自分たち一人ひとりの発想や
努力によって感動を生み出していく
「新規事業」ならではの面白さがある。

竹田圭吾

2016年入社

経営企画本部 jinjer事業部

ネオキャリアに
入社を決めた理由を教えてください。

学生時代は何かこれがしたいという目的を特に持たずに過ごしたこともあり、目的意識を強く持てる環境(将来につながるチャレンジができる環境)を求めて就職活動を行っていたところ、ネオキャリアと出会いました。最終の決め手は、若手にも裁量権があること。実際に2年目で事業責任者を任されている方に会って話をする上で、具体的にキャリアのイメージが湧くことができたので入社を決めました。

現在の仕事について
具体的な業務内容を
踏まえて教えてください。

人事向けSaas型(クラウド)プラットフォームサービス「jinjer」を手がけるjinjer事業部において副事業責任者として営業を統括しています。業務範囲は事業の推進全般に及びますが、主な業務は『予算管理』『目標管理』『営業戦略の立案』です。1日の半分ぐらいは社外の方とのMTGに時間を費やし、直接会うことで「jinjer」というサービスがどのような可能性を含んでいるサービスなのかを説明しています。そして残りの半分の時間を遣って『全体数値の管理』『戦略の立案』などを行っています。

仕事の面白さ、
醍醐味を感じるときは
どんなときですか。

お客様(社会)に、これまでになかった価値を提供できたと感じるときが嬉しいですね。これは新規事業ならではの醍醐味でもありますが、「こんなサービス世の中にあったんだな。知らなかった。うちも導入してみるよ。」と言ったようなフィードバックをお客様いただけたりするのは、やりがいに感じますね。新規事業はほんとうに一から全てを生み出していく仕事です。自分たち一人ひとりの発想や努力によって感動を生み出すサービスに磨かれていく過程は、何事にも変えられない面白さがあります。

これからの目標を教えてください。

事業責任者になることです。自分自身の成長が『組織』『事業(サービス)』『メンバー』の成長につながると確信しているため、役職をあげたいと思っています。また、責任者になった後はより大きな責任感を噛み締めながら、『人事部を経営のセンターピンに』という「jinjer」の世界観を実現するためにサービスを高めていきたいと思います。

ネオキャリアの好きなところを教えてください。

『環境』と『人』です。年次が関係なく、若手であってもできる人材をどんどん抜擢して成長のチャンスを与えるのがネオキャリアという環境です。また周囲に志が高い仲間が多いので、刺激をもらいながら切磋琢磨していけるのもありがたいなあと思っています。