超成長する意義とは??

「超成長」するための
100年に一度のチャンスが
いま、訪れている。

失われた20年といわれる、日本の経済は低迷を続けている。
近年の成長度合いでは、アジア各国、アメリカを始め欧米諸国にも大きく遅れをとった。
経済は閉塞感に見舞われ、かつての自信を失い、
日本全体が輝きを失いつつあるように思える。

PHASE 01
何もなかったところから、
GDP500兆円を超える経済大国へ超成長。

表は右へスクロールすることができます。

PHASE 02
テレビ、洗濯機、冷蔵庫、車、新幹線etc...
世界経済を牽引する製品や技術を次々と発表し、
日本の存在感をアピールしていった。
PHASE 03
一方で2000年以降は日本の成長が鈍化し、
新興国の成長が世界経済を牽引する。
世界各国の経済成長率の推移
PHASE 04
私たちの生活を見渡すと、
海外の様々なサービスに囲まれていて
日本発のサービスが少ないことに気がつくはず。
PHASE 05
新興国をはじめとする
現在成長を遂げている国は、
高い成長意欲を持って働いているが、
日本は最下位という現状だ。
あなたは現在の会社で管理職になりたいと感じますか?(5段階尺度)
PHASE 06
またアジア各国と比較しても
自らへの成長の投資は、
圧倒的に低い現状になっている。
あなたが自分の成長を目的として行なっている
勤務先以外での学習や自己啓発活動についてお知らせください。
(複数回答/選択肢11項目)
PHASE 07
日本は少子高齢化により、
これからの40年の間に約4000万人も人口が
減ると予想されている。
労働の担い手不足が懸念されている。
日本の人口推移

若者が減り、高齢者が増えることで
より一層の経済成長率の低下が懸念されてくる日本。
その上、成長意欲も他国よりも低く
危機的状況に追い込まれていると言えるだろう。
この現状を黙って見ているだけか。
それとも我こそがという圧倒的当事者意識を持って奮起するか。

NOW

「さあ、いまこそそのときがやってきた!
あなたが超成長することで
日本がふたたび、超成長する時代なんだ!」

いま私たちはこの国の未来を左右するような時代に生きている。高齢化社会を迎え、日本の競争力が穏やかに衰退している中、日本がこのまま失速していくのをただ眺めているだけなのか。それとも課題が山積するこの状況をポジティブに捉え、「課題先進国」ではなく、「課題解決先進国」にしていくための圧倒的な超成長を目指していくのか。日本は戦後奇跡の経済成長を成し遂げた国である。その背景には、世界一の大国になろうという目標があった。国民も企業も経済大国を目指すという共通目標に向かって総力を挙げて、努力し、取り組んだ。さあ、混沌としたこの時代にあるべき将来への道筋を示し、その実現のためのリーダーシップをあなたが発揮していこう。「超成長」するための100年に一度のチャンスがいま、訪れている。あなたの超成長を世界が待っている。