Webコミュニケーションツールを
普及させていくことで
「働き方改革」や「地方創生」などの
社会課題を解決していきたい。

荒井結実

2015年入社

事業開発本部 株式会社ネオラボ 「Calling」マーケティング責任者

ネオキャリアに入社を決めた
理由を教えてください。

学生時代に今の社会にワクワクするイメージが持てず、もっと自分たちの未来が楽しいと思えるように変えなければと危機感に近いものを感じていました。どうやったら自分が関わることでポジティブに社会を変えていけるだろうと考えたときに、「IT分野で事業行っていること」「プラットフォームビジネスを展開していること」「自分を成長させる環境があること」の3つの軸が思い浮かびました。大手企業からも内定をいただいたのですが、社会課題に対してビジネスで向き合っているネオキャリアの姿勢に共感し、入社を決めました。

現在の仕事について
具体的な業務内容を踏まえて
教えてください。

Web会議・チャット・チャットボットの機能が一つになったビジネス向けのコミュニケーションツール「Calling」という自社プロダクトのマーケティング責任者をしております。仕事内容は多岐にわたり、中長期的なマーケティング戦略の企画・立案、数値管理、広告運用をはじめ、プロモーション用の動画制作やWebサイトのディレクション、プレスリリースなどの広報活動、イベント出展などの企画、データ分析…など様々な業務に関わっています。プロダクトをいかにユーザに認知してもらえるか、興味喚起をどのように促すか、よりわかりやすいサービスにするにはどうするかなど、様々な視点からユーザーの役に立つための戦略を考え、実行しています。

仕事の面白さ、
醍醐味を感じるときは
どんなときですか。

「働き方改革」や「地方創生」など社会的な課題解決に向けたアプローチにつながっているプロダクトであることが、大きなやりがいになっています。また、マーケティング担当の立場としては、ユーザーのリアルな反応を数値として見ることができるため、どのような伝え方が良いのか検証しながら「良いプロダクト」を自らの手で作っていけることに面白さを感じています。

これからの目標を教えてください。

これからの社会でなくてはならないプロダクト・サービスを作ることです。Callingはその1つだと思っています。その中で自分は、プロダクトを実際に作るエンジニアとユーザーをつなぐ役割を担い、社会がより良くなるためのプロダクトを生み出し続けたいと考えています。

ネオキャリアの
好きなところを教えてください。

「できる」「できない」ではなく、「どうやったらできるのか」と全員が考えて、行動していることです。個人単位はもちろんですが、組織単位でスピード感を持って検討・実行がされています。これはネオキャリアが常に成長を続けられている大きな要因の一つ。このアクティブなスタンスが、私はとても好きです。