介護職人材不足の解決という、
日本の社会課題解決に直結する
仕事に関わるという意義。

山本直生

2012年入社

ナイス介護事業部 管理部長

ネオキャリアに
入社を決めた理由を教えてください。

学生時代は体育会サッカー部に所属し、サッカー漬けの毎日を過ごしていました。部員250名の大所帯。寮生活を送りながら、日々全国優勝をするために練習に明け暮れていました。ネオキャリアとの出会いは、姉が企業の人事をやっていて紹介してもらったから。サッカーのときと同様に熱量を持って仕事にも打ち込みたいと思っていたので、人事担当の方のひたむきさや、会社が掲げるビジョンを実現しようとする熱量を本当にカッコイイと思ったので、入社を決めました。

現在の仕事について
具体的な業務内容を踏まえて
教えてください。

介護事業本部の管理責任者をやっています。全国56拠点、200名超が営業活動するうえで必要な、契約管理や請求、給与、労務管理など事業運営におけるディフェンス面を担当しています。以前は営業マネージャーをしていたため、営業と管理の2つの側面を持ちながら事業成長を支えるのが私の仕事です。

仕事の面白さ、
醍醐味を感じるときは
どんなときですか。

人材ビジネスは大きく分けて「紹介」「派遣」「広告」の3つに分かれると思います。なかでも人材派遣は介在価値が大きく、我々のサービスを通じてご就業される方が多くいることに存在意義を強く感じます。特に私たちがいま取り組んでいるサービスは、日本が抱える少子高齢化における介護職人材不足の解決に直結しているため、社会問題の解決に大きなやりがいを感じながら日々の仕事に取り組んでいます。

これからの目標を教えてください。

フォーブスに載る。情熱大陸に出る。山本直生という人間を磨き上げて、社会に名を残せる人間になりたいと思います。

ネオキャリアの
好きなところを教えてください。

小学生時代からサッカーにだけ没頭していたので、入社したときはビジネスのことは何一つわからなかったのですが、努力したことで大きな仕事を任せてもらえるようになりました。そんな風に実力を正当に評価してもらえることはすごくありがたいと思っています。また社内の風通しも良く、働きやすい環境であることも好きです。