お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Blog コーポレートブログ

『ネオキャリアグループ 第18期 社員総会』Vol.2

10月13日(金)東京ドームシティホールにて行われた、第18期ネオキャリアグループ社員総会。
前回のVol.1(https://www.neo-career.co.jp/blog/4650)に続き、当日の様子を写真とともにご紹介いたします!

【17期の振り返りと未来に向けて】
▼表彰のあとは代表の西澤、専務の加藤による17期の振り返りと戦略・VISIONの共有がありました。


▼この時間はメンバー全員が真剣に話を聞いています。
改めて全員が同じ方向を向いて、第18期を走り抜けるために大切な時間となりました。

▼代表の西澤からはフェンシング日本代表、才藤歩夢選手の紹介もありました。
(昨日プレスリリースにて発表させて頂きましたが才藤選手とスポンサー契約を締結いたしました。こちらの詳細はまた後日☆)

【感謝祭】
そして、最後のコンテンツは懇親会☆
今年は「感謝祭」と題して、メンバー同士で一年間の労をねぎらいました。

▼メンバーの表情が一気にゆるみます!

▼感謝祭のコンセプトは「おもてなし」!
メンバー同士が感謝の言葉を交し合ったり、国内メンバーと海外メンバーの交流が行われたりしました。
また役員自らわたあめをつくったり、ビールサーバーを背負って練り歩いたりもしました。
会場にいた全員が楽しめる時間となったのではないでしょうか☆

▼フォトスペースも大盛況でした!

【運営メンバー】
最後は、この大規模な社員総会の事前準備から当日の運営まで、全てを担ってくれた「KAN★LABOメンバー」の写真で締めくくりたいと思います!

KAN★LABOは部署横断の、有志メンバーが集まりつくられたチームです。
今年も通常業務と平行して総会の運営を行ってくれました!

 
これからもメンバー一丸となって成長し続けて参りますので
引き続きネオキャリアグループを宜しくお願いいたします!!

『ネオキャリアグループ 第18期 社員総会』Vol.1

2017年10月13日(金)に『ネオキャリアグループ 第18期 社員総会』を開催いたしました!
年に一度の大イベントとして、国内・海外メンバー総勢約2,000人が集結しました。

本日は当日の様子を写真と一緒に振り返っていきたいと思います!

 

【会場】
▼ロゴ変更をしてから初めての社員総会。会場や演出もロゴを意識して作り込みました!
今年は、より表彰者を讃えたいという想いから、ネオキャリア史上初、ロゴ色の「ランウェイ」も用意しました☆

【新規事業プランコンテスト「ネオつく!」】
最初のコンテンツは毎年恒例の「ネオつく!」。
(ネオつく!とは:https://www.neo-career.co.jp/blog/4481
最終審査まで残った3チームがプレゼンを行いました。
今年は126チームがエントリーしましたので通過率なんと2.3%!!

▼会場のメンバーも、当日配られた総会用冊子を使って審査に参加しました!

 

【17期表彰】
社員総会で最も盛り上がるのが、何といっても「表彰」。
今年も輝かしい成績をおさめたメンバーや事業部が表彰されました。

ご両親からのあたたかいメッセージや、いつもお世話になっているお客様からのお祝い動画など、かなり手の込んだ演出が次々に!
涙あり、笑いありの表彰となりました。

 

▼表彰の様子はこちら☆

▼年間最優秀事業部賞は3年連続 「ナイス!介護事業部」でした!

今回受賞された皆さん、本当におめでとうございます!!

Vol.2につづく

ヒト×テクノロジー研究所 初のイベント開催!

先日、ネオキャリア サテライトオフィス内で

「ヒト×テクノロジー研究所( https://hcm-jinjer.com/media/humantech-lab/ )」が、

初のリアルイベントを開催しました!

 

 

■ヒト×テクノロジー研究所とは…

「ヒト」と「テクノロジー」の関係について遊び心を持って調査することで、

いまここにある“未来への布石”を検証する組織です。

サイト内では、ヒト×テクノロジーを軸にした最新情報をお届けしています。

 

リアルイベント第1弾は、ウォンテッドリー株式会社大谷様、

株式会社電通デジタル佐藤様、ラクスル株式会社 大原様が登壇。

これからの人事担当者にとって必要な

「ちょっと先行く未来」を見据えるアイディアやヒントを、トークセッション内で紹介しました。

 

当日は金曜の夜にも関わらず、

多くの企業の人事ご担当者様にお越しいただきました。

ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました!

 

今後もヒト×テクノロジー研究所の動向にご期待ください!

 

■ヒト×テクノロジー研究所:https://hcm-jinjer.com/media/humantech-lab/

 

 

第2回 HR テクノロジー大賞で『jinjer』が「管理システムサービス部門 優秀賞」を受賞しました!

ネオキャリアが提供している、HRプラットフォームサービス『jinjer』( https://hcm-jinjer.com/ )が、
第2回 HRテクノロジー大賞「管理システムサービス部門 優秀賞」を受賞いたしました。

■HR テクノロジー大賞とは…

「HRテクノロジー大賞」(後援:経済産業省、株式会社東洋経済新報社、

株式会社ビジネスパブリッシング、HRテクノロジーコンソーシアム(LeBAC)、

ProFuture株式会社)は、

日本のHRテクノロジー、人事ビッグデータ(アナリティクス)の

優れた取り組みを表彰することで、

この分野の進化発展に寄与することを目的に、2016年から開催されています。

 

■受賞理由

AI によるモチベーション下降社員の抽出、

チャット打刻、スマホからのシフト入力などを実装した「jinjer 勤怠」と、

従業員の入退社書類の作成・管理と、

社会保険手続きをweb申請できる「jinjer労務」により、人事業務を効率化する点で評価をいただきました。

 

この度の受賞を機に、

今後も『「ヒト」と「テクノロジー」で、一人ひとりの価値ある未来を実現する』というミッションのもと、

「jinjer」のサービス拡充により一層努めて参る所存です。

NeoFes(ネオフェス)in TOKYO 2017 開催!!

8月上旬、新宿本社・サテライトオフィスにて「NeoFes(ネオフェス)in TOKYO」を開催いたしました!

 

「NeoFes(ネオフェス)」とは…

〝ネオキャリアの家族(Family)とみんな(everyone)が笑顔になる(smile)イベント〟。

 

普段、私たちを支えてくれる家族に感謝し会社の雰囲気を

お子様・ご家族の皆様に、「見て」「知って」「感じて」いただきたい!という目的が込められています。

 

今回は過去最大の参加人数となり、約70人以上のお子さまが集ってくれました。

 

■今回のテーマは…

弊社サテライトオフィスのエントランス新設に伴い、カフェと虹(会議室のコンセプト)をコンセプトに、

『1日限定のカフェ』をオープン!!

お子様が1日限定のカフェ店員となり、

仕事を頑張っている社員をおもてなしします。

 

お子様・ご家族にとってこの日が夏休みの特別な思い出となるよう、社長室一同、真心を込めて準備して参りました。

 

会場はこちら↓

お子様にも、またご家族にも喜んでいただけるよう、装飾は細部にまで

ネオキャリアのロゴに、大きな虹が架かっています…♪

 

 

ネオフェスでは、ネオキャリアが大切にする

「おもてなし精神」「競争文化」をお子様も体感していただけるようなコンテンツをご用意しました。

 

0歳~3歳のお子様は、オリジナル「もうしこみしょ」メダルを進呈。

裏面の「もうしこみしょ」に貼るシールを集めるため、

オフィスの中を探検しました。

 

※表面は、Tシャツとおそろいのデザインです♪

 

また、代表西澤にも挨拶に行き…

 

ゴージャスな金色の「社長メダル」をゲット!!

会社内を探検することで、たくさんのレアアイテムを手に入れました!

 

4歳~のお子様は、チーム対抗戦・お菓子の販売競争!

フロアを回ってお菓子を売り歩き、一番多くのお金を稼いだチームが優勝!

こちらがオリジナル通貨。お札1枚で「1ネオ」です。

 

社員にたくさん買ってもらえるように、作戦会議と飾りつけタイム。

準備ができたら、いよいよお菓子売りスタートです!

おそろいのオリジナルTシャツを着て、大きな声で「お菓子買ってくださーい!」と売る子どもたち。

社員も思わず笑顔になり、お菓子をたくさん購入していました!

 

また、メインイベントのひとつ!名刺交換にもチャレンジしました。

お子様が持っている名刺は、社員が普段使用している名刺と同デザインの

ネオフェスオリジナル名刺!

自分の名前を読み上げ、「よろしくお願いします」と元気に挨拶します。

お弁当を皆で食べたあとは、結果発表★

優勝チームには、代表から素敵なプレゼントを贈呈!

本気で喜んだり、悔しがったり…

お子様もご家族の皆様も、ネオフェスを満喫している姿が印象的でした。

最後に、全員で記念撮影♪

ご協力いただきましたご家族の皆様、関係者の皆様、

本当にありがとうございました!

ネオキャリアでは引き続き、メンバーとそのご家族を大切に想う

企業文化を創り続けていくためにも、

このような家族イベントを開催して参ります。

 

また次回開催までお楽しみに!