社員の働き方を根本から
変えていきたい。
全社横断プロジェクトを推進中です。

澤 隆史

2016年入社

経営企画本部 事業推進部

ネオキャリアに入社を決めた
理由を教えてください。

学生の頃は学生団体に所属し、3年間営業のアルバイトに没頭していて、その縁から特別選考でネオキャリアと出会いました。包み隠さず話をすると、私は就活をする上で、明確な軸や具体的な目標があったわけではありません。自分で仕事の進め方を考えて動けるような自由度の高い会社の方が、自分には合っているのではないか。そんな漠然とした考えをもとに、大手企業を省き、この業界を省き、といった消去法でやりたい軸を探していました。そうするうちにベンチャー企業に関心を持つようになったときに、ネオキャリアと出会ったのです。「ここだ」と自分の直感で決めて、内定をいただいたときに就活を終えることにしました。「他の業界や企業を見なくてよく決められたね?」と友人からも聞かれたのですが、その企業が自分に合っているか、本当に良かったのかなんて、働いていないうちから考えても答えは出ないと思うんです。それよりも、悩むくらいなら、自分が選んだ選択が正しかったと言えるように頑張ればいい。そう考えていました。そんな風に信念を持つことができたのは、学生時代の営業で培ったスタンスがあったから。言われたことをただやるのではなく、自分で考えて仕事をすること。自分が納得したことを最後までやり通すことで、結果を出してきたからだと思います。消去法でスタートした就活でしたが、自分なりのスタンスで臨めたんだなと思います。

現在の仕事について
具体的な業務内容を踏まえて
教えてください。

現在は経営企画本部に所属しており、ミッションとしては全社に営業支援システムを導入することが主業務です。営業の効率化を図っていくことは、売り上げにもそして社員の働き方改革にも関わるため、重要なミッション。誰のためにこのサービスを導入するのかという軸をぶらすことなく、プロジェクトを推進しています。

仕事の面白さ、
醍醐味を感じるときは
どんなときですか。

経営企画に配属になって、1年目は全社施策を進めるために各事業部との交渉をしていました。1つ課題を乗り越えても2・3カ月ごとに新しいミッションが降りてくる。一気に稼働が膨らんで、パンクしたこともありました。働く前は楽勝だと思っていたものが、楽勝ではなかったし、想像以上の大変さで、とにかくついていくことに必死でした。その甲斐があってか今は様々な新しいミッションに向き合っていますが、キャパシティやタスク能力は格段に上がったように思います。全社横断で仕事をしている分、全体最適の視点で考えたり、広くアンテナを張って業務を進められるようになったのは、成長したところですね。どんどん新しい仕事を任せてもらえることで、今まで知らなかった新しい環境から常に刺激を感じられるのはとてもありがたいと思っています。

ネオキャリアの
好きなところを教えてください。

義務を果たせば、権利を主張し、好きなことに取り組めることです。私は追い込まれてこそ成長できると考えているので、期待して任せてくれる環境はとてもありがたいですね。もう一つは、尊敬できる上司や刺激し合える仲間がいること。仕事をしていると落ち込むこともあります。そんなとき優しい声をただかけられるよりも、同期が活躍している姿を見ると奮起させられたものです。落ち込んでいる場合ではない、と。「自分にはまだまだ足りない」と振り返られる環境が私にとってはありがたいですね。