイト採用は売り手市場による有効求人倍率が高くなっていることや、少子高齢化に伴う労働力人口の減少により、思うような採用ができていない企業が増えてきています。

そのため、採用コストを意識した効率的な採用活動が求められています。本記事では、平均の採用単価はどのくらいなのか、今後どんな対策をすべきかなどを分かりやすく解説しています。

求人掲載数から読み解く、今後のアルバイト採用戦略ガイド
アルバイトの募集実施の際に「思ったように採用できない!」とお悩みではありませんか?
求人掲載件数からどのようなアルバイト戦略を立てて募集をすれば良いのかをわかりやすく解説します。
 

1|採用単価とは

    

採用コストを削減するにあたり、採用単価がどのくらいかかっているのか調べる必要があります。ここでは、採用単価とは何か・その計算方法について解説します。

1-1.採用コストとは?

1人を採用する際に使う費用のことを「採用コスト」と呼びます。採用単価には大きく2種類あり、内部コスト・外部コストに分けることができます。

内部コスト

採用活動をする際に社内の従業員を使ったときにかかる金額です。内部コストに分類される経費の具体例は下記のようなものがあります。

 

・面接官や採用担当者の人件費

・電話対応などのオフィス職員の人件費

・応募者や内定者への交通費

・内定者懇親会などの交際費

・内定者の引越費

外部コスト

採用活動をする際に社外でおこなった活動にかかる金額です。外部コストに分類される経費の具体例は下記のようなものがあります。

 

・人材紹介費や求人広告掲載費用

・会社説明会などの会場費

・会社案内パンフレットなどの採用ツール製作費

・内定者への外部研修費

1-2.採用単価の計算方法

採用するのにかかった総額÷採用総人数採用単価(1人あたりの採用にかかった経費)

例えば、採用にかかった総額(採用コスト)が1000万円で、採用人数が50人だった場合、採用単価は20万円という計算になります。

この採用コストをいかに削減していくかが、採用を上手く進めていく上で重要になってきます。その費用対効果を高める方法については、後にご説明します。

2|アルバイトの採用市場の現状

 

アルバイトの採用市場は、景気によって変動していきます。

ここではアルバイトの市況についてと、平均の採用単価について解説いたします。

2-1.アルバイトの採用単価は年々高騰している

少子高齢化や有効求人倍率が上がっている影響で、アルバイト採用における人材不足は、企業規模の大小にかかわらず深刻になっており、アルバイトの採用単価は年々高騰傾向にあります。

2019年8月のアルバイトの求人倍率は1.75倍となっており、都道府県別でみると東京が一番高く 2.49倍です。

このデータからもわかるようにアルバイト人材をどのようにして確保していくかが企業側の1番の課題です。

2-2.アルバイト1人あたりの業界別の平均採用単価

弊社の独自調査によると、2019年の業界別平均採用単価は以下の通りの結果となりました。

平均

平均は採用単価約6.4万円、平均時給約1284円でした。

また、2012年に実施された株式会社ツナグ・ソリューションズの調査では、アルバイトを1人採用するのにかかるコストは平均で約5.2万円でした。

2012年と比較すると、採用単価は年々高騰している傾向にあります。

  採用単価 平均時給
平均額 ¥63,750 ¥1,284

参照:ネオキャリア調べ(2019年)

業種別

業種別にみると、人気のある飲食業やアパレルでは比較的採用単価が安く、採用難易度の高い警備員や介護・看護は採用単価が高い傾向にあります。

※エリアによって採用単価や平均時給は異なります。以下のデータは、東京都内の場合です。

業種 採用単価 平均時給
フード(キッチン) ¥50,000 ¥1,127
販売(アパレル) ¥47,000 ¥1,243
イベント派遣 ¥12,000 ¥1,315
警備員 ¥136,000 ¥1,156
仕分け・シール貼り ¥22,000 ¥1,063
配達・配送・宅配便 ¥69,000 ¥1,242
施設内介護・看護 ¥101,000 ¥1,519
塾講師・チューター ¥73,000 ¥1,607

ネオキャリア調べ(2019年)

求人掲載件数から読み解く!今後のアルバイト採用戦略ガイド

アルバイト募集を計画的におこないたい!

アルバイト募集の際にはエリアごとの求人募集の状況や他社の時給設定などさまざまな要素を見ながら決定する必要があります。

本資料では、求人掲載件数を元に今後のアルバイト求人市場の予測や、どのような形で募集をおこなうのがよいのかなどをご紹介しています。

資料請求はこちらから

3|アルバイトの採用コストはどこにかかっているのか

ここまで、採用単価について解説してきました。

内部コスト・外部コスト、さまざまな費用がかかっているアルバイト採用。

とはいえ、採用単価を抑えるために、全てを節約することはなかなか難しい場合が多いのではないでしょうか。

ここでは、もっとも削減インパクトが大きい採用コストをご紹介します。

3-1.人件費

応募者への電話対応、面接や研修に割く時間も人件費がかかるため採用コストとなります。

特に面接や研修においては、店長や社員の方がおこなう場合がほとんどなので、その時間働けないという生産性の面でも大きく影響していくことになります。

時間を割くからには、新たな人材が即戦力になるような指導を心掛けていくことも企業にとっては重要です。

3-2.求人広告費

アルバイト求人雑誌・求人サイト、新聞の折込チラシ等にかかる費用のことであり、掲載すればするほど費用が増していきます。

本来であれば、店にチラシを貼って求人が集まればいいですが、そうはいかないのが今の現状です。

広告費をかければ求人が集まるという訳ではないので、自社に合った求人媒体の選定をおこなっていく必要があります。

ターゲットごとに紙やWebを使い分けたり、募集のかけ方や給与を工夫して人が集まる原稿作成をおこなうことが重要です

初期費用0円から掲載も可能?成功報酬型アルバイト採用とは?

掲載費用0円でアルバイト採用ができる今注目の採用手法

一般的なアルバイト採用では、求人サイトへ掲載料を支払い掲載するパターンです。成果報酬型や応募課金型サイトをうまく活用することで、採用費用を抑えてアルバイトの採用をおこなうことも可能です。
本資料では、一般的なアルバイト求人サイトとの比較やメリットを解説しています。

資料請求はこちらから

4|採用単価を抑制する方法

採用単価を抑えるにはどのようにすれば良いのでしょうか。

今回はその方法を6つご紹介します。

4-1.リファラル採用

リファラル採用とは、従業員からの紹介で採用していく方法です。この方法で採用していく場合、内部コストや外部コストを大幅に削減することができます。

会員制の飲食店やバーなどの求人広告を大々的に出しづらい企業の場合は、紹介でアルバイトを採用していることが多い傾向にあるようです。

リファラル採用が成功した際には、紹介者に謝礼を渡している企業がほとんどであり、企業側と紹介者・求人者の3者にとってWIN-WIN-WINな関係を築くことができます。

4-2.ミスマッチ対策

いかに離職者を減らし、ハイパフォーマーとして定着させるかが重要になってきます。その方法として、面接時のすり合わせ(条件に合っているか)やアルバイト1人に先輩アルバイトをつけるなどサポート面での支援が必要不可欠です。

よく「応募先の対応に不満があった」「他社に決まってしまった」「条件面に不満があった」「人間関係が上手くいかなかった」などが離職の理由に挙げられますが、定期的な面談でも改善できる部分はあるので、入社後のコミュニケーションを重視してみると良いのではないでしょうか。

4-3.大学・専門学校へ求人広告・チラシ

アルバイトのメインターゲットである学生に絞った施策であり、原則無料で広告を貼り出せるほか、上下の繋がりから紹介の芋ずる式を狙えます。学生が良く通る場所に掲示板を出すことがポイントです。

そのためには、周辺の大学や専門学校などの学生課に挨拶をしにいき、アルバイトを募集している旨を伝えることも大切です。

4-4.ソーシャルリクルーティング

SNSを通じて行う採用活動の総称です。Twitter、Instagram、Facebook等を使い、応募者の人間性や会社の条件に適しているかどうかを探ることができ、企業側も有益な情報を発信することが可能になります。

運用が簡単なだけではなく、採用コストもかからないという点で、現代ならではの採用手法と言えます。

4-5.採用代行を使う

業務量が多く、採用に時間を割けないという企業様は、採用代行に頼んでみるのをおすすめします。すべての採用業務だけではなく、一部だけでも代行してもらうこともできるので、作業効率もUPするはずです。

採用に携わる従業員の人件費や採用に至るまでにかかる費用設計(セミナー、懇親会など)も採用代行にお願いすることで、大幅なコスト削減につながります。

注力する部分を見極めることも、効率的な採用をするにおいて必要なのではないでしょうか。

3分で完全理解!アルバイト採用代行について徹底解説

アルバイト採用代行について解説!

売り手市場・働き方改革などにより、採用代行(RPO)を活用する企業も増えてきています。ただし、これまで採用代行(RPO)を知らず、またそこにかけるコストでどの程度採用効率が改善するのかわからないという企業様もまだ多いようです。

本資料では、採用代行の活用について特徴・料金から実際の事例まで含めてご紹介しています。

4-6.求人広告の見直し

実際に求人広告を出してみて、費用対効果が合っているのかを検証してみるのも良いでしょう。

よく、「複数の広告を出しているのに思っていたより求人が集まらない」といった声をよく耳にします。

そのような場合は、媒体や出稿時期、ターゲットや募集人数を変えるだけでも、効果は違ってくるはずです。

予算と相談しながら、より効果的で無駄のない採用を心掛けていきましょう。

ネオキャリアでは、ビッグデータを活用した無料の効果的な媒体選定と原稿作成サービスをご提供しています。


いつ、どこで、誰に、いくらの時給で、どの媒体でどのように訴求すれば効果的かを
無料でリサーチするアルバイトマーケティングサービスです。

詳細はこちら

5|まとめ

昨今、求人の倍率は年々高くなってきています。

今後少子高齢化が進んでいくと考えると、アルバイト採用における若手人材の確保は危機的状況に直面すると考えられます。

これを乗り越えるには、企業側・店舗側の課題解決能力が問われるのではないでしょうか。

いかに採用コストを抑えて、人材を確保し、成長させていくのか、この答えは試行錯誤の繰り返しです。様々な施策を試し、自社に合った採用方法を確立していきましょう。

初期費用0円から掲載も可能?成功報酬型アルバイト採用とは?

掲載費用0円でアルバイト採用ができる今注目の採用手法

一般的なアルバイト採用では、求人サイトへ掲載料を支払い掲載するパターンです。成果報酬型や応募課金型サイトをうまく活用することで、採用費用を抑えてアルバイトの採用をおこなうことも可能です。
本資料では、一般的なアルバイト求人サイトとの比較やメリットを解説しています。

資料請求はこちらから

ご相談・ご質問はこちらから

03-5908-8005

平日 10:00~12:00/13:00~16:00