お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Organizational Governance

企業統治

コーポレート
ガバナンス

    • コーポレートガバナンスの考え方
      ネオキャリアグループは、“ネオキャリアの根幹を成す考え方”である「NEO CAREER STATEMENT」(経営理念)にもとづき、社会から信頼され、選ばれる、価値ある企業として、長期的かつ安定的に発展することを目指しています。その実現に向け、基盤としての法規制の遵守はもとより、透明性の高い経営・組織体制を構築・維持・強化しています。
      ユーザー、クライアント、株主、従業員、取引先、社会等、地域社会やお客様、ビジネスパートナーなどすべてのステークホルダーと良好な関係を保ち、企業としての社会的責任を果たすため、コーポレート・ガバナンスの充実に努めています。
    • 体制
      ・取締役会および取締役
      ネオキャリアグループの取締役会は、社外取締役2名を含む6名で構成されます。取締役会では、グループ全体の経営課題について具体的な検討・協議・意思決定を行うとともに、グループ各社の業務執行を監督する役割を担っています。また、執行役員制度の導入により、経営の意思決定と業務執行を分離し、機動的な意思決定を実現しています。
    • ・監査役会および監査役
      ネオキャリアグループの取締役を監視・監督する役割として、4名の監査役で構成される『監査役会』があります。監査役は取締役会、戦略会議など、重要な会議に出席し、取締役の職務遂行状況や内部統制システムの整備状況などの監査を行います。加えて、外部の監査法人が会計監査を担当し、会計および会計に関する内部統制について、客観的な立場から検証を行っています。

内部統制

    • ネオキャリアグループでは、グループ全体における内部統制推進責任者の任命、さらには内部統制所管部署の設置を通じ、内部統制の整備状況及び問題点の把握に努めています。内部統制所管部署はグループ内各部署と連携し、コンプライアンスや情報管理、リスクマネジメントなどの取り組みを強化することで、より実効性のあるガバナンス体制の構築を目指しています。
    • 反社会的勢力の排除
      「反社会的勢力対応規程」において、当社における反社会的勢力との一切の関係を排除し、事案発生時の対応に係る規程等の整備を行うとともに、不当要求等への対応を所管する部署を定め、外部専門機関とも連携し、法令に則して毅然と対応することを明文化しています。

Index ISO26000中核主題に沿ったCSRの取り組み