お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Top Commitment

トップコミットメント

「ビジネスで、社会課題を解決する」。ネオキャリアグループでは創業以来、常に社会の声に真摯に向き合い、対話し、社会に存在する課題の解決を通じ、継続的に成長してまいりました。そして創業18年目を迎えたこの度、私たちの企業カルチャーの表現、また経営の価値観の表現としての決意を、CSRとして明文化しました。

ネオキャリアの歴史は、社会課題と向き合い続けた歴史でもあります。創業した2000年代、新卒採用・中途採用において、就職氷河期やリーマンショックで国内外などのさまざまな要因で、企業様と学生様双方に大きな不満・不便が存在しました。こうした状況の打破に向けて、ステークホルダーの皆様との対話を重ね、その解決策を必死に導き出し、実行するという私たちのビジネスはスタートしました。その後は、社会課題として顕在化しつつあった少子高齢化に備えた介護・保育へ対応するヘルスケア領域への進出、また日本国内だけでなく海外における就職機会の提供の必要性からグローバル領域をスタートするなど、常に社会課題に対峙するための事業を、プロアクティブに展開していまいりました。さらに近年では、HR Techをはじめとした先端テクノロジーの活用へ進出し、さまざまな褒賞で高い評価をいただくなど、国際的に競争力のある新たなサービス創出を続けています。これら4つの事業領域において、現在では各事業セグメントでトップクラスの実績を収めるまでに成長しています。

こうした私たちの競争力の基盤は、国内外で82拠点を構え拡大を続けるリアルプラットフォームと、20を超えるサービスを展開し400名超のエンジニア陣を擁するネットプラットフォーム、そしてこれらを掛け合わせることによる新規事業創出力であると考えています。

そして今回、ISO26000を活用し、法令順守やコーポレート・ガバナンスを基本にしながら、7つの中核主題で課題と活動の整理を行い、CSR体系としました。これは、従来継続してきた取り組みをよりいっそう深め、加速するための決意です。

私たちの使命は、ビジネスを通じて社会課題に対峙し、これらを解決すること。ネオキャリアグループは社会からの期待に応えるべく、ステークホルダーの皆様とともに挑戦を続けてまいります。

代表取締役 西澤亮一 

Index ISO26000中核主題に沿ったCSRの取り組み